2017年6月19日 更新

軽自動車こそ足回り交換で気持ちも車もリフレッシュ+ドレスアップ!!!

現在の軽自動車の足回りは、フロントがストラット式 リアがトーションバー式というのが主流になっています。車の足回りを新品にしたり、仕様を変更することによって、ご自身の愛車をより格好良くそして乗り心地もよくなったらと考えます。

実は余り気にしない足回り、でも交換すると乗り心地がよくなりドレスアップにも!

普通自動車には、足回りの種類が沢山あります。前後ストラット式、ダブルウィッシュボーン式などなど。
しかしながら軽自動車の足回りは、どのメーカーもほぼ若干の取り付け位置・方向等の違いはあるにしても、「フロント側 ストラット式、リア側 トーションビーム式」という足回りを多く採用しております。
これは、軽自動車という軽量の車でコストを意識し且つ、狭い空間にて足回りを作っていくのに適しているからと考えます。

愛車(軽自動車)をこれから大事に乗っていく上で、足回りをリフレッシュ・変更することで、格段に乗り心地が改善されます。そして、ドレスアップにもつながります。

今回は、足回りの交換の必要性とドレスアップ性をお話します。
 (10157)

どうして、足回りのリフレッシュが必要なのでしょうか?

まずは、ショックとスプリング(以下サス)の関係を簡単にご説明します。

サスは路面からの衝撃を和らげるのが役割です、そしていつまでも揺れていようとする性質があります。
いつまでも動いていようとするサスをコントロールするのがショックの役割です。ばねが縮む速度、戻ろうとする速度をショックによってコントロールしています。
ショックとサスが、上手に機能することで、ドライバーや同乗者の乗り心地が確保されていることになります。

では、このショックやサスが機能しなくなると具体的には、どんな不具合がでるのでしょうか?
サスは、やはり長期使用による破損が多く見られます。また衝撃を吸収する力が減ってきてしまいます。それに対してショックは、ショックの内部のガスやオイルの劣化、抜け等にてサスのコントロールが出来なくなる現象が発生します。
症状としては、走行している最中にフワフワしている、カーブでロールが多くなっている、段差で衝撃が吸収できなく突き上げ感が多くなる等が有ります。 

この足回りの異常は異音等の発生ならば気がつくことが多いです。ただフィーリングの問題では、ご自身で毎日乗車していると中々気づかないことが多いので、他の人に乗ってもらってチャックすることも効果的です。

一般的には、5年5キロが交換の目安とされております。しかし経験的に私は、もっと早い段階で交換の必要があると感じます。

軽自動車の足回りを交換して、車も気持ちもリフレッシュ+ドレスアップ!!! 第1のおススメはやはり車高調

普通自動車と比べて軽自動車の足回りのパーツは、非常に安価で購入できます。やはり、乗り心地及びドレスアップを1番反映してくれるのが、車高調であると考えます。

初心者の方が、第一歩として安価で比較的販売実績もある車高調として選ぶ場合は、ラルグスは如何でしょうか?
車高調は、各メーカーから多種多様販売されております。価格もマチマチです。
この中で、安価でしかも軽自動車の設定が多いのがラルグスです。
価格も、定価で80000円未満が多いです。普段の走行で使用するには全く問題ない車高調ですので、色々な商品は有りますが、一度検討してみてはいかがでしょうか。

この商品は、現在のものを取り外し、そのままポン付けできますし、全長調整式です(ネジ式と全長調整式の違いは、下記をご参考ください)。
LARGUS ONLINE SHOP / Spec K 車高調キット アルト ターボRS HA36S (2WD) (10189)

第2のおススメは、純正形状社外品(カヤバ製)のローファースポーツ!

第2のおススメは、カヤバのローファースポーツ。

車高調まではとお考えの方におススメです。また、車高調のように適時車高の変更ができなくても構わないという方にも良いと思います。ただし、アッパーマウントは、純正を再利用しますので作業工程の増加と工賃が高くなると思います。

この商品は、車種により違いが有りますが最初から3センチ前後の車高ダウンを目的に製作されております。そして純正形状品ですので安心して取り付けできます。販売価格も定価で70000円前後となっております。
また、乗り心地は良くしたいけど車高は下げたくないという方には、ニューSRスペシャルというショックセットも安価で販売されております。
いまや、純正品を多く作成しているカヤバです。安心してご使用できると考えます。
足回りを交換した際は、必ずアライメント調整をしましょう!。折角リフレッシュ、ドレスアップしてもタイヤの片べりや走行不安定になってしまえば無意味になってしまいますよね・・・。
 (10182)

カヤバローファースポーツ装着車(自車)

軽自動車のドレスアップ

いまや軽自動車のドレスアップパーツは、沢山出ております。特に目に見える部分のパーツからチューニングアップしていきたくなる気持ちも非常にわかります。お洒落は、足元からとよく言われますが、ホイールのことのみでなく、足回り全体のことをさしていると思います。今回は、軽自動車の足回りを交換してドレスアップ・乗り心地の向上を両方ゲットしようという提案でした!
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me