2017年4月10日 更新

普通車キラー?新車で買える軽スポーツカー【S660編】

普通車にも負けない新車で買える軽スポーツカーを簡単に比較しました。

普通車キラー?新車で買える軽スポーツカー【S660編】
親父の影響で車が好きになった私。中高生の頃はGT-Rかっけ~ランエボかっこよすぎかよ…と維持費や購入資金などのことは全く頭になく妄想ばっかり膨らんでいく毎日でした。しかし、歳もとっていくと車を買うにしても購入資金をどうしようか、保険やガソリン代をどうしようかと現実が目の前に押し寄せてくる。

そんな中、私が注目したのが軽スポーツカー。馬力の自主規制があり64馬力しか出せないものの走っていて楽しい!峠を走っていても普通車をカモれる!そして何より普通車より断然維持費が安い!そんな夢の詰まった車が軽スポーツカーだ。

今回から3回にかけて新車で買える軽スポーツカーを簡単に紹介するので、こういうのもあるのかと頭の片隅においてもらえればうれしいです。

HONDA「S660」

 (5459)

【性能】
駆動方式:MR
最高出力:64PS / 6,000rpm
最大トルク:10.6kg・m / 2,600rpm
変速機:6速MT / CVT

【価格】(MT/CVTどちらも同じ価格)
α(ハイグレードモデル):2,180,000~
β(ベーシックモデル):1,980,000~

αとβの違いはざっくりとした違いはカラーリングと内装。αのみ赤、黄、青が選択でき、本革ステアリング、本革シフトノブ、ステンレス製スポーツペダルなどがついてくる。
βよりαのほうが20万高だが、よほどの理由がない限りαモデルを買ったほうがお得かと。

S660の良い所

ちまたでは軽のスーパーカーとまで言われるS660。850kgの軽量ボディ、ミッドシップエンジン・後輪駆動はさすが「S」という名前をつけているだけのことはあります。

乗ってる方の感想を見てみると走行性能がいいというコメントが多い。MRということもありコーナリングが本当に楽しいという意見が目立ち、「車と人間が一体になっているようだ」なんてコメントまでする人いるくらいです(笑)。64馬力しかないためコーナリング中もそこまで速いというわけではないがかえってそれが良いという意見も見受けられました。

ちなみにターボチャージャーを従来のものから変更されていて、低速トルク重視型に変わってるので街乗りやワインディングでは下からもりもりトルクが出て来るチューニングもなされています。

また、晴れの日にハードトップをとってワインディングを走ったりするのも良いかもしれません。
 (5642)

S660の悪い所

MRというレイアウトということもありスピンし易いです。これは先代の「ビート」、FRのスズキ「カプチーノ」でも多数見受けられました。一応、S660はアジャイルハンドリングアシストと呼ばれる機能がついており、内側の車輪にブレーキをかけカーブで曲がり易くするシステムが搭載。これにより横滑りが減ったものの、雨の日などのコーナーで明後日の方向を向いてしまうと一気にスピンしてしまうんだとか。

次にこれは個人的な不満なのですが、エンジンがNシリーズと同じS07A型なのがちょっとなぁと。
S660は上記でも書いたようにダーボチャージャーを新開発のものにして1000回転から6.1kgのトルクを発生できるようにしているかわりに、高回転域のトルクを犠牲にしています。しかし結局馬力と最大トルクはNシリーズに搭載されてるものと変わらず。Sという名前がつくならできれば専用エンジンが良かったなぁ。
 (5643)

まとめ

 (5644)

軽自動車としてみれば約200万円は確かに高いかもしれませんが、このS660のスペックを見れば逆に約200万円は安いと感じてしまいます。さらに上記にも書きましたが軽自動車なので維持費は普通車に比べても全然安いです。

スポーツカー好きの皆さんはS660も購入候補に入れてみてはいかがでしょうか?

次回はアルトターボRSとアルトワークスを紹介します。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

むらかみ むらかみ