2017年2月21日 更新

LEXUS、ミラノデザインウィークに通算10回目の出展-MIT Media Lab准教授、ネリ・オックスマン氏を起用し“YET”(二律双生)をテーマに驚きと感動の体験を提供-

トヨタ公式サイトで2/17にリリースされているニュースをまとめます

LEXUS、ミラノデザインウィークに通算10回目の出展-MIT Media Lab准教授、ネリ・オックスマン氏を起用し“YET”(二律双生)をテーマに驚きと感動の体験を提供-

LEXUS、ミラノデザインウィークに通算10回目の出展

-MIT Media Lab准教授、ネリ・オックスマン氏を起用し“YET”(二律双生)をテーマに驚きと感動の体験を提供-

LEXUSは、2017年4月4日(火)~9日(日)イタリア・ミラノで開催される世界最大のデザインイベント、ミラノデザインウィーク2017*1に出展し、同イベントの中心地となるデザイン美術館「ミラノ・トリエンナーレ(La Triennale di Milano)」においてデザインイベント「LEXUS YET」を開催する。

ミラノデザインウィーク出展10回目となる今回は、相反するものを互いに調和させることで、更なる高みを目指す“YET*2”(二律双生)をテーマとした。LEXUSがデザインを通じて新しい価値や感動の提供を目指し、レクサスブランドのデザインとイノベーションに対する、長きにわたる情熱を表現する。来場者は、LEXUSのものづくりの思想“YET”を体感することにより、LEXUSが目指す未来のデザイン・技術の先見性を、驚きと感動に満ちた新たな創造の可能性とともに感じとることができる。

LEXUSは、建築・デザイン領域において、世界的に高い評価を得てきたMIT*3 Media Lab准教授のネリ・オックスマン(Neri Oxman)氏と同氏が率いるThe Mediated Matter Groupを本プロジェクトのデザイナーとして起用する。「自然」と「テクノロジー」の調和により、デザインイノベーションを図るオックスマン氏の思想と、LEXUSの“YET”の思想が強く共鳴し、コラボレーションが実現した。今回、オックスマン氏は、「光」と「影」の要素を調和させ、最先端のテクノロジーにより、テーマである“YET”を繊細かつ大胆なデザインで表現する。
なお、“YET”(二律双生)は、「LEXUS DESIGN AWARD*4 2017」のテーマとしても設定されており、ミラノデザインウィーク2017会期中、同会場で入賞12作品をプロトタイプとパネルで展示する。(LexusDesignAward.com/jp)
このほか、LEXUSのミラノデザインウィークへの出展が10回目を迎えることを記念して、これまでの取り組みの歴史を体感できる作品を展示する。

*1イタリア・ミラノで行われる世界最大のデザインエキシビション。家具メーカーやファッションブランドが独自性をアピールする様々なイベントを開催。ミラノサローネとも呼ばれる。2015年のインスタレーション「LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES」は、公式コンペティション「Milano Design Award Competition」において、「Best Entertaining賞」を自動車会社として初めて受賞するなど高い評価を受けた。
*2相反するものを互いに妥協させるのではなく、調和させることで更なる高みを目指し、新しい価値や感動を生み出すLEXUSのものづくりのDNAのひとつ。
*3Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学)
*4豊かな社会をつくり上げる“DESIGN”と、より良い未来づくりのためのアイデアを生み出す気鋭のクリエイターの育成・支援を目的に、2013年に創設した国際デザインコンペティション。
詳細は、以下をご参照下さい。

イベント概要

【タイトル】LEXUS YET
【日時】4月4日(火)-4月9日(日) 午前10時-午後10時
    プレスプレビュー4月3日(月)午前10時-午後6時
【会場】イタリア・ミラノ「ミラノ・トリエンナーレ(La Triennale di Milano)」
    住所 : Viale Alemagna 6, Milan, Italy
【テーマ】YET(二律双生)
【展示】
・招聘デザイナーによる“YET”(二律双生)をテーマとした体験
・LEXUS DESIGN AWARD 2017の入賞12作品(プロトタイプ4作品とパネル展示8作品)
・ミラノデザインウィーク出展10回を記念した、LEXUSのこれまでの出展の歴史を体感できる展示
【主催】Lexus International

デザイナー・プロフィール(敬称略)

ネリ・オックスマン&ザ・メディエイテッド・マター・グル...

ネリ・オックスマン&ザ・メディエイテッド・マター・グループ (Neri Oxman and the Mediated Matter Group)

ネリ・オックスマンは、建築家・デザイナーで、MIT Media Labの准教授として、研究グループのMediated Matter Groupを率いている。オックスマンの作品は、Cooper Hewitt、MoMA、SFMOMA、Centre Georges Pompidou、MFA Boston、FRAC Orléansなどの美術館で常設展示されている。主な受賞歴としては、Graham Foundation Award(2008年)、the Earth Award(2009年)、the Vilcek Prize(2014年)、the BSA Women in Design Award(2014年)などがある。また、2014年にはCarnegie Pride of America Honoreeを受賞、2015年にはROADSの「世界でもっとも勇気ある学際的思想家100人」に、さらに2016年には世界経済フォーラムによるカルチュラルリーダーに選ばれている。

MIT Media Labは、研究分野の垣根を超え、ユニークで領域に縛られない研究を積極的に推進してきた。デザイナー、ナノテクノロジーの技術者、可視化プログラムの専門家、機械エンジニア、素材科学者、産業研究者、そしてコンピューターインターフェースの先駆者たちが協業することで、人間がどのように物事を体験し、テクノロジーがそれをどのようにサポートすることができるのかを繰り返し実証してきた。詳細はhttps://www.media.mit.edu/ にて。
ミラノサローネ国際家具見本市日本公式サイトはコチラ
ミラノサローネは毎年イタリアミラノで開催される世界最大規模の家具で、大手メーカーやデザイナーの最新プロダクトデザインが発表される展示会として有名です。
TOYOTAは毎年LEXUSとして最新のプロダクトデザインを出展しており、今年が10回目の出展となります。
インスタグラムを見ると車好きじゃなくても食いついてしまいそうな楽しい色使いの雑貨や空間の写真がたくさんありました。LEXUSの提案するプロダクト、当日の展示が楽しみですね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya