2017年9月6日 更新

新型シビック、アクセラ、C-HR、VWゴルフ、もらえるならどれがほしい?【アンケート結果!】

chibica公式Twitter恒例のアンケートです。 もしもらえるとしたら、新型シビック、アクセラ、C-HR、VWゴルフ、の中でどれがいいですかというアンケートを行っていました。 アンケートの集計結果は??

新型シビック、アクセラ、C-HR、VWゴルフ、もらえるならどれがほしい?【アンケート結果!】
thinkstock (14520)

新型シビック、アクセラ、C-HR、VWゴルフ、もらえるならどれがほしい?

chibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

参加してくれた109名の皆様、ありがとうございました!

1位はホンダ新型シビックハッチバック!

 (14521)

1位はダントツでホンダの新型シビックハッチバックとなりました!

まだデビューしたばかりというのもあるかもしれませんが、注目度の高さが伺えますね!
新型シビックハッチバックは英国生産なので日本に入ってくる量も決められており、通常よりも納期がかかりそう。
ディーラーへの試乗車も入らないところも多そうで、かなりレア度は高そうです。

新型シビックは、セダンとハッチバックがありますが、セダンは日本国内の寄居工場で生産されます。
セダンとハッチバックでは車のキャラクターも結構違うそうで、スポーツよりに味付けされたハッチバックのほうが人気が高くなりそうです。

2位は意外にもVWゴルフハイライン!

 (14522)

2位は意外にもフォルクスワーゲンの新型ゴルフ7.5のハイラインがランクイン!
排ガス問題などで揺れたことで人気が落ち込んでいると思っていましたが、chibicaフォロワーさんのなかではそれでも人気が高いようです。

ハイラインはGTIやRを除いた中では上級グレードとなります。
裝備内容も国産車を越える安全装備の数々で満足度はかなり高いでしょう。

もらえるもんなら私も欲しいー(笑)

3位はマツダアクセラスポーツ22XD!

 (14523)

3位はマツダアクセラスポーツ22XD。
もっと表が集まるかと思っていたのですが、まさかゴルフにすら負けることになろうとは。
22XDと言えば、アクセラのトップグレードで、2.2Lディーゼルターボエンジンが搭載されています。
クラスを超えたハイスペックエンジンが搭載されているので、パワーだけでなく静粛性なども気を遣って作られており、乗り心地も含め上質。
トップグレード22XDのみ、電動パーキングブレーキが採用されるなど、差別化が図られtモデルとなっています。

ディーゼルも欧州を発端に逆風になってしまっているので、マツダのディーゼル偏重のパワートレイン路線も変更を余儀なくされてしまうかもしれませんね。

4位はトヨタC-HR HYBRID

 (14524)

2017年上半期のSUV売上1位となったトヨタのC-HRですが、もらえるとしても人気は4位に留まりました。
売れすぎているモデルは、街にあふれてしまいますからね。
そういう意味でも希少性もないですし、だったら他の車にするよって人も多いのでしょう。

よくできた車ではありますが、プリウスみたいに街にあふれてしまうのは考えものですね…。

ホンダのスポーツもまだ注目は集まる!

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部