2017年11月24日 更新

ベントレーEXP 12Speed 6e Conceptが公開されました!価格やスペックをレポート!

ベントレーから高級オープンカーであり、EVであるコンセプトカーが2017年ジュネーブショーでお披露目されました。ベントレーの歴史的背景も記載しつつ、このEXP 12Speed6e Conceptを追ってみます。

ベントレーEXP 12Speed 6e Conceptが公開されました!価格やスペックをレポート!

ベントレーってどんな車を作っている会社???

ベントレーは、イギリスの高級車・スポーツカーメーカー、そして今はブランドとしての地位の確立がなされています。元々は、1919年にベントレーモータースとして創業しました。1931年に世界恐慌の影響で経営不振になりロールスロイスの傘下になりました。

約50年以上ロールスロイスでの販売となっていましたが、1998年にロールスロイス及びベントレーの売却がフォルクスワーゲンに行われ、それから現在までフォルクスワーゲンの傘下となりました。

当時の買収には、BMWも参戦していましたが、2002年からロールスロイス部門は、BMWに移行することで両者が合意したことによりベントレー部分が現在フォルクスワーゲンの傘下となっています。

ベントレーEXP 12Speed 6e Conceptの動画から見てみましょう!

ベントレー・モーターズの会長兼CEOであるヴォルフガング・デュルハイマーによると

EXP 12 Speed 6eは、Bentleyは、たくさんの豪華絢爛な人々と係ってきた経験や情報からこのモデルにフィードバックさせられたことと、将来的にベントレーがEVのモデルを提供していく事に専念しています!

そして今後もEV高級車を開発し続けるために皆さんからのフィードバックを頂き続けていくというようなことをおっしゃっています。

ベントレーEXP 12Speed 6e Conceptはどんな車でしょう!

ベントレーEXP 12Speed 6e Conceptのエクステリアデザインは!

まず象徴的なBentleyメッシュグリルの中に6eのロゴが、表現されています。このロゴが走行中に白く光るようになっているようです。

エクステリア全体のデザインは、ベントレーでも公表されていますが、実に筋肉質な運動面を表現してきていると筆者も思います。特に現代建築・自然界・航空機胴体の空力特性形状から派生させたというベントレーの思いも伝わってきます。
https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2 (17589)

via https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2
やはり大径ホイールに扁平タイヤは今の時代には、必須となっているようです。ホイールは、21
~22インチ位はあるでしょうか?タイヤサイズも275/35位のサイズになっているように思います。
https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2 (17590)

via https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2
EVのモデルですが、リアのバンパー下部から大径マフラーが出ていそうなデザインであります。比較的後部のデザインは、すっきりしたものに思います。
https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2 (17591)

via https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2

ベントレーEXP 12Speed 6e Conceptのインテリア部分はどうでしょうか?

ワインレッド基調の高級感漂うシートカラーにラグジュアリー感たっぷりのインテリアになっていると思います。シートも完全ハンドメイド仕様となっているようです。

ベントレーでは一つ一つを基本的には手作りで行う部分が多いですが、中でもインテリア関連は、ユーザーが納得のできるように丁寧に仕上げられていることと思います。
https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2 (17592)

via https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2
まずは、真っ先に筆者の目に飛び込んだのはステアリングです。上部が切り離されています。切り離し部分の上部には、スピードコントロール関連のスイッチがセットされているようです。

中央部分はハンドメイドのカットガラスになっているようです。ここには通信・ナビ・車のセットアップのコントロールが埋め込まれているようです。
https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2 (17593)

via https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2
ワインレッドの中に一部クリームベージュをインストールしている部分が落ち着き感や清潔さを付け加えているように感じます。
https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2 (17594)

via https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2
シフトは、ベントレーではギヤセレクターと呼ばれています。センターコンソールに銅製のパネルでセレクターがインストールされています。車のオブジェのように設置されていて一体感が増していると考えます。
https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2 (17595)

via https://www.netcarshow.com/bentley/2017-exp_12_speed_6e_concept/#2

パワートレーンや価格は?

詳細データがはっきりと出ていないので何とも言えない部分があるのですが、ミラノからモナコ、ロンドンからパリを一回の充電で行ける能力と言われています。
ということは約300㎞の航続距離があるという事でしょうか?

急速充電のシステムを利用して充電する場合とAC電源を利用する場合の方法が取れ、それぞれ接続箇所が別々にあるようです。

価格に関してもまだ発表が無いコンセプト段階ですので想像となりますが、3000万円前後になってくるのではないかと筆者は考えます。

まとめ

ベントレーでは2020年から高級タイプEV戦略を始めていくと言われていますので、市販車両販売までの間に、更にユーザーとコミットしながら改良を進めていく事と思います。ベントレーから最新のEV自動車の発売を楽しみにしていたいと思います。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me