2017年3月22日 更新

廃車?そんなもったいない!「無料で廃車にしときます」と言われたら…

ディーラーの下取り査定で、「これは値段つかないですね、タダで廃車にしておきますので廃車手数料は無料で引き取ります」と言われたら要注意!動かなくなった車でも結構な値段で売れるって知ってましたか?

廃車?そんなもったいない!「無料で廃車にしときます」と言われたら…

「タダで廃車にしておきます」と言われたら要注意!

thinkstock (4299)

長く乗ってボロボロになった愛車から新しい車に乗り換えようと、ディーラーに行って下取り査定をしてみると、こんなことを言われることが有ります。

「あーこの車はボロボロで値段つかないですよ!廃車ですね!無料で引き取りますのでお代はいただかなくてもいいですよ」

本来なら廃車費用が取られるところ、タダで引き取ってくれるなんてありがたいなぁ…なんて思ったりしちゃいそうですが、それが大きな間違いなんです!

実は、そうしてディーラーで引き取った車は、例えボロボロの過走行車でも事故車でも、廃車にしないで業者に売っているってご存知でしたか?

動かなくても、バンパーがボコボコでも、実は買い取ってくれる業者があるんです。

なんでそんなことが可能かというと、それは海外で販売するため。
日本で販売するのとは違い、壊れて動かない状態でも、輸出して海外で修理して販売されるのです。
なので動かない状態でもタイヤが落ちてても買い取ってくれたりします。
買取事例|株式会社タウ その事故車。不要な人から、必要な人へ (4298)

ここまでボロボロでもこんな値段がつくのか!と驚きです^^;
修理見積もりが高額なら、なおさら売却できたらうれしいですよね。

売却しても車両保険は降りるので、買い替え資金にしちゃえばOK

もし事故を起こしてしまい、愛車が破損してしまったとしても、廃車にするくらいなら事故車買取店に売却してしまったほうが絶対にお得です!

ディーラーで廃車にすると言っても、結局事故車買取業者に売っているので、オーナーさんだけが損しているのです。
ディーラーの「廃車にしておきます」に騙されてはいけません。

車両保険に入っていたら、保険で修理して乗り続けるか、廃車にして保険費用は頭金にするかをディーラーに聞かれると思いますが、修理費用が高額になるなら、事故車買取店に売却してしまい、その上で保険を受け取って頭金にでもすれば良いのです。
買い取ってもらえば、ボロボロでも数十万円の査定額が出ることも多いです。
それと保険金を合わせれば、買い替えも少し良い車が買えるかもしれませんね^^

事故ってボコボコになってしまった車や、過走行で値段がつかないと言われた車をお持ちの方は、事故車買取り屋さんに査定の見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

査定自体は無料ですので、それで本当に値がつかなかったらディーラーに引き取ってもらえばよいですしね。

意外と知らない、廃車対策の豆知識でした!
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部