2018年8月24日 更新

自動車保険乗り換えのデメリットとは?乗り換えるタイミングと変更する全手順を解説

自動車保険乗り換えのデメリットとは?乗り換えるタイミングと変更する全手順を解説
車を買った時にディーラーマンに勧められて加入することも多い自動車保険ですが、TVでは、

「保険料は走った分だけ。」

とか、

「大人には大人の自動車保険!」

などといった魅力的なCMが流れ、「ちょっと乗り換えてみようかな」と考える人も多いと思います。ただ、いざ乗り換えるとなると、

「保険料はどうなるのか?」
「等級は引き継がれるのだろうか?」
「手続きが大変なのではないか?」

などといった不安が頭をよぎります。

そこで今回は、

・多くの方が契約している代理店型とCMでよく見るダイレクト系の違い
・自動車保険を乗り換えるメリットとデメリット
・自動車保険乗り換えの注意点
・自動車保険を乗り換えるタイミングと手順

などについて詳しく解説していきます。

現在自動車保険の乗り換えを考えている人必見の内容です。ぜひ最後までお付き合いください。

重要視するのは手厚いサポート?それとも保険料?

 (40241)

自動車保険を乗り換える時に重要なのは乗り換えの「目的」です。

事故対応やロードサービスの内容、手続きのしやすさといったサポート面なのか、それともズバリ保険料の安さを重視するのかで乗り換え先が変わってきます。

そこでまずは今現在も全自動車保険の90%を占めると言われる「代理店型」と、保険料の安さを武器にシェアを拡げている「ダイレクト系」の解説をします。

代理店型とは

代理店型とは、専業の保険代理店や自動車ディーラー・整備工場といった保険代理店が損保会社と契約者の間に入り、自動車保険を販売するものを指します。

<代理店型のメリット>

・申込
・更新手続き
・事故の時の連絡

など、すべてを代行してくれるます。代理店型の最大のメリットはこの「すべてを代行してくれる」という便利さです。

自動車保険の申込や更新手続きには車検証、車両の注文書など様々な書類が必要です。本来はこれらの書類を集め申込書を作成しなければならないのですが、代理店型の場合は全て代行してもらえるので、自分でやることと言えば署名・捺印くらいになります。

また事故の時の対応も、代理店の担当者に1本連絡を入れるだけです。保険会社との連絡はもちろんのこと、ディーラーや修理工場への連絡、代車の手配などもワンストップで全て処理してもらえます。

事故の時は気が動転していて何をすればいいのか分からなくなってしまいがちですが、「とりあえず担当者に電話をすればいい」という安心感は非常に大きなメリットです。

<代理店型のデメリット>

代理店型のデメリットとして「ダイレクト系に比べ保険料が高い」という点があげられます。

損保会社と契約者の間に代理店が入るため、代理店の利益、いわゆる中間マージンがかかってしまいます。サービスのきめ細やかさよりも保険料の高さを気にする人にとっては厳しいポイントです。

ダイレクト系とは

間に代理店を入れず、損保会社と契約者が「直接」やり取りし、契約をする自動車保険をダイレクト系と呼んでいます。

<ダイレクト系のメリット>

1.代理店型に比べ保険料が安い

ダイレクト系自動車保険の最大のメリットは保険料が安いことです。

間に代理店をはさまないため中間マージンがかからないこともありますが、運転手の年齢を細かく分けたり、年間走行距離を細かくクラス分けするなど、「リスクを細分化」することにより、リスクに応じた適切な保険料が設定されるようになっています。

また電話で申し込むことも可能ですが、ネット上で申し込めば「ネット割引」(最大1万円程度)が受けられるのも嬉しいポイントです。

2.対応するスタッフのレベルが高く、一律である

保険代理店の場合、専門代理店のスタッフのように損害保険大学課程といった上級資格を保持している場合もあれば、多くのディーラーや整備工場のスタッフのように保険販売に最低限必要な「一般試験」資格だけという場合もあり、知識や経験のレベルに大きな開きがあります。

その点ダイレクト系の場合は専門教育を受けた損保会社の社員が直接対応に当たるので、一定以上のレベルをキープしています。

詳しい質問をしても「ちょっと調べてみます」というようなことがなく、安心して任せることができます。

<ダイレクト系のデメリット>

ダイレクト系のデメリットは、「契約・更新・事故の時の連絡」などの手続きを自分でやらなくてはならないことです。

特に新規で契約する場合は自動車の型式や走行距離などを調べて入力する必要があり、車の知識が全くない人にはハードルの高い作業になっています。

ただ会員登録をしてネットショッピングをする程度のレベルなので、保険料の安さを考えると代理店型から乗り換える価値はあります。

自動車保険乗り換えのメリットデメリット

 (40248)

自動車保険乗り換えのメリット

1.保険料が安くなる場合がある

ノンフリート等級や契約条件にもよりますが、代理店型からダイレクト系に乗り換えると、保険料が半額近くになることもあります。

特に週末にしか車に乗らないような年間走行距離の少ない人は、走行距離別の保険料を用意しているダイレクト系の自動車保険に乗り換えると、保険料の大幅な節約になります。

2.新車代替時なら新車割引・新価特約が付けられる

新しく車を購入する際に自動車保険の乗り換えを検討することも多いかと思います。この場合は「新車割引」や「新価特約」が付けられるので特にメリットがあります。

「新車割引とは」

最新の車の場合「自動ブレーキシステム」や「歩行者保護機能」のような新しい技術を取り入れた安全装備が充実しています。

保険会社としてはそのような安全装備があれば事故発生率が下がるため、保険料の支払いリスクが下がり、結果的に保険料を安くすることができます。

そのため新車割引を用意している保険会社も多く、更に安い保険料で契約することができます。

「新価特約とは」

事故で車を破損した時に修理する車両保険は支払いの限度額が決まっています。

車は新車登録した瞬間に中古車となり、新車よりも価格が落ちるため、契約時点での車の「価値」分が限度額となります。

そのためひどい事故で修理が不可能となり、新しく車を買い換えるしかない状況、いわゆる全損の場合でも、同じ車を新車で購入するだけの補償金を受け取ることはできません。

ただ数年乗っていた車ならいざしらず、新車のうちくらいは全損になったら再び新車を購入したいものです。
そのニーズに応えるのが「新価特約」です。

車両保険に新車特約が付いている場合、全損になった時には新車の車両価格と同額が補償金として支払われます。
ただしこの新価特約はその性質上、新車に乗り換えた時しか付けることができません。

そのため新車乗り換え時は、自動車保険の乗り換えにも向いていると言えるのです。

自動車保険乗り換えのデメリット

1.等級が上がる日がずれてしまう

無事故で自動車保険の契約を継続していることに対する割引、ノンフリート等級は、保険を乗り換えても引き継ぐ事ができます。

ただし前の保険の満期日以前に保険を乗り換えると、等級が上がる日が将来にずれてしまいます。

例えば平成28年1月1日に12等級で契約した自動車保険は、平成29年1月1日から13等級になります。

ところが、この保険を平成28年6月15日に別の保険に乗り換えると、「平成29年6月15日」まで13等級に上がらないのです。

つまり半年分以前の等級になってしまうため、保険料を損してしまうわけです。そのため古い保険の満期日に保険を乗り換えるのが理想的ということになります。

2.長期契約は等級の上がり方に注意が必要

自動車保険は1年毎に更新する単年契約が一般的です。ただ代理店型の自動車保険の一部では、3~7年といった長期契約を結ぶことができるものがあります。

長期契約は事故を起こして保険を利用しても、等級ダウンするのは数年後の契約更新時になるため、その間の保険料が上がってしまうという事態を防ぐことができるメリットがあります。

しかし等級の上がり方に関しても上がるのは数年後の契約更新時になってしまうのです。

例えば12等級で3年の長期契約をした場合、「保険料に関しては」1年後からは13等級「相当」、2年後からは14等級「相当」の保険料が適用されます。

ただこの「相当」というのが問題で、実際に等級が上がるのは3年後の更新時にいきなり15等級に上がります。そのため2年目の途中で保険を乗り換えると、契約時の12等級でしか引き継げなくなってしまうのです。

3.年払い、長期契約の一括払いだと返戻金が大幅に減る可能性も

保険料の支払い方法を年払い、または長期契約の複数年一括払いにしていた場合、乗り換えによる中途解約をすると、保険料の一部が解約返戻金として戻ってきます。

ところがこの解約返戻金、保険期間があと半分残っていたとしても「半分」返ってくるわけでは無いのです。
保険料の返還には保険会社に有利な「短期料率」という保険料率が用いられます。

例えば年払いしていた場合、4ヶ月までは55%、5ヶ月までは65%、6ヶ月までは70%の保険料を充当すると決められています(保険会社によって異なります)。

そのため半年たったところで乗り換えのため中途解約すると70%は充当されてしまっているので、残りの30%しか戻ってこないことになります。

月払いの場合はこの心配はありませんが、年払い、一括払いの場合はデメリットとなります。

4.全労済、JA共済以外の共済の場合等級が引き継がれないこともある

どの保険会社の自動車保険に乗り換えても、基本的に等級は引き継がれます。また純粋な自動車保険ではありませんが、全労済とJA共済の自動車共済に乗り換えた場合も同様に引き継がれます。

ただそれ以外の共済の場合、等級が引き継がれない場合があります。

これはすべての人に対して提供されている保険と違い、共済は限られた組合員などを対象としており補償の仕組みが違うため、同じルールを適用できないことから来ています。

そのためこれらの共済に乗り換えを検討している場合は注意が必要です。

5.長期割引が途切れてしまう

同じ保険会社で長期の契約をしていると、「長期割引」として保険料が割り引かれる場合があります。
自動車保険の乗り換えをすると、当然ですがこの長期割引が途切れます。

ただ代理店型の自動車保険からダイレクト系に乗り換えた場合、この長期割引分を差し引いても更に保険料が安くなるため、保険料だけを考えるのであれば乗り換えたほうが良いということになります。

自動車保険乗り換えの注意点

 (40254)

無保険期間を作らない

自動車保険を乗り換える場合は前の保険の解約日と新しい保険の始期日を同日の同時刻にし、「無保険期間」を作らないようにします。

この無保険期間の間に事故を起こしてしまうと補償が効かないのはもちろんですが、7日以上間を空けてしまうと等級が引き継がれないというデメリットもあります。

必ず解約日と始期日は合わせるようにしましょう。

等級については7日間以上間が空く場合は「中断証明書」を取っておくと最大10年間、以前の等級で再契約をすることができます。

保険期間通算特則で等級が引き継げるか確認する

実は「保険期間通算特則」という特則が適用されると、先程自動車保険の乗り換えのデメリットで紹介した「等級が上がる日がずれてしまう」という点をカバーできます。

これは2社間にわたる保険の契約期間を「1つのものとして通算」してくれるものです。

先程の例で言えば、平成28年1月1日に12等級で契約した保険を6月15日に他の保険に乗り換えた場合でも、保険期間通算特則が適用されれば、平成29年1月1日に13等級に上がります。

ただ適用されるためには条件があり、前の保険の解約日と新しい保険の始期日を一緒にする必要があります。この条件は無保険期間を作らないためにも必要なことなので、必ず合わせるようにしましょう。

ちなみに保険会社によってこの特則が用意されていない場合もあるので、乗り換え前に事前に確認しておきましょう。

事故対応やロードサービスの内容が違う場合もあるのでチェック

乗り換える先の保険会社によって事故対応の方法やロードサービスに違いがあるのであらかじめチェックしておく必要があります。

<当日事故受付と当日事故対応の違い>

土日祝日に事故が起こって保険会社に連絡した場合、当日は事故状況の受付だけを行い、実際の対応は休み明け以降に行う保険会社と、土日祝日であっても事故受付後、

・相手方への初期連絡
・ロードサービスの手配
・修理工場への連絡
・代車の手配

などの初期対応まで済ませてくれる保険会社があります。当然事故の対応は早ければ早いほど良いので、この点をチェックしておく必要があります。

<ロードサービスの違い>

ロードサービスも各保険会社で違いがあります。

代表的なものでは事故を起こした車の無料レッカー牽引サービスで、短い会社だと15km、長い会社だと150kmというようにかなりの違いがあります。

保険料の安さだけではなく、こういった点も考慮して乗り換えを検討する必要があります。

<年払いの場合は解約返戻金を忘れずに受け取る>

年払い、一括払いの場合は前の保険を解約すると解約返戻金が返ってきます。

ただし振込先の金融機関などを正確に指定する必要があるので、忘れずに手続きを済ませます。

<次の保険会社が引き受けてくれない可能性がある>

ノンフリート等級が3等級以下だと乗り換えようと考えていた保険会社が保険の引受を拒否する場合があります。

等級は1度事故で保険を使用すると3等級ダウンし、1年間無事故で過ごすと1等級上がる仕組みになっています。

本来は割引のためのシステムですが、3等級以下の場合は逆に「保険料が割増」になるデメリット等級となります。

保険会社としては「事故を起こしやすい危険な運転手」と判断するわけです。

そのため等級が低い人の場合、今の保険会社で等級が上がるのを待ち、上がってから乗り換える必要があります。

乗り換えのタイミング

 (40262)

等級の引き継ぎを考えなければいつ乗り換えても基本的には問題ありません。

ただ上記した新車割引や新価特約のメリットを受けるためには新車購入時、しかも保険期間通算特則の適用を受けるためには、元の契約の満期日と新契約の始期日を合わせる必要があります。

自動車保険乗り換えの手順

1.現在契約中の保険会社または代理店に保険乗り換えのため解約したい旨を連絡し、解約日を伝える。

2.解約に必要な書類が送られてくるので(ダイレクト系の場合はネット上で手続きができることもある)必要事項を記入し、返送する。

3.乗り換え先の保険会社または代理店に保険の乗り換えで契約したい旨を連絡し、始期日を伝える。

4.契約に必要な書類が送られてくるので必要事項を記入し、返送する。ダイレクト系の場合はネット上で契約手続きを行う。

5.始期日に保険の乗り換え完了。

乗り換え先はランキングサイトを参考にしよう

代理店型の損害保険会社がダイレクト系の自動車保険会社を作るなど、自動車保険の種類は増えており、比較検討することが大変になっています。

そこで自動車保険のランキングサイトを参考にすることをおすすめします。

ランキングサイトは「特定の保険会社を売り込みたい」という意図の強いものもあって、注意が必要ですが、下記の2つのサイトは複数の項目について十分なデータを集めており、客観的な判断をしていると評価できます。

更に両者の上位を比較することも有効です。一度のぞいてみてください。

目的をしっかり決めることが自動車保険乗り換え成功のコツ

自動車保険を乗り換えたいと考えているならば、なにかしらの理由があるはずです。その理由をしっかりと考え、明確にしていればいるほど乗り換えの成功率は高まります。

・「保険料の安さ」なのか
・「手続きの簡単さ」なのか
・「事故対応、ロードサービスの充実」なのか

あなたの希望をもう一度よく考えてみてください。

より良い自動車保険に乗り換えられることを応援しています。
33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部