2017年10月12日 更新

Toyota Tj Cruiser Conceptが東京モーターショーで初披露!サイズやスペック、市販化の可能性に迫ります!

トヨタで初めての試みともいえるバンとSUVの融合を目的としたTjCruiserをできるだけ解明してみたいと思います。FJ クルーザーの後継車種とも噂されておりますが、少しコンセプトを変えての登場ともなりそうです!

Toyota Tj Cruiser Conceptが東京モーターショーで初披露!サイズやスペック、市販化の可能性に迫ります!

トヨタTjクルーザーってどんな車?

先ずは動画から!

TOYOTAは、10月25(水)から11月5日(日)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される第45回東京モーターショー2017において、VANの積載性能とSUVの力強いデザインを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプト、「Tj CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)」を世界初披露する。と言っております。又アクティブなユーザーにむけてあえてバンとSUVをミックスした車両を提案するというコンセプトを忠実に再現しているのではないかと感じます。
参考URL
http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/19001195

公開された画像を見て、筆者としてはトヨタが今まであまりなかったジャンルに新しく飛び込んでいこうという姿勢をすごく感じました。

Tj CRUISERのエクステリアデザイン

https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2 (15992)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2
トヨタで求めたコンセプトは、バンのようなスクエアなキャビンであって、そしてとても質の高いユーティリティーを組み合わせることでユーザーに使いやすさを提案しているのではないでしょうか。
そしてSUVのようなサスペンションに大径タイヤを組み合わせることにより、迫力のある見た目と安定した走行を実現させているのではないでしょうか。

今回のコンセプトに当てはめてみてのエクステリアデザインは、本当にスクエアな感じが前面に出ていて、且つ、バンの商用感が出ていない点では、非常に良いデザインではないかと筆者は感じます。そして前後のフェンダーが若干張り出している感じがSUVの走行性能を醸し出している点もきちんと演出されているのではないかと思います。
また、無造作にモノを置いても傷つきにくいようにボンネット・ルーフ・フェンダーなどに強化塗装を施してもいるようです。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2 (15993)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2

ボディーサイズ

全長×全幅×全高(㎜)=4,300×1,775×1,620 ホイールベース 2,750㎜ 乗車定員4人
意外と短い全長であると感じます。コンセプトモデルでは、3ナンバーサイズとなっていますが市販ベースになった際には、3ナンバーサイズだけでなく、全幅を1695㎜にした5ナンバーサイズも可能になるのではないかと感じますがどうなりますでしょうかね。

ここで、FJクルーザーの後継車種との噂がありますが、FJクルーザーよりもサイズ感はかなり小さく日本の公道にあわせた仕様で作り上げていることより、FJクルーザーよりもユーザーの求めているものを追求してきているとも感じます。

また、リアビューなどはbBなども彷彿とさせるデザインとなっており、若者を中心に人気が出る可能性を秘めていると思いました。
 (16155)

https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2 (15994)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2

バンとSUVの融合が各所でみられるドア関連

SUVのボディ形状でありますが、スライドドアがバンっぽいところやリアハッチの開口形状は、SUVであるが開けると上部まで上がってくれて荷物の積みやすいバンのような形になっている点などは見事にバンとSUVが融合しているのでないでしょうか?!ボンネットは、最近には少ないバンパー側を支点にして開くところが少しレトロな感じを演出しているのではないかと感じます。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2 (15995)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2

インテリアに関して

https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2 (15996)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2
助手席側がフルフラットになることで長尺物、たとえば配管やサーフボードなどが積み込み可能となりバンとしての使用、趣味としての使用の両方に対応しています。ちなみに3メーターの長尺物まで可能としています。そして荷物が崩れないように固定する箇所をたくさん設けられているところも非常に感心できる点と思います。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2 (15997)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-tj_cruiser_concept/#2
大きいものや長尺物の出し入れが容易なように開口部が広く取られているという点がバンとSUVの融合で大事なポイントでもあると筆者は感じます。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me