2017年3月27日 更新

【ミニバンカタログ】ホンダ・ステップワゴン

日常使いにぴったりなホンダ・ステップワゴン。 子育て期のママたちに選ばれて「マザーズセレクション大賞 2016」も受賞しています。

【ミニバンカタログ】ホンダ・ステップワゴン
1996年5月に登場した初代ステップワゴンはその存在感・車体構造共に日本の家庭用ワンボックスカーの元祖とも言える車でした。ホンダの5ナンバーサイズのミニバンであるステップワゴン。後発ながら、箱型の広い室内と、買いやすい価格戦略で人気車種となりました。その後、モデルチェンジを重ね、2015年に5代目ステップワゴンが登場。それまでの2Lエンジンから、1.5L直4のダウンサイジングターボエンジンを搭載し、ドライバビリティと燃費を向上させています。また、テールゲート左側が横にも開いて乗り降りできる「わくわくゲート」を設定。もちろん2代目から続く、スポーティな専用装備を備えたグレード、「スパーダ」も引き続き設定されています。
 (1314)

 (1315)

室内・インテリア

 (1316)

ステップワゴンSPADA
クールなイメージが印象的。かっこいいいですね。

ひろびろ大空間

 (1319)

室内は1列目から3列目までひろびろ。
クラストップレベルの大空間です。

タテ・ヨコ・高さすべてに余裕をたっぷりとりながら、5ナンバーサイズに収めています。
低床のキャビンスペースで、室内高はゆとりの1,425mm。エンジンを小型化するなどメカスペースを最小化して、室内の長さを確保してあります。
 (1320)

室内長 3,220mm
室内高 1,425mm

子供たちにも優しいうれしい装備も満載

 (1322)

子供におやつタイムにも活躍するコンビニフック付きのシートバックテーブル
パパ、ママ、子供たちも、こういったちょっとした装備がうれしいですね。
 (1323)

日差しを和らげるロールサンシェイド。
子供たちのお昼寝にもぴったり。安心して運転できます。

みんなに優しい新アイデア わくわくゲート

ステップワゴンといえばやはりこのわくわくゲートでしょう。
その使いやすさで、小さな子供を持つママたちから大変好評です。
 (1324)

後ろのドアをヨコに開ける。
3列目シートをサッとしまう。
これまでになかったアイデアが、お出かけに思いやりと快適さを生みました。
 (1326)

テールゲートを大きく開くことなく、ベビーカーを畳まずに積載。
 (1327)

2列目と3列目がウォークスルーできないベンチシートでも、わくわくゲートから3列目へスムーズに乗り降り。

スペック

全長4690mm×全幅1695mm×全高1840mm  ホイールベース2890mm
車両重量:1670kg
駆動方式:フロントエンジンフロント駆動
エンジン:1.5L 直列4気筒DOHC直噴VTECターボエンジン L15B型
最高出力150ps/5500rpm  最大トルク20.7kg/1600-5000rpm
ミッション:CVT
サスペンション:マクファーソンとトーションビーム
タイヤサイズ:205/60R16
燃費:JC08モード16.2km/L ガソリン:レギュラーガソリン仕様

低燃費、パワフル、静か。 みんなにうれしいターボエンジン。

エンジンは、直噴1.5リッター4気筒ターボ。先代は2リッター4気筒だったから、ダウンサイジングターボ化でとなります。
低燃費ながら、多人数で乗ってもパワフル。たとえば8人で乗っても、発進からグッとターボがしっかり効いて、そのままグンと伸びのある爽快な加速も得られます。
また、ターボによって走行中のエンジン回転を低回転化することで、エンジン音を低減。会話しやすい空間に仕上っています。なによりもいいのはエンジンのコンパクト感で、小さなものが滑らかに回る、気持ちのいい回転フィールが全域にわたって味わえます。

日常で使いやすいサイズと取り回しの良さ

 (1335)

取り回しのしやすい最小回転半径5.4m。
縦列駐車やUターンなど、日常のシーンで使いやすさを実感できる小回りの良さです。バック駐車などの際に、おおよそのタイヤの切れ角がわかる機能も用意してあります。

Honda SENSING(ホンダ センシング)

対象の位置や速度の測定に強いミリ波レーダーと、対象の形や大きさの識別に強い
単眼カメラを融合した高精度な検知機能で、安心・快適な運転を支援する
「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載しています。

グレードと価格

・ステップワゴンB(7人乗り、FF車):228万8000円
・ステップワゴンB(7人乗り、4WD車):254万7200円
・ステップワゴンG・Honda SENSING(7人乗り、FF車):261万円
・ステップワゴンG・Honda SENSING(7人乗り、4WD車):284万7600円
・ステップワゴンG・EX Honda SENSING(7人乗り、FF車):283万円
・ステップワゴンG・EX Honda SENSING(7人乗り、4WD車):304万6000円
・ステップワゴン スパーダ Honda SENSING(7人乗り、FF車):284万円
・ステップワゴン スパーダ Honda SENSING(7人乗り、4WD車):307万7600円
・ステップワゴン スパーダ クールスピリット Honda SENSING(7人乗り、FF車):299万円
・ステップワゴン スパーダ クールスピリット Honda SENSING(7人乗り、4WD車):318万4400円

ボディーカラー

 (1340)

ミルクガラス・パール
 (1341)

クリスタルブラック
 (1342)

ホワイトオーキッド・パール
 (1343)

スーパープラチナ・メタリック
 (1344)

モダンスティール・メタリック
 (1345)

コバルトブルー・パール
 (1346)

プレミアムディープロッソ・パール
 (1347)

プレミアムスパイス・パール

SPADA、Modulo X
35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

zakioka zakioka