2019年6月22日 更新

ベントレーが、新型フライングスパーを6/17より販売開始

ベントレーは、2019年に100周年を迎えます。ラグジュアリースポーツセダンとしてのドライバーズカーと、リアでくつろぐように移動する側面を持つモデルですね。新型のエクステリアや内装等をご紹介します。

ベントレーが、新型フライングスパーを6/17より販売開始

ベントレー フライングスパーのエクステリア等

ベントレーモーターズジャパンは、2019年6月17日に新型フライングスパー(BENTLEY FLYING SPUR)を発売開始しました。車両価格は、2568万2400円で、納車時期は、2020年第2四半期を予定しています。


フロントビューでは、LEDマトリックスヘッドライトデザインが刷新され、フライングスパー独自のカットクリスタルエフェクトも施されています。カットデザイン後ろのクロムスリーブが追加されたことで、点灯していなくても輝いている仕様です。

ボンネットを美しく飾るフライングBエンブレムは、新型フライングスパーで初めて採用のデザインです。同社100周年記念の年に、エンブレムを刷新し、次の世代へ継承されるように進化しています。
https://www.netcarshow.com/ (62219)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、フライングスパーのエクステリアデザインの中でも、ベントレーというモデルを強調した新しくモダンなビジョンを表していますね。日本国内現行モデルと比較して130mm延長されたホイールベースに仕上げています。

新型フライングスパーは、増加したホイールベースにあわせて、強力なボディラインを形成しています。同モデルは、新しいプラットフォームを搭載し、ゼロからデザインされています。表面と美しい曲線は、アルミニウムのスーパーフォーミング仕様です。Bentley Continental GTで採用した手法が取り入れられました。
https://www.netcarshow.com/ (62220)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、テールランプが同社おなじみの「B」グラフィックを映し出してくれます。テールライト内部のダイヤモンドカットも美しく表現されています。

ルーフデザインは、フルサイズツーグラスのパノラマサンルーフをチョイスすることも可能です。ツーグラスは、前面パネルが固定された背面パネルの上部で後方に傾いてスライドしていきます。ルーフブラインドは、オートで開閉し、内装カラーに合わせたカラーリングになっています。
https://www.netcarshow.com/ (62221)

via https://www.netcarshow.com/
新デザインの21インチホイールが装備されています。さらに2つの22インチMulliner仕様のオプションホイールが用意されています。フライングスパーのための標準的なエクステリアカラーは、ベントレーフライングスパーに似合う17色が選定されています。
https://www.netcarshow.com/ (62222)

via https://www.netcarshow.com/

ベントレー フライングスパーの内装等

完全に新開発のベントレー フライングスパーのインテリアは、最大現の豪華さと革新されたモダンな内装に仕上がっています。スタイリッシュで高級な要素がふんだんに盛り込まれていそうです。ウィングテーマのディテールは、下部コンソールとフェイシアを横切って、高級なデザインとなっていますね。

広い水平方向の木目がダッシュボードを横切ってドアに流れ込み、キャビンの幅広感を強調しています。エレガントなフローティングセンターコンソールは、カスタマイズ可能な12.3インチHDタッチスクリーンと、フロント・リア新デザインのセンターベント、収納スペース、携帯電話用の誘導型ワイヤレス充電、さらには2つのUSBソケットが装備されています。

業界初のBentley Rotating Displayが、新型フライングスパーに搭載されています。エンジン始動ボタンを押すと、ダッシュボード中央の木目部分が回転して、12.3インチのタッチスクリーンが現れ、3つのカスタマイズ可能なデジタルスタイルが選択できる仕様です。

ディスプレイのサイドには、外気温、コンパス、クロノメーターを示す3つのエレガントなアナログ計器が表示されます。キャビンの周りに続く継ぎ目のない木製のフェイシアは、高級感と最新デジタルを融合したデザインですね。
https://www.netcarshow.com/ (62223)

via https://www.netcarshow.com/
立体的なダイヤモンドのキルティングレザードアインサートは、ベントレー独自のデザインコンセプト基づいて設計されています。子のモデルで初めて使用されたデザインです。新しいダイヤモンドデザインは、回転式スイッチを飾り、ダクトと時計ともシンクロしています。

装飾的な細部をディテールして、ダクトの複雑な曲線を醸し出すために、ベントレーでは、新しいアルゴリズムを開発して、デザインを作り搭載しています。

翼をテーマにしたグラフィックデザインは、キャビンドアの内側を優しく囲み、フロント座席とリア座席の間に優雅な区分けとシームレスなつながりを生み出していますね。車内アンビエント照明は、7色の選択とさまざまな強弱で、オプション装備可能です。

リア座席は、折りたたみ式センターアームレストとセンターヘッドレストを装備し、豪華でくつろげる空間を演出しています。
https://www.netcarshow.com/ (62224)

via https://www.netcarshow.com/

ベントレー フライングスパーのパワートレイン等

新しいフライングスパーのパワートレインには、ベントレーの有名な6000ccツインターボチャージャーW12エンジンが、採用されています。組み合わされるミッションは、より高速でスムーズなギアチェンジを可能にするデュアルクラッチ8速トランスミッションです。新しいTSIエンジンは。635psです。

新型フライングスパーは、Continental GTと同じ8速ZFデュアルクラッチトランスミッションを採用し、スムーズで洗練された加速、より速いギアシフト、そして燃費の向上を目的に搭載されていますね。

画像は、コンチネンタルGTモデルのエンジン

 (62441)

まとめ

下画像が、現在日本に導入されている現行型です。新型では、ヘッドライトデザインから、フロント周りのプレスライン等が大幅に刷新されていることが伺えますね。より決め細やかな彫刻がエクステリアで施されています。この新型が日本に導入されることが楽しみです。
 (62440)

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me