2018年4月21日 更新

トヨタ新型オーリスTS(ツーリングスポーツ)が登場!日本発売は?スクープ画像を分析!

ジュネーブモーターショーで公開された新型オーリスに、ワゴンタイプのツーリングスポーツがスクープされました。 日本ではカローラスポーツとして販売される予定の新型オーリスですが、ワゴンタイプの発売は日本でもあるのでしょうか?

トヨタ新型オーリスTS(ツーリングスポーツ)が登場!日本発売は?スクープ画像を分析!
3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たした、トヨタ『オーリス』新型に設定される派生モデル、『オーリス TS(ツーリング スポーツ)』をレスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

「オーリス」は、トヨタがグローバル展開するCセグメントハッチバックだ。『カローラ ランクス』(カローラ ハッチバック)の後継モデルとして2006年にデビューしている。その後欧州では、「3ドア」や「ツーリングスポーツ」など派生モデルを展開し、人気モデルに成長している。新型では、トヨタの新世代「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットフォームを採用している。

日本では、2016年にハイブリッドモデルが発売されているが、「スポーツツーリング」は導入されていない。以前から国内発売を希望する声があり、このフルモデルチェンジを期に、ついに日本市場への導入が期待されている。

捉えた開発車両は、重いカモフラージュのためディテールは不明だが、スポーティなメッシュのグリル、鋭いヘッドライトなど最新のキーンルックはハッチバックと同じデザインとなるはずだ。しかしエアインテークのデザインを含むフロントバンパーは、ツーリングスポーツ専用のデザインが与えられる可能性もあるだろう。

新型「ハッチバック」のパワートレインは、1.2リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力122psを発揮する1.8リットルハイブリッド、最高出力180psを発揮する2リットルハイブリッドモデルがラインアップされる。

ハッチバックの日本発売は2018年5月が有力だ。

オーリスTS(ツーリングスポーツ)とは?

オーリスTSは、オーリスの派生モデルで、リアを延長したワゴンタイプとして、欧州を中心に販売されていたモデルです。
日本ではワゴンタイプのオーリスは販売されていませんでした。

今回スクープされたのは、2018年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たした、新型オーリスの派生モデルとして登場予定の新型オーリスTS。
(c)アポロニュースサービス (28971)

via (c)アポロニュースサービス
スクープされた開発車両は、偽装が施されていてその素性を見ることはできませんが、フロント周りは先日公開された新型オーリスを踏襲するものと思われます。
 (28983)

新型オーリスでは、TNGAプラットフォームや、新開発の2.0Lダイナミックフォースエンジンや、それに組み合わされるDirect Shift CVT、ハイブリッドモデルでも新開発の2.0L THSⅡを採用するなど、トヨタとしても新しいパワートレインの初披露となる力の入ったモデルとなっています。
(c)アポロニュースサービス (28972)

via (c)アポロニュースサービス
その新型オーリスをストレッチした「オーリスTS(ツーリングスポーツ)」は、カローラフィルダーの後継モデルとして販売されるのか、はたまた別のモデルとして日本に導入されるのかはまだ不明です。
(c)アポロニュースサービス (28973)

via (c)アポロニュースサービス
先代オーリスは、欧州では好調だったものの、日本国内ではあまり人気のないモデルだっただけに、日本国内では名前も消滅し「カローラスポーツ」としてブランニューデビューすることになりました。

となると、販売チャネルはトヨタカローラ店となるので、販売力の低下が懸念されます。
(c)アポロニュースサービス (28974)

via (c)アポロニュースサービス
カローラというネーミングは良し悪しで、「安いこ大衆車」というイメージも定着しているので、若い層がカローラというネーミングで購入するかどうかも注目されます。

ただ、今回のカローラスポーツはデザインがかなりかっこよくなっているので、興味を持つユーザーは多いのではないでしょうか。
(c)アポロニュースサービス (28975)

via (c)アポロニュースサービス
そんな新型カローラスポーツのストレッチ版として、欧州で発売される新型オーリスTSが日本でも発売されるかが注目です。

もともと、そうした需要はあったものの、オーリス自体の販売不振のため日本にはオーリスTSは導入されませんでしたが、カローラフィールダーの後継モデルとしてデビューするなら、相当かっこよくなった印象となりそう。
乗り換え需要だけでなく、他メーカーからの流入も期待できそうです。
(c)アポロニュースサービス (28976)

via (c)アポロニュースサービス
新型オーリスのパワートレインは、欧州では1.2L直列4気筒ターボエンジン、1.8Lハイブリッド、最高出力180psを発揮する2.0Lハイブリッドモデルがラインナップされる予定です。
(c)アポロニュースサービス (28978)

via (c)アポロニュースサービス
日本発売されるカローラスポーツは、2018年12月との噂もありますが、もう少し早く導入される可能性もあります。

それに伴い、ワゴンタイプが導入されるかは未だ不明ですが、情報が入り次第アップデートします!
(c)アポロニュースサービス (28979)

via (c)アポロニュースサービス
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部