2017年5月28日 更新

Twitterアンケート【車を売却する際、どこに出しますか?】アンケート集計結果!

chibica公式Twitterで、「車を売却する際、どこに出しますか?」というアンケートを行っていました。 付き合いのあるディーラーに行くか、それとも買取一括査定で高いところに売るか…貴方ならどっち!?

Twitterアンケート【車を売却する際、どこに出しますか?】アンケート集計結果!

車を売却する際、どこに出しますか?

2017年5月24日にchibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

参加してくれた39名の皆様、ありがとうございました!

1位は「一括査定をして一番高いところ」!

thinkstock (8834)

アンケートの結果、一番多かったのは、「一括査定をして一番高いところ」となりました。
かくいう私もネットの一括査定でいつもディーラーの査定よりも高く買い取ってもらっています。

一昔前まではディーラーで下取りをするのが当たり前でしたが、最近ではラジオCMやネット広告などでも一括査定をだいぶ目にするようになって、皆さんの意識も変わったのでしょうね。

ネットの一括査定ではできるだけ高く買い取ってもらう裏ワザなんかもありますので、良かったらそれも参考にしてみてはいかがでしょうか?

2位は「付き合いのあるディーラー」

gettyimages (8833)

2位は、付き合いのあるディーラーに売るという人が多かった結果となりました。

たしかに、一括査定よりも高く買い取ってもらえる場合もありますし、新車を買う際に「納車まで乗ってて良い」というのは安心に繋がります。
また、一括査定をしてその価格を持ってディーラーに行くと、その価格に合わせてくれたりもしますしね。
通常はディーラーよりも買取店のほうが高い傾向にありますが、手放す時期によってはディーラーのほうが融通を聞かせてくれるので便利な時もあります。

3位は「次買う車のディーラー」

istockphoto (8832)

2位と内容はほぼ同じですが、付き合いのあるディーラーで買い替え続けるか、違うメーカーやディーラーで車を買うかの差ですね。

2位と3位を足すと54%となり、1位の一括査定よりも多い結果となります。
まだまだ一括査定よりも、ディーラー下取りのほうが多いという結果とも言えますね。

4位「買取店へ持ち込み」

gettyimages (8831)

これはなかなかレアなケースではないかと思いますが、ガリバーやアップルなどの中古車ディーラーへ持ち込んで査定してもらうという方も10%ほどいらっしゃいました。


車を売却する際には、まだまだ皆さんディーラーへの下取りが多いということがわかりました。
一括査定はたしかに価格が跳ね上がることもありますが、ディーラーのほうが納車時まで乗っていていいというメリットもあります。
それぞれを勘案して、ご自身に最適な売却方法を見つけてくださいね^^
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部