2018年2月28日 更新

今年も熱いデトロイトに注目車種が勢ぞろい!Lexus LF-1 Limitless、日産Xmotion(クロスモーション)など

2018年のデトロイトモーターショーが1月14日から始まりました。そこで、注目車種が多く揃う今年のデトロイトショーで、初披露される日本メーカーを中心に、新型車やコンセプトカーの中から特に注目すべき車種をまとめてみました。

今年も熱いデトロイトに注目車種が勢ぞろい!Lexus LF-1 Limitless、日産Xmotion(クロスモーション)など

レクサス LF-1 Limitless

レクサスのクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」は、南カリフォルニアに拠点を置くCalty Design Research, Inc.がデザインを担当し、新しいラグジュアリーの方向性を表現した次世代のクロスオーバーとされています。

公開されている画像からは、最新のレクサスのデザイン言語が導入された力強いフロントマスクや、C-HRを想像させる流麗なリアエンド、先進的なインテリアなど、LF-1リミットレスのディティールが確認できます。

ホンダ新型「INSIGHT(インサイト)」

Honda | 2018年北米国際自動車ショーで新型ハイブリッド「INSIGHT(インサイト)」プロトタイプを世界初公開 (21773)

今回、プロトタイプモデルを公開する新型「インサイト」は、「CIVIC(シビック)」の上位に位置付けられる5人乗りのはハイブリッド専用のセダンとして開発され、シビックセダンに似たスタイリッシュなデザインと、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-MMD」を採用しています。

この新型「インサイト」は、米国・インディアナ工場で生産され、2018年夏に米国での発売を予定しており、日本国内への導入は未定。かつて「プリウス」に挑戦し、敗北を期しているだけに、ここは慎重にならざるをえないか

アキュラ「RDX」プロトタイプ

Honda | 2018年北米国際自動車ショーでアキュラ 新型「RDX」プロトタイプを世界初公開 (21776)

今回プロトタイプモデルを公開する「RDX」は、日本国内では発売されていませんが、米国では2006年に登場した初代から数えて3代目となるプレミアムエントリーSUVとなります。

新型「RDX」は、最初の新世代Acuraモデルでとなり、新開発のプラットフォームと、最新のAcuraデザインコンセプト「アキュラ プレシジョン コンセプト」と、「アキュラ プレシジョン コックピット」を採用しています。「Acura」ブランドの新たな時代を示す力の入ったモデルとなっています。

日産「Xmotion(クロスモーション)」

#nissannaias • Instagram photos and videos (21778)

日産自動車は1月15日(日本時間1月16日未明)、デトロイトモーターショー2018でワールドプレミアするSUVのティザーイメージを、日産のチーフデザイナーがインスタグラムにて公開しました。

自身の公式インスタグラムで公開したのは、日産の常務執行役員でデザイン部門を統括する「アルフォンソ・アルベイザ」氏。これは、デトロイトモーターショー2018でワールドプレミアするSUVのティザーイメージだとしています。

画像からは、力強さやプレミアム性を大胆な手法で表現し、大型のフロントグリルや抑揚の効いたボディライン、そしてワイドフェンダーなどが見て取れます。このコンセプトカーは現地時間1月16日0時35分から初公開さ、「Xmotion(クロスモーション)」と発表されました。

インフィニティ「Qインスピレーションコンセプト」

インフィニティ、2018年北米自動車ショーで「Qインスピレーションコンセプト」を発表 - 日産自動車ニュースルーム (21782)

日産自動車は15日のプレスカンファレンスにおいて、「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開しました。可変圧縮比エンジン「VCターボ」と自動運転技術の搭載、そしてヒューマンセントリックなインテリアデザインを採用、エクステリアは、クーペライクな外観と細長いシルエットにより、このセグメントにおけるデザインビジョンを体現しています。

そして、圧縮比を自在に変化させ、ガソリンエンジンのパワーと、ディーゼルやハイブリッドエンジンの特徴である高い効率性を両立させる、日産独自の「VCターボ」エンジンを搭載しています。

インフィニティグローバルディビジョン理事のクリスチャン・ムニエ氏は、「Qインスピレーションコンセプトは、モダンなデザインと新しいテクノロジーを求める若い世代にも魅力的に感じて頂ける車です」と述べています。

まとめ

istockphoto (21786)

東京モーターショーへの不参加が目立った欧米のメーカーも、このデトロイトには力を入れています。中国市場が最も大きいマーケットになったいまでも、北米市場での成功は自動車メーカーにとっての試金石。日本メーカーも北米での存在感を示すために、東京よりも力が入るのは致し方ないか。こんなモーターショーを見れらるアメリアの自動車ファンがうらやましいですね。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン