2017年1月24日 更新

トヨタ博物館 本館常設展示のリニューアル完成 -日・米・欧の自動車の歴史を一望に モータリゼーションの進展と多様化-

トヨタ公式サイトで12/20リリースされたニュースをまとめます

トヨタ博物館 本館常設展示のリニューアル完成 -日・米・欧の自動車の歴史を一望に モータリゼーションの進展と多様化-

トヨタ博物館 本館常設展示のリニューアル完成 -日・米・欧の自動車の歴史を一望に モータリゼーションの進展と多様化-

 トヨタ自動車(株)の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、2019年の開館30周年に向けて常設展示のリニューアルを段階的に実施している。その一環として、2017年1月4日には常設展示初披露の19台を新たに加えるなどし、本館3階をリニューアルオープンする。

 一連の取り組みは、グローバル化の流れを受け、1989年設立時の「ガソリン自動車誕生以来の歴史を紹介する」という趣旨を現在の視点で再考し、よりいっそう車の歴史・文化に親しみ、時代の流れの中で世界と日本の自動車産業がどのように絡み合いながら進化してきたかをさらに分かりやすく、より多くの方に伝えていくことを目的としている。

 今年1月の第1弾では、19世紀末の自動車黎明期から1950年代に至る展示内容を本館2階に集約し、8つのゾーンにて紹介した。
 今回のリニューアルでは、日本車のみであった本館3階に欧米車を含む常設展示初披露の19台も加えて展示する。戦後から現代に至る創造への情熱、独創的な技術やデザインの推移など、日米欧の自動車が互いに影響を受け、成長し、試練を乗り越えて発展してきた歴史を当時の時代背景とともに5つのゾーンで紹介する。
 これにより、本館常設展示は19世紀末の自動車誕生から現代までの発展を一望できることになる。

 当館では、今後も新館常設展示および館内施設のさらなる充実を行い、「モノ語る博物館」として自動車文化の発信に努めていく予定である。

 また、本館常設展示リニューアル記念展として、「バックヤード収蔵車展」を1月4日(水)から6月25日(日)まで新館2階で開催する。

 関連イベントとしては、講演会、学芸トーク、学芸スタッフによるガイドツアー、走行披露を実施する。また、新たな試みとして、クルマと文化を語るイベントを企画し、第1回は「本」をテーマに珈琲を楽しみながら語り合う大人のためのイベントも行う。

 上記内容の詳細や、その他イベント等の概要は以下のとおり。

1.展示リニューアル

オープン 2017年1月4日(水)
場所 トヨタ博物館 本館3階
内容 車両67台を下記5ゾーンで展示
(展示ゾーン1~8は本館2階)
 (670)

 (671)

2.リニューアル記念展

バックヤード収蔵車展
期間 2017年1月4日(水)~6月25日(日)
場所 新館2階 企画展示ゾーン
内容 常設展示以外にも貴重なクルマ約80台を収蔵しているバックヤード。
常設展示で紹介しきれない車両を、期間中入れ替わりで毎回10台程度展示。
1回目は、本館展示改装に伴い、常設展示されなくなる車両を展示する。
台数 12台
車両 ダットサン112型(1956)、スズライト SL型(1957)、トヨペット コロナ PT20型(1960)、ニッサン セドリック 30型(1960)、日野 コンテッサ PC10型(1961)、マツダ R360クーペ KRBB型(1961)、プリンス グロリア スーパー6 41型(1964)、スバル 1000(1967)、トヨタ 1600GT RT55型(1967)、ニッサン プリンス スカイライン 2000GT-B S54型(1967)、トヨタ カローラ スプリンター KE15型(1968)、トヨペット コロナマークⅡ RT62型(1968)
2回目以降の展示車両はHPに別途掲載予定。

3.関連イベント

①講演会
内容 日本の自動車文化を育む
日時 2017年3月12日(日) 14:00~15:30
場所 新館1階 大ホール(無料ゾーン)
講師 トヨタ博物館 館長 布垣直昭

②学芸トーク
内容 本館リニューアルについて
日時 2017年2月12日(日) 14:00~15:30
場所 新館1階 大ホール(無料ゾーン)
講師 トヨタ博物館 副館長 浜田真司

③学芸スタッフによる本館3階ガイドツアー
内容 学芸スタッフが改装された本館3階をゾーンごとに説明
開催日 2017年1月~2月の各土・日・祝 11:30~12:15

④走行披露
日時 2017年3月11日(土)、18日(土) 1回目/11:15~、2回目/15:15~
場所 P1駐車場(無料ゾーン)
走行車両 欧・米・日のクルマ3台(ガソリン自動車誕生とその40年後、80年後の車)
・ベンツ パテント モトール ヴァーゲン(独・1886)
・フォード モデルT クーペ(米・1927)
・トヨタ カローラ KE10(日・1966)
※天候等の理由により、やむをえず中止、または内容の変更をすることがある。

4.大人のためのクルマと文化を語るイベント

内容 TINYトーク クルマ×本×珈琲
日時 2017年2月11日(土) 14:00~15:00
場所 新館1階 TINY STUDIO(無料ゾーン)
定員 15名
対象 18歳以上
参加費 600円
概要 ミュージアムカフェCAR & BOOKSの選書をしているBACHの幅允孝氏と当館館長の布垣がカフェにある本を中心に語り合う。また、コクウ珈琲の篠田康雄氏がテーマを元に珈琲をセレクトし、提供する。 申込方法 必要事項(氏名、電話番号)を記入の上、メールにて申込み。
メールアドレス xk-museum_event@mail.toyota.co.jp
※定員に達し次第、締め切り。

5.ミュージアムカフェ CARS & BOOKSの充実

書籍を約20冊追加、杉の間伐材を使った床への変更など、よりリラックスしながら仲間とクルマを語り合える空間を目指す。

6.お正月イベント

①クルマの名前 かるた大会
日時 2017年1月7日(土)~9日(月・祝)
1回目/11:00~12:00、2回目/14:00~15:00
場所 新館1階 TINY STUDIO(無料ゾーン)
対象 小学生
参加人数 各回 4名/組×4組 先着順
参加費 無料
概要 当館収蔵車両を絵札にしたオリジナルかるたを使用した、かるた大会。

②大正時代の“のりものすごろく”体験
日時 2017年1月7日(土)~9日(月・祝) 12:00~14:00、15:00~17:00
参加人数 2人以上/組
概要 乗り物がテーマのすごろくを使い、当時の絵柄を楽しみながら遊ぶ。
※場所・対象・参加費は①と同じ

7.小学生無料入館日の設定

期間 2017年1月4日(水)~1月9日(月・祝)
トヨタ博物館のご案内
(1)所在地
愛知県長久手市横道41-100(名古屋瀬戸道路・長久手ICより西へ400m グリーンロード沿い)
TEL 0561-63-5151 FAX 0561-63-5159
ホームページ http://www.toyota.co.jp/Museum/
(2)開館時間
9:30~17:00(入館受付は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
12/12(月)~1/3(火)は館内改装により休館
(3)入館料
大人 1,000円 シルバー〈65歳以上〉 500円 中高生 600円 小学生 400円 団体割引あり
新館の1階、3階ライブラリー、3階ギャラリーは無料ゾーン
関連リンク http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/renewal02/index.html
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya