2017年11月23日 更新

2017年11月に NEW PEUGEOT 308がデビューしました!どこがバージョンアップしたかを探ってみます

プジョーでは中間クラスに当たるハッチバックスタイル及びワゴンスタイルそしてGTiが11月にモデルチェンジしました。どの辺りが変更したのかを追ってみたいと思います。

2017年11月に NEW PEUGEOT 308がデビューしました!どこがバージョンアップしたかを探ってみます

NEW PEUGEOT 308はどんな仕上がりになったでしょうか!

3種類のPEUGEOT 308が新しくなりました!

まずは、PEUGEOT 308動画から!!!

プジョー308のエクステリアデザイン!

フロント部分としては、グリル形状の変更が行われたと筆者は感じます。今までは横線基調のデザインからドット形状のデザインへと変更されたと思います。これは、最近の傾向でもあるのでプジョーも取り入れたデザインとも考えます。
 (18073)

リアに関しては、若干のテールランプの意匠変更がなされているようです。それ以外に大きな変更は筆者としては見当たりませんでした。
 (18074)

先ほどお話したグリル形状の変更です。より立体的に見えることと思います。
 (18077)

インテリア部分

 (18075)

PEUGEOT i-Cockpit® という独自の理念に基づいている設計ですので、大きな変更点は今回行われていないと筆者は感じます。
4つの理念
①小径ステアリングホイール
②ダッシュボードの最上部に前方視界と連なるようにレイアウトされたヘッドアップインストルメントパネル
③上級車種のテイストを醸すハイセンターコンソール
④操作系を集約したデジタルタッチスクリーン

 (18076)

PEUGEOT 308 SW

SWエクステリアデザイン

やはり、308同様グリルが最大のポイントであると考えます。プジョーでも押し出しの強いフロントマスクと強調しています。
 (18078)

 (18079)

インテリア風景

308 SWは、スポーツワゴンとして開発されています。ドライビングパフォーマンスや優れた品質は308ハッチバックモデルをバックボーンとしており、それに広いラゲッジスペースを持つことで独自の個性を保持してます。

筆者としては、SWは日常走行からワインディングもこなし、ロング走行でも色々な荷物を詰めるメリットを得意としていると考えます。
 (18080)

3つ目は、308 GTi by Peugeot Sport

GTiエクステリアデザイン

プジョーが本気でスポーツ走行できるように開発したGTi by Peugeot Sportであると思います。走りに特化するためにエンジン・ローギヤド6MT・トルセンLSDそして足回りとなっていることと考えます。

今回は、それに見合うようにカラーリングが前後に二色に分かれているという斬新なカラーデザインであると考えます。
 (18081)

 (18082)

専用インテリアデザイン

 (18084)

専用デザインのコックピットデザイン。走るためにどのように配置されるのが良いかをPEUGEOT i-Cockpit®で考えながらもすべてを専用としていると筆者は感じました。

シートもスエード調のアルカンタラ®とテップレザーを基調とした高品質なバケットシートと成っています。そしてダッシュボード、シート、ドアパネル、シフトレバーブーツはレッドステッチで縁取られており黒基調のデザインにレーシーさを演出しています。
 (18240)

パワートレーンは???

308及び308SWには、3種類がラインアップ。
2.0L BlueHDi クリーンディーゼルエンジン
1.6L BlueHDi クリーンディーゼルエンジン
1.2L PureTech ガソリンターボエンジン

GTiには
1.6Lツインスクロールターボエンジン

パワートレーン的には、マイナーチェンジに当たるので大きな変更はないと考えます。但し部品品質やその他の細かい変更は行われたと考えます。
 (18083)

 (18248)

安全装備が充実

プジョーでも!
車載カメラとレーダーなどのセンシング技術による、先進のセーフティシステムを搭載。危険を検知するとクルマを自動的に制御し、リスクを回避・軽減します。さらに、ドライバーのストレスや疲労を軽減するドライビングアシスト機能も充実させました。時と場所を選ばずに、幾重にもあなたをサポートするプジョーのセーフティ。その進化に、ゴールはありません。

参考URL
http://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/308.html

レーンキープアシスト(車線からはみ出し防止)
アクティブブラインドスポットモニターシステム(死角に存在する後続車両検知と表示)
ドライバーアテンションアラート(居眠り防止の警告)
も付属しております。
 (18250)

まとめ

価格
308
308 Allure 2,799,000円から
308 Allure BlueHDi 2,999,000円から
308 GT Line 3,170,000円から
308 GT BlueHDi 3,570,000円から

308SW
308 SW Allure 3,047,000円から
308 SW Allure BlueHDi 3,247,000円から
308 SW GT BlueHDi 3,818,000円から

GTi
308 GTi by PEUGEOT SPORT 4,430,000円から

と成っております。マイナー前と殆ど価格差を出していない中で、アップデートしていると感じます。現在マイナーチェンジをすると必ず値段が上がる中で殆ど変更ないというのは凄いことと感じます。
41 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me