2018年9月10日 更新

フォルクスワーゲン ビートルに乗るなら!あなたに合ったグレードを選ぼう!

ドイツのブランドメーカーのフォルクスワーゲンのビートルは、一度は乗ってみたいと思わせるほどのユニークなデザインを持っています。しかし、2019年にはビートルの販売を終了してしまうとのことです。それでもまだビートルに乗りたいという方も沢山いらっしゃると思います。そして、ビートルの販売終了をきっかけに、通常のビートルとは一味違った特別仕様車の登場など、まだまだビートルの楽しさを十分に味わえます。今回はそのビートルのグレード別による魅力を御紹介していくので、あなたにあった一台を選んでいただけると幸いです。

フォルクスワーゲン  ビートルに乗るなら!あなたに合ったグレードを選ぼう!

フォルクスワーゲン ビートルに乗るなら!あなたに合ったグレードを選ぼう!

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (42128)

ドイツのブランドメーカーのフォルクスワーゲンのビートルは、一度は乗ってみたいと思わせるほどのユニークなデザインを持っています。しかし、2019年にはビートルの販売を終了してしまうとのことです。

それでもまだビートルに乗りたいという方も沢山いらっしゃると思います。そして、ビートルの販売終了をきっかけに、通常のビートルとは一味違った特別仕様車の登場など、まだまだビートルの楽しさを十分に味わえます。

今回はそのビートルのグレード別による魅力を御紹介していくので、あなたにあった一台を選んでいただけると幸いです。

ビートルの歴史

フォルクスワーゲン・タイプ1 - Wikipedia (42133)

「10年経っても古く見えないクルマ」として有名な、ドイツで生産、販売され始めた車がビートルです。また、この車かとても歴史が深い車でら1938年の生産開始以来、2003年まで半世紀以上も生産が続き、世界の自動車市場で多大な成功を収めています。

また、ナチス政権のヒトラーの時代の代表的な車でもあり、「国民車」と呼ばれていたのです。しかし、ヒトラーの野心による第二次世界大戦として民生用量産は実現せず、「国民車」と言うよりは「ヒトラーのための軍事車両」とも言える車となりました。

しかし、今のビートルでは、軍事車両というイメージとは逆に誰でも親しまれるようなデザインと機能性に進化したのです。

ザ・ビートルのグレード別による魅力を御紹介!

可愛らしさイメージを持ちつつも、少し凛々しくなったデザインの現行型ビートルには「The Beetle Base」「The Beetle Design」「The Beetle R-Line」「The Beetle 2.0 R-Line」の4種類が存在しています。
まずは、ビートルの特徴的な性能とデザインを御紹介します。

フォルクスワーゲンの安全性

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (42139)

フォルクスワーゲンは、全ての車に世界トップレベルの安全技術を標準装備しているそうで、フォルクスワーゲン=安全な外車という印象を持っても良いと言える程です。

予防安全・衝突安全・二次被害防止の3のステージに重点を置き、危険を回避する性能が取り付けられています。また、二次被害防止システムも、フォルクスワーゲン ビートルのホームページなどでもよく取り入れられていることから、国産車に比べて重点を置いていると考えられます。

ザ・ビートル・ベイス

フォルクスワーゲン見積りシミュレーション The Beetle (42142)

シンプルであるからこそオプションやアクセサリーでデザインもしやすく、自分らしい一台に仕上げることができるモデルです。
また、フロントやリアのバンパーはスポーティーに作られていて、若い男性の方にとっても嬉しいデザインだと思います。

1.2LTSI®️エンジン

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (42145)

高効率に、そして低燃費に作られたのがこの1.2LTSI®️エンジンです。
一般的なエンジンに比べて小さいことから、車両重量なども抑えられるメリットがあります。
また、DSGトランスミッションの搭載により、高い動力性能と低燃費を実現しています。

ザ・ビートル・デザイン

フォルクスワーゲン見積りシミュレーション The Beetle (42150)

見た目はベイスと同じように見えますが、ベイスと全く同じエクステリアや機能性では無いのです。
スポーティーなクロームストリップ付フロントバンパーや、ボディと同色ペイントのクロームストリップ付サイドモールディングなど、よりスポーティーなデザインと色にこだわったデザインです。

コックピットを好きにdesign!

モデル一覧 | フォルクスワーゲン公式 (42154)

外観だけではなく、コックピットやインテリアも好きな色にアレンジすることもできます。赤やオレンジ、茶色に青など人の個性や好みに合わせたデザインを選ぶことで、より快適なドライブを実現させることに繋がります。また、「design」に採用された上質なコンフォートシートにより快適な座り心地を実現しています。
モデル一覧 | フォルクスワーゲン公式 (42156)

ザ・ビートル・R-Line

フォルクスワーゲン見積りシミュレーション The Beetle (42159)

キビキビとした爽快な走りを楽しむことができる「R-Line」はスポーティーな走行性能や凛々しさが増したデザインになっています。
エアインテークを備えたフロントバンパーによって、よりスポーティーな走りする予感をさせるデザインです。また、18インチホイールによるダイナミックさも実現しています。

統一されたインテリア

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (42162)

インテリアは黒色に統一されていて、スポーティーさを強調していて、男性向けのグレードです。また、「BlueMotion Technology
」採用のエンジンを搭載したことにより、高効率な走行と低燃費を実現しています。
ギア比を低くした1速が発進性を向上させ、高く設定した7速が高速走行時の燃料消費量を削減します。

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (42164)

ザ・ビートル・2.0 R-Line

フォルクスワーゲン見積りシミュレーション The Beetle (42166)

スポーツカーの走りを楽しめる「2.0 R-Line」は155kw(211ps)の圧倒的なターボパワーを発揮し、ドライバーズ・ビートルならではの走りの個性が際立ちます。

電動パノラマスライディングルーフ

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (42171)

室内を光で照らし、開放感あふれるオープンエア・クルージングが楽しめます。
ダッシュボードにレイアウトされた3速メーターにより、遊び心を忘れないビートルらしいアイテムです。そして、「R-Line」同様インテリアも黒色で統一された、スポーティーさをより演出したインテリアです。
また、2.0L TSIエンジンの搭載により、パワフルな走りと驚くほどの高出力と優れた燃焼効率を実現しています。
The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (42173)

まとめ

ザ・ビートルは先進技術により安全性や機能性、走行性能が進化しつつも、レトロ感を漂わせた雰囲気を出し続け、幅広い年齢層の方に親しまれる車であると感じます。運転をすることができるようになったと感じています。

また、「2.0R Line」は2.0TSIエンジンの搭載により、スポーツカーを運転している気分と同じ感覚を味わうことができそうです。「R Line」が3,272,000円で150ps、7速、「2.0R Line」は3,799,950円で、211psで、6速となっています。

あなたに合った一台をこの記事を参考に見つけていただけると幸いです。
40 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan