2017年3月30日 更新

軽自動車は高くなったのか?価格の安い軽自動車ランキング!2017

最近の軽自動車は高い!軽自動車をできるだけ安く買いたい!と思っている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。ということで、車両本体価格が一番安い軽自動車ってぶっちゃけどれなのよ!をはっきりさせたいと思います!

軽自動車は高くなったのか?価格の安い軽自動車ランキング!2017

100万円以下は当たり前!車両本体価格が安い軽自動車

1位 ダイハツ ミライース 76.6万円!

ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4972)

1位はダイハツのミライース!
2011年のデビューから6年目になっていますが、35.2km/Lの燃費性のは今でも一線級!

ちなみに一番安いグレードは2WDのCVT。
MTなんてことはありませんのでご安心を。

営業車としても活躍してくれそうですね!

そんなミライースですが、2017年にフルモデルチェンジが予定されています。
新型ミライースもきっと安くて燃費の良い車に仕上がってくることでしょう!

2位 スズキ アルト 84.7万円!

スズキ株式会社 (4974)

2位はスズキのアルト!

アルトも軽量化されたコンパクトなボディにより37.0km/Lの低燃費が魅力の車。
営業車としても愛用されています。

アルトは5AGSというシングルクラッチのトランスミッションと、5MTが用意されています。

1位のミライースと比べると8万円の開きとなり車両本体価格が10%高いですね。

3位 ダイハツ ミラ 88.4万円!

ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4992)

価格ではダイハツが頑張っています!
3位にもダイハツのミラがランクイン!
ただしこちらは5MTのみの展開で、モデル消滅間近…

ミラのAT車はミライースへの統合に伴い、「X Special」の5MT車ワングレードに集約。
AT車・CVT車をまったく好まない高齢ユーザー、もしくは一部の法人ユーザーなどに対する救済策の意味合いの理由のため残されたモデルといえます。

4位 三菱 eKワゴン 103.1万円!

MITSUBISHI MOTORS JAPAN (4977)

三菱のeKワゴンが103万円からとエントリーしやすくなっています。
兄弟車のデイズよりも安いですね。

5位 スズキ アルトラパン 107.7万円!

ラパン | スズキ (4978)

可愛い見た目で女性に人気のラパンも107万円からとお求めやすい価格からエントリーグレードが用意されています。

6位 スズキ ハスラー 107.8万円!

スズキ株式会社 (4979)

スズキの大人気軽自動車ハスラーも107万円からとお求めやすい価格からエントリーできます!
2014年のデビュー以来、ずっと売れ続けている人気モデルですよね。

リセールもよいのも魅力!

6位 スズキ ワゴンR 107.8万円!

スズキ株式会社 (4980)

2017年2月にデビューしたばかりの新型ワゴンRも107万円からとエントリーしやすい価格帯のグレードも用意されています。
さすがはベストセラーカーですね!

7位 ダイハツ ムーヴ 113.4万円!

ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4981)

ワゴンRのライバルでもあるダイハツのムーヴはワゴンRよりも高い価格帯からのエントリーです。

8位 日産 デイズ 114.0万円!

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (4982)

日産デイズは、三菱のeKワゴンの兄弟車でありながら、エントリーグレードでも10万円高い価格帯からのスタートとなっていますが、裝備がデイズのほうが充実しており、エントリーグレートと言えど何もついてない状態というわけではありません。

安さだけを求めるならeKワゴンでも良いかもしれませんね。

9位 ダイハツ ムーヴコンテ 115.7万円!

ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4983)

ムーヴの派生車であるムーヴコンテが9位。
ただこちらのモデルは2016年7月で生産終了しており、現在は在庫車での販売となっているので価格やグレードなどは選べません。

10位 ホンダ N-BOX 119.8万円!

Hondaホームページ:本田技研工業株式会社 (4984)

2015年・2016年と2年連続軽自動車ナンバーワンとなったN-BOXが10位です!

2011年のデビュー以来6年が経過しているにも関わらず売れまくっています。
2017年8月にはフルモデルチェンジを控えているので、これから値引きも拡大してくると思われます。

まとめ:軽は高くなったのか?

軽自動車は高くなったと言われている昨今ですが、安いグレードはしっかり用意されているんですね。
ただ、安全装備だ・LEDヘッドライトだ・カスタムだ…とアレもコレも付けると、結局普通車と変わらない価格になってしまいます。
それ故、「軽自動車は高くなった」と錯覚しがちですが、昔の軽自動車には安全装備やLEDなんてものは付いていませんでしたからね。

時代に応じて必要なものを装備すると価格は高くなってしまいますが、昔同様の何もない状態なら100万円以下から軽自動車を買えるということを再確認できました。

あなたなら、軽自動車をどのように買いますか?
安く買う?高くてもいい装備を付けますか?

ライフスタイルや予算に応じて選ばれるのが良いと思います^^
42 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部