2018年3月14日 更新

【比較】ホンダ S660 VS ビート!S660はビートからどれくらい進化したのか?

S2000の弟分としてS660が鮮烈なデビューしましたが、1991年にビートという自動車が発売されていたことはご存じだと思います。 ビートは軽枠のミッドシップレイアウトで2人のオープカーだったので、S660とパッケージングはそっくりで、ビートの後継車はS666という話もあります。 そこで、今回、S660とビートを比較して、S660がどのくらい進化したか、紹介します。

【比較】ホンダ S660 VS ビート!S660はビートからどれくらい進化したのか?

S660とビートのボディ関係の比較について

 (25543)

 (25536)

ボディのサイズを比較すると、全長は同じ、S660の方が全幅で80㎜、全高で5㎜大きくなっています。
室内のサイズを比較すると、室内幅は同じ、室内長はビートの方が20㎜、室内高はS660のほうが5㎜大きくなっています。
車両重量を比較すると、S660は70㎏大きくなっています。

S660はボディを拡幅している割に、室内幅はビートと同じとなっています。
室内長はビートの方が大きいため、ビートのほうがゆったりとドライブできそうな感じです。
一方、車両重量では、大人で一人分くらいS660が大きく、このクラスだと走りに影響がありそうなレベルです。

S660とビートのエンジン・ミッションの比較について

 (25545)

 (25537)

ビートに搭載されているE07Aというエンジンは、EH型の後継として誕生し、最初はトゥデイに搭載されたといわれています。
このエンジンには、シリンダー、カムカバー、オイルパンはアルミを採用しました。
マルチポイントインジェクションを採用しており、気筒ごとにインジェクターが配置されています。
NA(自然吸気)ですが、3連スロットルが装着されています。
3連スロットルはホンダらしいこだわりが感じられますね。

一方、S660に搭載されているS07AはE型やP型の後継と誕生しました。
このエンジンはE型やP型と比較して、ロングストローク化されており、低回転域のトルクを太くして街乗り重視の仕上がりとなっています。
更に、ターボを装着して、高出力なエンジンとなっています。

出力やトルクで比較すると、最大出力では両車は同じ、最大トルクではS660のほうが4.5㎏・m大きい結果となっています。
最高出力は両車共に同じですが、S660と比べてビートのほうが2100rpm高回転で発生させています。
一方、最大トルクについては、S660のほうが4400rpm低回転で発生させています。

ビートのエンジンは、NAなので仕方がないですが、ターボに負けないパワーを絞り出すために、高回転型となっています。
一方、S660のエンジンは、ロングストローク化された上ターボを装着し、全回転域でハイパワーとなっています。
ビートは乗り手を試すようなピーキーなエンジンを搭載し、S660は誰にでも扱いやすいエンジンを搭載しているという感じです。

ミッションについては、S660は6MTとなっており、ビートの5MTから進化していいます。

S660とビートのボディ関係の比較について

 (25548)

 (25538)

スペック上はステアリング、サスペンション、ブレーキに関してはS660とビートは同じなっています。

タイヤに関しては、S600はインチアップされたものが装着されており、よりスポーティーな走行ができそうですね。

トレッドに関しては、ワイドボディになったS660のほうがビートに比べ、トレッド(フロント)で90㎜、トレッド(リヤ)で65㎜大きくなっています。

一般的に、トレッドが大きくなると、コーナリング性能が向上すると言われています。
S660の走行性能への期待感が増しますね。

まとめ

 (25550)

これまで、S660とビートを比較してきました。
S660のワイドなボディに加え、扱いやすいエンジン、6MT、扁平タイヤといった進化を遂げてきました。
スペック上はS660については、誰にでも乗りやすくハイパワーな自動車、ビートはピーキーで乗り手に挑戦する自動車といった感じで、ホンダのこだわりでしょうね。

この記事がご参考になれば幸いです。

15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123