2019年2月8日 更新

ハイパフォーマンスモデルの新型BMW M5 Competition登場

BMWは、1/25に新型M5 Competitionの販売を発表しました。通常のM5モデルよりもパワートレインを25psアップさせて、特別なデザインやホイールを等を装備して登場します。このモデルをご紹介していきます。

ハイパフォーマンスモデルの新型BMW M5 Competition登場

新型BMW M5 Competitionの概要

BMW株式会社の代表取締役社長であるペーター・クロンシュナーブルは、BMWのMモデルを象徴するハイ・パフォーマンスセダンであるBMW M5をベースに、よりサーキット走行性能に仕上げた新型BMW M5 Competitionを、1/25から販売することを発表しました。

キーワードは、
①BMW M5の走行性能をより高め、サーキット走行性能を際立たせたモデルに仕上げること。
②4400㏄V型8気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載し、サーキット仕様にまで仕上げること。
③ブラックのアクセントパーツを効果的に採用した、アグレッシブなデザインに仕上げること。

M5をベースに、さらにサーキット仕様に大きくシフトしたデザインやパワートレインに仕上げることで、特別モデル感がアップしていますね。

新型BMW M5 Competitionのエクステリア等

フロントビュー

スポーティなフロントセクションでのポイントは、大型のエアインテークです。これは、V型8気筒 Mツインパワー・ターボガソリンエンジンを冷却するためにエアの流れを最適にする様に設計されています。

エンジンフードに描かれた力強い2本のキャラクターラインは、軽量で頑丈なカーボンファイバー強化樹脂製ルーフのなだらかな曲線へとつながり、そのまま途切れることなくリヤへとシンクロして続くディテールです。

フロントグリルは、M5のエンブレムとハイグロスブラック仕上げのダブルバーをあしらったデザインです。スポーティーなフロントフェイスは、ボンネットの中にあるエンジンが、パワフルであることを連想させる様にも見えますね。
 (55045)

サイドビュー

フロントフェンダーのMサイドギルが、サイドセクションでのポイントです。ハイグロスブラック仕上げのMサイドギルは、エアブリーザーを内蔵しフロントホイールアーチ周辺の空気の流れを最適化してくれます。スポーティーデザインは、Mモデルのディテールにシンクロするように立体的に造形されています。

新型BMW M5 Competitionのボディーサイズは、全長x全幅x全高(㎜)=4,965x1,905x1,480です。
 (55046)

リアビュー

リアセクションでは、Mデュアルエキゾーストシステムに左右四本出しテールパイプがポイントです。リヤエプロンの中央に鎮座しているディフューザーには、BMW M5 Competitionのために作られたBMWの思いも伝わってくるデザインです。
 (55047)

鋳造20インチMライト・アロイホイール789Mを搭載しています。
専用に鋳造加工された20インチ Mライト・アロイホイールは、ダブルスポークスタイリングとなっています。組み合わされるタイヤは、フロントが275/35ZR20、リヤは、285/35ZR20です。

 (55048)

新型BMW M5 Competitionの内装等

コックピットは、ファーストクラスになるように設計されたデザインです。

ブラックパネルテクノロジーを採用したMインストゥルメントパネルは、スポーツドライビングに必要な情報を余すところなくドライバーに伝えてくれる仕様です。

ステアリングは、人間工学的にデザインされたサムレストとシフトパドルが備わるダブルスポーク・デザインです。最適なグリップと完璧な操作性をドライバーに与えてくれます。スタート/ストップボタンや、ステアリングホイールに備えられたボタン、さらにMセレクターレバーに施されたレッドが、このモデルに脈打つモータースポーツの遺伝子を表現しています。
 (55049)

Mマルチファンクションシート(運転席&助手席)は、スポーティーなエクステリアとシンクロするようにデザインされ、そのヘッドレストには誇り高きM5のエンブレムが刻印されています。低い着座位置と高めのサイドサポートがバケットシートのようなフォルムを形成し、常に身体をしっかりとホールドしてくれます。

ランバーサポート、サイドサポート、バックレスト上部の角度とバックレストの幅など、調節可能な範囲は全域に渡って可動できる仕様です。シートは、サーキット仕様のディテールに、最高の快適性を与えてくれる仕様に仕上げています。
 (55050)

新型BMW M5 Competitionのパワートレイン等

新型のパワートレインは、4400㏄V型8気筒Mツインパワー・ターボエンジンです。新開発のターボチャージャーを採用し、よりパワフルに仕上がっています。高回転型仕様であるエンジンの最高出力は、625psです。

組み合わされるミッションは、新型8速Mステップトロニックトランスミッションを搭載しています。ドライブロジック付きとなっていて、スイッチによってシフト特性を3段階から選択し、状況に応じた最適なギヤ比設定とレスポンスが変更でき、思い通りの走りを体験することを可能にしました。

この強大な出力は、新開発のMモデル専用4輪駆動システムM xDriveにて、高効率に4輪に伝えられる仕様です。日常の安定した走行から、サーキットでのアクティブな走行まで多様な楽しみを提供することができる設定になっています。
 (55051)

まとめ

M5 Competitionは、¥18,230,000の販売価格となっています。1/25から発売開始です。通常のM5シリーズから80万円弱のアップとなっていますが、25psのパワーアップに、専用パーツの数々などからすると、お買い得となっているのではないでしょうか!
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me