2018年4月24日 更新

トヨタ86(スバルBRZ)がフルモデルチェンジ?次期新型86の価格・デザイン・ライバル等を分析!

現在、開発進行中のトヨタ86(スバルBRZ)。現時点ではまだ不明な部分も多いですが、筆者の予想を含めて記事にしていきたいと思います。予想されるデザインやパワートレイン、ライバル等も考察!

トヨタ86(スバルBRZ)がフルモデルチェンジ?次期新型86の価格・デザイン・ライバル等を分析!

TOYOTA 86の起源「AE86」とは?

1983年に発売されたカローラ・スプリンターのスポーツバージョンモデル。このスポーツモデルのレビン・トレノの共通型式AE86型から、俗名として「86」と呼ばれるようになりました。

発売当時は、各社FF化にターボという時代の流れの中、FRで自然吸気エンジン、そして若干古いサスペンション周りという86。

発売当初の新車の販売は、順調ではなかったとも記憶しています。ただし、カローラ・スプリンターとしての基本的な販売網などで一定量の新車販売登録が有りました。

その後、FRという駆動方式・アニメ等多くのメディアなどで、86の人気が急上昇し、現在までこの人気を維持しながら旧車というカテゴリーに移っております。

実は、86以降の92・101・110型のレビン・トレノは、FF化となりさらには、パワーアップのためにスーパーチャージャー搭載ともなり、大きくその組成を変化させたことによるユーザー嗜好の変化も起きました。

FRで自然吸気エンジンのピュアスポーツというモデルの存在が少なくなった中、86というFRピュアスポーツは、新鮮なクルマであったともいえますね。
 (29152)

トヨタ86(スバルBRZ)ってどんなくるま?

 (29143)

ハチロクの発売が1987年で終了し、約25年の歳月をおいてトヨタとスバル(当時の富士重工業)が共同開発したトヨタ86(スバルBRZ)。

コンセプトは、直感ハンドリングFRの開発。そして当時の86にちなんで、自然吸気エンジンを採用しターボやスーパーチャージャーに頼らないクルマ作りを目標としていたようです。

小型・軽量・低重心・低慣性化されたデザインは、スバルの水平対抗エンジンを採用したことで成し得た技術。

当時のトヨタとしても小型タイプのピュアスポーツは、MR-S生産終了以来初めてとなっており、企画・開発・製造・販売その全てに力を注いでいたと思われます。

86にもGRスポーツモデルが、2017年12月に販売スタートし、熟成されてきている感じが伺えます。そして次期86への期待も高まってくる頃。

順調に販売数量も伸び、数度のマイナーチェンジを迎えて2018年で6年が経過しようとしております。そろそろモデルチェンジの予感がしますね!

 (29144)

新型トヨタ86(スバルBRZ)はどう変わる?

現行モデル同様に水平対抗エンジンの採用をしてくることでしょう。排気量は、現在の2000㏄からは、ダウンサイジングするのではないかというのが、予想です。

1800㏄や1500㏄+モーターといった選択肢も考えられるのではないでしょうか?
現在のトレンドが、ダウンサイジングエンジン+ターボ(モーター)という時代に、86は自然吸気エンジンのみで行くのかという点、ここも楽しみなところ。

安全装備は、フルモデルチェンジの際には必ず装備されることとなりそうです。現在の時代の流れでは、当然ともいえますね。

デザインは、まだなんともいえないのですが、現行型同様に低フォルムで低重心、そしてコンパクトとなるのではないでしょうか?

 (29145)

新型トヨタ86(スバルBRZ)の予想エクステリア

エクステリアデザインは、現在かなり予想の予想みたいになってしまうかもしれません。下記の画像が1番新モデル86にシックリあてはまるのではないでしょうか!

現在のトヨタのキーンルックやスバルのダイナミック×ソリッドといったシグネーチャーデザインをモチーフにして、さらに低重心・コンパクトな仕上がりになっているように思います。

いつも感心するのですが、こういうデザインを描く人のセンスの良さが、羨ましい限りです!

現在まだ開発途上となっていると思われます。このデザインに関しては、これからいろいろと展開していくものと考えます。
(c)アポロニュースサービス (29250)

via (c)アポロニュースサービス

新型トヨタ86(スバルBRZ)の内装は?

 (29147)

写真上下は、現行型の内装画像です。

ピュアスポーツというカテゴリーですので、シンプル且つレーシーなデザインとなっていますね。新モデルでも基本的なコンセプトは、同じになってくると予想。

現在のトレンドとしては、モニターサイズは大きくなってくるのではないでしょうか?そして安全装備関連の表示を行うことが出来き、レーシーさを損なわないメーター周りの開発が行われるのでは。

もしかすると走行に関する表示モニターと安全装備のモニターを別々にインストールし86のピュアスポーツを表現するかもしれませんね。
 (29148)

新型トヨタ86(スバルBRZ)のパワートレインは?

現在は、2000㏄水平対向4気筒直噴DOHCエンジンを採用しております。最高出力207ps

自然吸気エンジンのみを採用しています。自然吸気エンジンでも楽しさ、爽快さを楽しめるエンジンに仕上げ、ショートストローク化されたマニュアルシフトによって軽快に操作できるという楽しみをも付加!

新モデルではどういったパワートレインが採用されるでしょうか?
①自然吸気エンジンを基本としてくるのではないでしょうか?
②ダウンサイジングエンジン1800ccまたは1600cc
③もしかするとこれにハイブリッドモーターの採用。
④シャーシは、トヨタの最新TNGAを採用しながらも、サスペンションのジオメトリーを優先。
⑤水平対抗エンジン搭載となり、サスペンションは幅の有る設定が可能な仕様

上記のようになってくるのではないでしょうか?

下の画像は、現行型エンジン図


 (29149)

新型トヨタ86(スバルBRZ)の安全装備は?

現在トヨタでは、Toyota Safety Senseの搭載を進めております。86の販売スタートまでにまだ時間があるのでさらに進化したバージョンの搭載になるやも知れません。

現時点でのセーフティセンスは
ミリ波レーダーと単眼カメラの両者で検知センサーと、それに基づく統合的な制御を行い、クルマだけではなく、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼)の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援、これがセーフティセンスです。

これにさらに
①レーントレーシングアシスト
②追従ドライブ支援機能
③自動ハイビーム
④標識読み取りディスプレイ
⑤先行車発進アラーム
といった装備がなされております。

安全装備に関しては、日進月歩となっています。これからどんどん進化してくるでしょうから86が販売までにまだ時間が有ります。この間にさらに良いもの、そしてコストダウン+αされたものが搭載されることでしょう!

下の画像は、ヴェルファイア
 (29162)

新型トヨタ86(スバルBRZ)の発売日は???

現在まだ開発途上という状況です。この状況の中では、2020年頃に販売することを目途に開発を進めているのではないでしょうか?

新型トヨタ86(スバルBRZ)の販売価格は?

まだかなり予想の範囲ですが、もともと86(BRZ)は、皆さんにお求めしやすいをも開発の目的となっておりました。現行型モデルも2,623,320円のスタート価格になっております。

この思いを新モデルでも踏襲してくれたら筆者はうれしいなと考えます。これから発売されるスープラが高級スポーツカーとして位置し、86はライトウェイトでライトプライスな存在であって欲しいと筆者は考えます。

筆者の販売予想価格は、250万円の廉価バージョンをラインアップし、標準グレードは285万円位からとなってくるのではないでしょうか?

下の画像は、現行Gグレードの価格表
 (29167)

新型トヨタ86(スバルBRZ)のライバルは?

もし、86の新型が販売された場合のライバルはどうでしょうか?

筆者は、非常にライバルが多いと考えます。
まず軽自動車部門
①ホンダ S660
ライトウェイトスポーツとして軽自動車の中では、非常に人気のある存在

②ダイハツコペン
モダンな2シーターとしての地位を確立しつつあるモデル

③復活予定のスズキカプチーノ(仮名)
20年以上の歳月を超えてFRピュアスポーツが復活するとのことです。強力なライバルかも?

乗用車部門では、
①ホンダシビックタイプR
86の上級グレードでは、このシビックタイプRがライバルになるかと

②ホンダZSX(仮名)
S2000の後継車種とされているモデル。このモデルの発売で同じようなカテゴリーのモデルが台頭

③マツダRX-8
RX-8の後継車種が販売された場合、価格帯が変わってくる可能性があるのですが、現モデルのRX-8が販売されていればライバルに!

④ルノーGT
2018年にも市販化されるとの噂です。現行モデルの86でもライバルとなりそうですが、新モデルでもライバルになるか?

このほか日産のZや復活シルビア(仮)等、非常に多くのライバルがひしめき合う状況となってくるのではないでしょうか?

現行の86が、販売された当初は、FRのピュアスポーツが、珍しい存在であったのに対し、各メーカーが復活モデル等をも導入仕様としているので、新モデル86が販売されることにはいろいろなモデルが販売されてもいるでしょう。

筆者は、新モデル86のライバルは上記のように非常に多くなると予想します。
 (29150)

まとめ

現段階で、新モデル86(BRZ)は、開発途中であると考えます。まだまだどのようなデザイン・仕様等になってくるか、価格も含め見えない部分も多いです。

これから少しずつ見えてくるのかもしれません。そして現代の車は、日々進化してもいます。86(BRZ)が、販売スタートするまでにもいろいろと進化するでしょう。トヨタとしては、この進歩に併せた装備等にするのではないでしょうか?

新たな情報が入りましたらまた更新できればと思います。
34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me