2018年4月17日 更新

2018年春に発売開始!ランボルギーニ ウルス。デザイン・グレード・ライバル、そして価格を検証!

ランボルギーニからスーパースポーツユーティリティSUVであるウルスが、新登場しそうです。 パワー、性能、比類なきデザインそして高級感をふんだんに盛り込んでの投入。このランボルギーニ ウルスを解析します。

2018年春に発売開始!ランボルギーニ ウルス。デザイン・グレード・ライバル、そして価格を検証!

ランボルギーニ ウルスってどんなクルマ?

ランボルギーニとしては、初となるSUVの開発、そして製造販売のモデル。このウルスは、ランボルギーニという冠をつけて登場するために、ランボルギーニとしての本質を十二分に携えていることでしょう!

ランボルギーニとすぐ認識できるボディデザインに、パワーはスポーツ性をしっかりと持たせ、そして高級感だけでなく日々の使いやすさをもプラスしているSUV。

各国で非常に親しまれているSUVに、ランボルギーニのDNAを惜しみなくつぎ込んでいます。
ただのSUVではなく、スーパースポーツSUVとしての地位の確立、ランボルギーニとしてはこの点を重要と考えていたようです。

今回のランボルギーニ ウルスは、一般的なSUVやスポーツSUVとはまったく違ったスーパースポーツというカテゴリーを確立するために開発されているのでしょう!
https://www.netcarshow.com (28211)

via https://www.netcarshow.com

ランボルギーニ ウルスのエクステリア

フロントビュー

やはり最初に飛び込んでくるのは、6角形をモチーフにしたグリル&フロントバンパーデザイン。大容量の空気の通り道を確保することと、そのイメージ通りの流入量を確保しているとの事です。

そして末広がりにバンパー下部まで伸びる開口部のデザインは、全体のフォルムを低く見せる効果を生み出し、スーパースポーツを主張している部分ではないでしょうか?

ヘッドライトは、ランボルギーニのシンボルであるY字型の発光デザイン。ボンネットフードは、綺麗に描かれたプレスラインや造形がポイント。
https://www.netcarshow.com/ (28359)

via https://www.netcarshow.com/

サイドビュー

綺麗なクーペスタイルのラインになっていますね。
ランボルギーニの特徴として全体に対してウィンドウの占める割合が、1/3となるように構成されています。

フロントからリアに上っているように与えられたプレスライン。
これに併せて他のパーツやラインも揃うことによって、全体バランスが美しく見えるようにデザインされています。

ホイールは、21インチから23インチまでとかなり外径の大きいものを採用しており、このセグメントボディとしては、最大との事。
https://www.netcarshow.com/ (28205)

via https://www.netcarshow.com/

リアビュー

ランボルギーニのクルマであることを主張しているデザインですね。

フロントライト同様にテールランプもY字。そしてバンパー下部のディフェーザーデザインが、ハイスペックのスポーツカーであることを象徴していますね。

リアフェンダーにあるエア流出ダクトもランボルギーニの特徴。
そして全体的にリアにボリュームを与えているデザインがランボルギーニらしさをさらに強調しています。
https://www.netcarshow.com/ (28206)

via https://www.netcarshow.com/

ランボルギーニ ウルスの内装

https://www.netcarshow.com/ (28207)

via https://www.netcarshow.com/
乗客とドライバーの両者が楽しめるように設計された内装。カラーや内装デザインは、ランボルギーニらしさを表現するために、エクステリアとシンクロするようにも作られています。

センターコンソールを見ると、まさに飛行機のコックピット。ドライバーの高揚感が増すのがわかります。

SUVであっても直感的に操作できるように工夫されたコックピットデザインは、シートの高さを低くし、スポーツカーを主張しながらもSUVであることをも認識できる配置になっています。

Y字のシルバーウィングデザインがコンソールに与えられ、エクステリアともシンクロしている部分。

さらに6角形をモチーフにしたデザインは、シートデザインにも採用されており、こちらもエクステリアとマッチしていますね。

センターのフルデジタルTFTディスプレイは、メイン情報を3Dアニメーション化して表現されております。そしてドライバーのお好みでカスタマイズも可能とうなっているようです。
https://www.netcarshow.com/ (28208)

via https://www.netcarshow.com/
フロントのメモリースポーツシートは、ランボルギーニの特徴である完全電動で12通りの調整が可能となっています。さらに上位バージョンのシートでは、18通りの調整にマッサージ機能や通気システムも装備。

リアのシートは、センターのドリンクホルダー部分を可動させて、3人まで座れる状態になるとの事。
普段の使用状況に合わせて、4人や5人の使用に出来るという優れもの。

内装は、ランボルギーニが誇るイタリアの職人芸が光る部分。最上級の皮素材やアルカンターラ素材、そしてアルミニウムにカーボンが惜しみなく使われ、イタリアンスタイルともなっています。
https://www.netcarshow.com/ (28209)

via https://www.netcarshow.com/

ランボルギーニ ウルスのパワートレイン

4000㏄ガソリン仕様V8ツインターボエンジンを搭載。しかもアルミ製となっています。最大出力は、650hpとなっており、スーパースポーツカーとしてふさわしいパワーとトルクを実現しています。

これに組み合わされるミッションは、8速オートマとなっておりランボルギーニの特徴である応答性をさらに拡大しているとの事。

ウルスは、SUVであるという点から全天候型の走りを可能とするために、安定性と高い走行ダイナミクスを実現するセンター自動ロック式ディファレンシャルを採用した4WDとなっています。

このシステムは、通常はフロントとリアの配分を40/60という分割で行い、自動でフロントの配分を70%から、リアの配分を87%までに振り分ける構造となっています。


 (28215)

ランボルギーニ ウルスの安全装備は?

ランボルギーニ ウルスでは、高度運転支援システムを搭載。
このシステムは、レベル2(SAEスケール)の安全、セキュリティ、運転支援を包括的に提供してくれるとの事。
 (28217)

ランボルギーニ ウルスのライバルは?

ポルシェ カイエンターボ画像

https://www.netcarshow.com/ (28219)

via https://www.netcarshow.com/
筆者が考えるライバルは、
①ポルシェ カイエンターボ
②ジャガーFペース SVR

この2車種ではないでしょうか?この2車種も新たなモデルとなっております。パワー感、価格、デザイン、そしてスーパースポーツ性という観点からライバルではないでしょうか?

ジャガーF-PACE SVR画像

https://www.netcarshow.com/ (28220)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

ランボルギーニから渾身の力作SUVが登場しそうです。すでに日本のランボルギーニホームページでも紹介が始まってもいます。

参考URL
https://www.lamborghini.com/jp-en

ランボルギーニからの情報では、2018年春から順次市場へ投入との事。日本での販売価格は、25,740,000円からとのことです。

このスーパースポーツSUVが日本国内を走っている姿を早く見たいですね!
35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me