2018年8月16日 更新

カーイベント情報!小樽クラシックカー博覧会が9/9(日)に開催決定。開催概要や詳細を解説。

今回で第12回となる小樽クラシックカー博覧会が開催されることとなりました。北海道でのクラシックカー展示等の開催回数は、年々多くなっております。その中でも歴史のある小樽クラシックカー博覧会に焦点をあててみます。

カーイベント情報!小樽クラシックカー博覧会が9/9(日)に開催決定。開催概要や詳細を解説。

小樽クラシックカー博覧会の開催趣旨

北海道の歴史ある街であり、現在では観光の街となっている小樽。旧き佳き街並みが保存されているこの小樽で、「クラシックカー」の愛好者たちが全国から集り、ご年配の方々には若き日の想い出と懐かしさを提案し、若者には自動車の歴史や変遷とクラシックカーの文化的価値をアピールするために企画されている展示会との事。
gettyimages (39132)

小樽クラシックカー博覧会の開催場所

日時:2018年9月9日(日)9:30~16:00※日程は予告なく変更する場合あり。
会場:小樽市総合博物館敷地内

 (39133)

小樽クラシックカー博覧会の出展概要と昨年からの変更点等

 (39134)

日時 2018年9月9日(日)9:30~16:00
※雨天決行
※日程は予告なく変更する場合り。
会場 小樽市総合博物館(本館)敷地内
参加費 車両1台につき 1,200円(参加者及び同乗者の入館料を含む)

展示台数 100台限定
参加車両
①昭和63年(1988年)以前に製造された二輪車(バイク)・三輪以上の国産車、外国車。
②、①の車両と同形で、車齢23年以上(平成7年登録以前)のもの。※車齢が23年以上であっても、①の車両と同形でない車両はご参加不可。

昨年からの大きな変更点。(かなり大きな変更点です、必読)
①今回より車検証の提出が必要となりました。
②申込み車両の変更は出来ません。
③当日参加は出来ません。
(理由)
社会教育施設での開催となるため、原型を明らかに逸脱した車両は参加不可となりました。現在の形で車検を通っていることが必須条件です。除雪車、クレーン車等の特装車の場合、参加申込み前に実行委員会へ電話、メール等で可能可否の確認を行ってください。仮ナンバーによる自走参加不可。

昨年までは、レース用車両等の展示も行われていましたが、今年からは、あくまでも公道をきちんと走行できるモデルが必須条件となっている様です。参加者は、この点に注意が必要となりそうですね。

参加費用が北海道ならでは?1200円と言う参加費は、リーズナブルになっているでしょう!。




 (39135)

小樽クラシックカー博覧会の参加者の当日の注意点等

入場時間のご案内です。
受付は会場内の「特急北海」前(本部)にて。
①搬送車両での参加の場合:午前7時45分~8時15分の入場した後、本部で受付
②一般参加車両:午前8時15分~9時00分の入場したあと、本部で受付

安全確保のため、主催者の指示があるまでは車両を場外に出すことは不可とします。また、搬送車への積込みは自走車両が退出した後になる場合があることをご了承ください。

③開催中の車両の途中退出は不可。
④当日最低地上高9cmに満たない車両、仮ナンバーで自走の車両は参加受付しません。
(参加車両基準をご参照ください。)
⑤オイル漏れのおそれのある車両は、オイルの受け皿等を各自でご持参ください。
(オイル漏れにより舗装等を汚損した場合、小樽市から参加者個人に対し、清掃及び補修に要する費用が請求される可能性あり)
⑥会場内は全面的に飲酒禁止です。持ち込みも不可。なお、同乗者も同様。
⑦昨年、博物館から注意発生。指定場所以外での喫煙は 絶対に禁止(車両内での喫煙も禁止です)。
⑧主催者の許可なく、エンジン始動、車両の移動をすることは禁止。
⑨盲導犬、介助犬等を除き、会場内へのペットの持込みは不可。
(犬や猫に限らず、小動物全般も含む。キャリーバッグに入れての持込みもできません)
⑩他の参加者、お客様への迷惑行為は絶対に行わないでください。
⑬ゴミの持帰り、資源物の分別収集、場内の清掃等にご協力願います。
⑭会場内は火気厳禁。焼き肉等も一切禁止。
⑮会場内では自転車、キックボードなどの使用は不可(持込みも禁止します)
⑯当日の受付時に、参加者パス及び同乗者パスを発行します。博物館から出入りする際、受付でパスを要確認。携行ください。
⑰「車両説明会」等のプログラムや、一般来場者からの質問等への対応にご協力をお願いします。
⑱車両付近でのテントの使用は不可。 パラソル等は強風による飛散事故防止に十分ご注意の上、使用可。
⑲その他、主催者側の指示に従えない方は、次回からの参加は認めません。

小樽クラシックカー博覧会の開催場所は、小樽市所有の小樽市総合博物館で行われております。参加費のコストダウンや来場者へのアクセス等の関係、また小樽市からの要請等には真摯に対応が、必須事項と捉えられます。
 (39140)

小樽クラシックカー博覧会のアクセス方法

小樽市総合博物館
住所:小樽市手宮1丁目3番6号

①小樽駅前から正面入り口へ。小樽駅前のバスターミナル3番乗り場から、高島3丁目経由小樽水族館行き(10番)に乗車。「総合博物館」で下車。所要時間約10分

②樽石ビル前のバス停「小樽駅前」から、高島3丁目行き(2番)に乗車。「総合博物館」で下車。

③小樽駅前バスターミナル3番乗り場から、小樽水族館行き(10番、11番)に乗車。「手宮」で下車。所要時間約10分。

④樽石ビル前の「小樽駅前」から手宮行き(3番、33番)に乗車。「手宮」で下車。
 (39141)

まとめ

北海道は小樽で第12回となる小樽クラシックカー博覧会が9/9に開催されることとなりました。

毎年全国からの出品参加者も増え、年々盛大にもなっています。ご興味のある方は、博覧会見学に行って見ては如何でしょうか?

本州の方は、小樽観光もできますし、美味しいものも・・・!
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me