2017年3月22日 更新

トヨタのルーミーとタンクの違いってわかる?

2016年11月9日にトヨタが新しく発売した「ルーミー」と「タンク」は1.0Lエンジンを搭載するプチバンとして注目され、12月の販売実績ではともに6千台あまりを売り上げる大ヒット車種になっています。ところでこの2台どこがどう違うのでしょうか?あるいはまったく同じなの?そこで、そんな疑問に答えてみることにしました.

トヨタのルーミーとタンクの違いってわかる?

ルーミーとタンクの違い

ルーミーカスタムG-T

ルーミーカスタムG-T

タンク カスタムG-T

タンク カスタムG-T

トヨタの「ルーミー」と「タンク」はダイハツからのOEM供給モデルで、子会社のダイハツが設計・生産を担当した「トール」をベースに改良を加え生産まで行い、トヨタが販売する車です。
「ルーミー」はトヨタ店とカローラ店、「タンク」はトヨペット店とネッツ店で取り扱います。同じ内容、同じ価格なのですが、フロントフェイスにそれぞれ独自のデザインが与えられています。他にスバルの「ジャステイ」を加えると4姉妹となりダイハツの工場で全て製造しています。

ルーミー/タンクの車種概要

ルーミー G”S”

ルーミー G”S”

タンク  G”S”

タンク  G”S”

両側スライドドア

両側スライドドア

ルーミー G”S” インテリア

ルーミー G”S” インテリア

「ルーミー/タンク」は、全長3,700㎜というコンパクトなサイズながら両側スライドドアや、240㎜も動かせるシートスライドなど乗り降りのスムーズさも配慮されてます。さらにフロントシートのウォークスルーにより前後席間の行き来もスムーズになるゆとりある室内空間と、たっぷり荷物を積めるダイブイン機構付きのリアシートによる積載能力もあります。

「パッソ/ブーン」で実績のあるNA1.0Lエンジンは、低燃費と日常の扱やすさを追求し、2WD車で24.6㎞/Lという低燃費性能を実現しています。また、新開発されたダイハツ製直列3気筒1.0Lターボエンジンは、快適な走りと低燃費性能を兼ね備え、1.5Lクラスに匹敵するトルク(140N・m)を発揮し低回転域から優れたレスポンスをもたらします。

ルーミー/タンクのグレードと価格、そしてスペック

ルーミー G”S” リア

ルーミー G”S” リア

タンク G”S” リア

タンク G”S” リア

1.0L 1KR-VET VVT-I ターボエンジン

1.0L 1KR-VET VVT-I ターボエンジン

「ルーミー/タンク」には1.0Lエンジン車とターボ車、そしてそれぞれに「カスタム」が設定されています。また、ダイハツ製のモデルのため、先進安全システムは「トヨタセフティーセンス」ではなく、「スマートアシストⅡ」が設定されます。なお、ターボ車には4WD車は設定されていません。

全長/全幅/全高(㎜):3,715~3,700/1,670/1,735
室内長/室内幅/室内高(㎜):2,180/1,480/1,355
ホイールベース(㎜):2,490

1.0L 
車両本体価格(円):1,463,400~
エンジン型式・排気量(cc):直列3気筒・996
最高出力kw(ps/rpm):51[69]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):92[9.4]/4,400
JC08モード燃料消費率(km/L):22.0~24.6

1.0Lターボ
車両本体価格(円):1,803,600~
エンジン型式・排気量(cc):直列3気筒・996インタークーラーターボ
最高出力kw(ps/rpm):72[98]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):140[14.3]/2,400~4,000
JC08モード燃料消費率(km/L):21.8

ターボ車のパワーはさすがに一クラス上の性能で、1.0Lエンジンに非力さを感じる人にはいいかも知れませんが、18万円の価格差と、燃費の差も考慮すると選びずらくなります。

ライバルのソリオとの比較では?

ソリオ ハイブリッドMZ

ソリオ ハイブリッドMZ

室内スペースの比較

室内スペースでは室内幅が「ルーミー/タンク」の方が6㎝上回り、後席のシートスライドも「ルーミー/タンク」の方が75㎜多く、ステップ高も低いなど「ルーミー/タンク」が優れています。また後席のダイブイン機能はないためこのあたりの使い勝手も「ルーミー/タンク」に劣り、絶対的な広さも含め居住性能では「ルーミー/タンク」が勝っています。

ソリオ
全長/全幅/全高(㎜):3,710/1,625/1,745
室内長/室内幅/室内高(㎜):2,515/1,420/1,360
ホイールベース(㎜):2,480

ルーミー/タンク
全長/全幅/全高(㎜):3,715~3,700/1,670/1,735
室内長/室内幅/室内高(㎜):2,180/1,480/1,355
ホイールベース(㎜):2,490

動力性能と燃費の比較

直列3気筒1.0Lの「ルーミー/タンク」に対して直列4気筒1.2Lの「ソリオ」は、当然のことながら「ソリオ」が勝ります。新開発された1.0Lターボエンジンは1.5Lエンジン並みのトルクを持ちますが、トルクだけで言えば、モータートルクを加えた「ソリオ」のマイルドハイブリッド/ハイブリッド車にはかないません。

しかも「ルーミー/タンク」の1.0Lターボ車よりも「ソリオマイルドハイブリッド」の方が車両価格が安く、もちろん燃費も圧倒するのです。また、「ソリオ」の1.2L車であっても、1.0Lの「ルーミー/タンク」よりも燃費で勝っており、動力性能と燃費や車両価格を含めた経済性では「ソリオ」が断然有利となっています。

ソリオ1.2L
車両本体価格(円):1,454,760~
JC08モード燃料消費率(km/L):22.0~24.8
ソリオマイルドハイブリッド
車両本体価格(円):1,695,600~
JC08モード燃料消費率(km/L):23.8~27.8
ソリオハイブリッド
車両本体価格(円):1,917,000~
JC08モード燃料消費率(km/L):32.0

ルーミー/タンクの見積もりシュミレーション

バッグドア開口幅&荷室フロア

バッグドア開口幅&荷室フロア

次に「ルーミー/タンク」を購入するには実際にどのくらい費用が必要か、概算見積もりをシュミレーションしてみましょう。

ルーミーX 2WD
車両本体価格 1,495,800円
税金諸費用 143,187円
総額 1,638,987円

最もベーシックな「X」では約163万円となります。今もっとも必要とされる先進安全装備の「スマアシ」を装備した「X”S”」だと170万円、気になるターボ仕様の「G-T」だと約198万円となります。ターボ車にするかしないか、スマアシをどうするか、ライバルの「ソリオ」も含めて悩みがいの有る車種ですね。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン