2017年4月10日 更新

【比較】新型ワゴンRスティングレイとワゴンR FZの違いは?前編

2017年2月にデビューした新型ワゴンR。ボディのタイプが3種類ありますが、その中で見た目で選びたくなるのはワゴンR FZとワゴンRスティングレイではないでしょうか?その違いを比較してみます!

【比較】新型ワゴンRスティングレイとワゴンR FZの違いは?前編
 (5747)

決定的な違いはターボモデルの有無

新型ワゴンR FZと新型ワゴンRスティングレイ、どちらもそれぞれのかっこよさがありますが、ワゴンRスティングレイにだけあって、FZには選べないものがあります。

それはターボモデルです。
すなわち、ワゴンR FZにはNAモデルしか存在していません。
ちなみに、ワゴンR FX、FAともに、NAモデルしか存在しません。

ターボにしたかったらワゴンRスティングレイを選ぶしかありません。
それが決定的な違いとなります。

エクステリアの比較

新型ワゴンR FZのエクステリアは?

 (5720)

新型ワゴンR FZのエクステリアは、上下2段に別れたヘッドライトが特徴的。

押し出しの強いマスクはいかにも男性的っぽくかっこいい印象です。
まるでトヨタの大型ミニバン、ヴェルファイアのようなイメージです。
 (5721)

ヘッドライトはLEDになっていますが、ハイビームだけはハロゲンです。
 (5722)

斜めからフロントマスクを見てみると、ほぼ垂直に近いですが、上下に分割されたヘッドライトによって、デザインが単調にならず、メッキパーツもうまくあしらわれていて質感はとても良いです。
 (5723)

サイドビューは基本的にスティングレイと同じ。
ただ、スティングレイのほうがフロントのボンネットフードが高くなっています。

あとアルミホイールのデザインもFZとスティングレイは、ターボ車以外は共通のデザインになります。

斜めになっているBピラーがこれまたヴェルファイアのようで、狙っているなぁという気もします(笑)
そのおかげで、軽自動車とは思えない伸びやかなサイドビューになっており、腰高感もありません。
デザインは良いですね!
 (5724)

リアビューはリアコンビネーションランプがかなり低い位置にレイアウトされており、初代ワゴンRを彷彿とさせます。
この位置にリアコンビネーションランプがあるのは最近の車ではあまりありませんよね。
それが逆に個性的で良いと思います。

新型ワゴンRスティングレイのエクステリアは?

 (5731)

続いて、新型ワゴンRスティングレイのエクステリアを見てみましょう。
スティングレイは、FZとくらべてさらに押し出しの強いマスクになっています。
上下に長いヘッドライトが特徴的で、グリル部分も大型化されています。
 (5732)

このスティングレイのフロントマスクのデザインは何者にも似てないですね。

FZとの違いは、ヘッドライトがハイローともにLEDになっています。
また、フォグランプが装備されているのもスティングレイだけとなっています(TとXのみ、ベースグレードLにはついていません)。
 (5733)

FZよりもボンネットフードが高く厚みのあるデザインになっています。

すごい迫力ですよね。
かわいいとかそういう印象はありません(笑)
押し出しの強さを重視する方には良いでしょうけども、もっと大人しいデザインが好きな方には受け入れられないかも…?
ターボモデルがこの顔限定になるのは吉と出るでしょうか。
 (5729)

スティングレイのサイドビューはこんな感じです。
FZの写真は旗でフロントボンネットが隠れてしまっているのでわかりにくいですが、スティングレイのほうがボリュームあるボンネットになっています。
 (5740)

リアのデザインも基本的に同じですが、リアコンビネーションランプがクリアになっていたり、リアバンパーのデザインがスティングレイ専用のものになっています。
全体的に、強そうなデザインなのがスティングレイですね。

まとめ 好みに合わせたいところですが…

新型ワゴンR FZと新型ワゴンRスティングレイを見比べてみましたがいかがでしたか?
エクステリアは、FZはヴェルファイアのようで押し出しは強いですが、比較的プレーンで乗り手を選ばないデザインだと思います。

一方で、スティングレイのほうは、超強烈な個性で押し出しが強く、女性が乗るにはちょっと躊躇しそうなデザイン。
ターボモデルが良ければ、強制的にスティングレイになりますが、NAでも良いとなると、どちらでも選べますね。
また、さらにプレーンなデザインのFXもありますので、NAなら好みでよりどり選べます。
スズキ株式会社 (5744)

スティングレイのターボモデルは、さらにアルミホイールが15インチになったり、さらに強そうなかっこいいデザインになります。
その分、価格も高くなりますので(スティングレイHYBRID T165.8万円~)、予算と好みに合わせて選ばれてくださいね。

次回は、新型ワゴンR FZとスティングレイの内装を比較してみたいと思います!
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部