2017年6月6日 更新

【恐怖】車の水没体験!JAFがVR動画で公開!

JAFでは、「JAF360度VR動画」というシリーズを投稿していますが、先月末5月30日に「車の水没編」が公開されました! 車が水没する体験ってなかなか出来ないですよね(笑)それをVRでやろうっていうのだからJAFさんの発想力に拍手!

【恐怖】車の水没体験!JAFがVR動画で公開!
 (9494)

もし車が冠水道路に入ってしまったら?

JAFの公式サイト及び公式You Tubeアカウントで公開されている動画では、冠水路テストコースを使用して、アンダーパスで走行中に車が停止してしまったことを想定し、車両が完全に水没していくまでの車内状況を、特殊なカメラを用いて撮影しています。

冠水道路に突入してしまうと、浮力で車が浮いてしまい、直後からステアリングやアクセルが効かなくなってしまうことがわかります。

車内が完全に水没するまでおよそ6分強、その間にやらなければならないこと、用意しておくべきものなどをわかりやすく解説してあります。

車内が足元から浸水し始めるシーンから、スタントマンが窓ガラスを割って脱出するまでの状況を、360度全周囲見渡すことができ、リアルな水没疑似体験をすることができます。

私も、豪雨の夜に、前が見えずに冠水した道路に突入してしまったことがありました。
そのときには運良く走り抜ける事ができたのですが、誰にでも冠水した道路にはまってしまうことがあるのだなと感じました。

こちらの動画とは別に、解説編もアップされており、水没してしまった場合、どのように対応すれば良いか音声つきで説明されているので、一度見ておくと良いと思います。

パソコンからの視聴は対応ブラウザで、スマホなどでは対応アプリなどからでも閲覧可能。
VRゴーグル等を使うと、あたかも車内にいるかのような没入感のある映像を見ることができるので恐怖感も倍増!?

今後も360度VR映像「車両衝突編」を公開予定だそうで、日常に潜む恐怖を体験し備えることができる、JAFのVR動画から目が離せませんね!
7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部