2018年4月1日 更新

新型メルセデスベンツBクラスが2019年にフルモデルチェンジして登場?! 発売日やスペックを予想!

日本ではSUV全盛の時代にあって、MPVといたカテゴリーに属するBクラスの存在が薄くなっている感じはしますが、満を持して2019年にメルセデスベンツBクラスがフルモデルチェンジするという情報がネットで流れています。 Bクラスが新型になって注目を浴びるようになるかどうかを分析します。

新型メルセデスベンツBクラスが2019年にフルモデルチェンジして登場?! 発売日やスペックを予想!

現行のメルセデスベンツBクラスとは?

 (26239)

現行のメルでセスベンツB180についてご紹介します。
フロントに装着したLEDハイパフォーマンスヘッドライト(アダプティブハイビームアシスト付)からサイドに流れるようなドロッピングラインへの連携がスポーティーな印象を演出しています。

立体駐車場にもすんなり入るコンパクトなサイズとなっており、全長は4,440mm、全幅は1,785mm、全高は1,545mm。

小回りもよく効き、最小回転半径は5.2mとなっており、車庫入れや狭い路地でも楽々クリアできます。
 (26240)

このボディに搭載されるエンジンは直列4気筒Blue DIRECTターボ。
このエンジンの総排気量は1600cc、装着されるピエゾインジェクターやスプレーガイド式燃焼システムが燃焼を最適な状態に導いています。
最高出力は90kW(122PS)、最大トルクは200Nm(20.4kgfm)を叩き出しています。
ECOスタートストップ機能を採用し、環境へ配慮しつつ、意のままの走りを実現。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは7G-DCTとなっており、シフトをアップしたりダウンしたりしても、駆動力が円滑に持続し続け、スポーツ走行に対応。
DIRECT SELECTとパドルシフトの組合せでハンドルを握ったままスムーズに運転が可能。
 (26243)

足回りは、マクファーソンストラット式をフロント、マルチリンク式をリヤに採用。
マクファーソンストラット式は、優れたレスポンスや接地性を誇り、的確なハンドリングを可能にしています。

マルチリンク式は多くの高級車に装着するサスとして知られています。
しっかりと路面をとらえ、しなやかで心地よい乗り心地を実現し、スポーティーな走りを安全にサポートします。

なだらかに傾斜したフロントピラーをはじめ、最適な形状にしたドアミラー、アンダーパネル、ホイールアーチスポイラーの整流効果によって、Cd値0.25を実現。

安全装備も充実しており、アクティブブレーキアシストの他、アテンションアシスト、パーキングアシストリアビューカメラ、パーキングパイロット(縦列・並列)を装備します。

ご紹介したように、B180は、ベンツとしては排気量は小さいですが、本格的にサスペンションやトランスミッション、優れた空力によって信頼の走りを実現しています。

新型Bクラスのプラットフォームはどうなる?エンジンは?エクステリアは?

Mercedes Erlkönig B-Klasse 2019 W247 auf der Straße B-Class 2019 on the road 4K SPY VIDEO

新型Bクラスのプラットフォームは、MFAプラットフォームを改良したものになるとのこと。
このプラットフォームは新型Aクラスにも採用される予定。

このプラットフォームに搭載されるエンジンは、1300㏄、1600㏄、2000㏄が予想され、ガソリンとディーゼルがあるようです。
ハイブリッド化やEV化したグレードも投入される可能性もあります。

エクステリアは、実用性を重視して、全高を大きくして角ばったスタイルとなるという噂で、現行のBクラスとはかなり異なる模様。

まとめ

 (26242)

ご紹介したように、新型Bクラスを予想を交えて紹介してきましたが、Aクラスと統合したプラットフォームを採用し、バリエーションに富んだエンジンに加え、ハイブリッドやEVも用意される予想なので、注目を浴びるようになるかもしれませんね。

欧州ではMPVというカテゴリーは人気となっており、豊富なラインナップによって販売戦略を考えているのかもしれません。

日本での発売も楽しみですね。

これから、ベンツBクラスの購入を検討している人の参考になれば幸いです。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123