2017年6月2日 更新

スズキ新型スイフト試乗しました!その走りに感動!試乗インプレッション

2017年1月にデビューしたスズキの新型スイフトに試乗しました! 今回はその試乗ドライブフィールについてインプレッション!

前々回:スズキ新型スイフトRSt試乗しました!エクステリアインプレッション

前々回:スズキ新型スイフトRSt試乗しました!エクステリアインプレッション
2017年1月にデビューしたスズキの新型スイフトに試乗しましたのでそのインプレッションをお届けします!まず今回はそのエクステリアからご紹介!

前回:スズキ新型スイフト試乗しました!内装インプレッション

前回:スズキ新型スイフト試乗しました!内装インプレッション
2017年1月にデビューしたスズキの新型スイフトに試乗しましたのでそのインプレッションをお届けします!前回からの続きで、今回は内装をお届けします!

1.0Lターボとは思えないトルクとダイレクト感のあるミッション!

 (8308)

試乗させてもらったのは新型スイフトRStという、1.0Lターボのモデルです。
乗り込んでエンジンをかけますが、アイドリング中のエンジン音はかなり遮音が効いていて静かです。
 (8309)

実際に走り出してみると、この1.0Lのエンジンのトルクの太さに驚きました!

低回転からグイグイと加速!
ロックアップの比率が高いのか、6速ATとのマッチングも良く、ダイレクト感のあるトランスミッションだと思いました。
このミッションと1.0Lターボエンジンの組み合わせはかなり良いですね!
国産車ではちょいとみられないくらいのダイレクト感のある加速フィールです!
 (8311)

アイドリング中は若干ブルブルとした振動が伝わってきますが、走り出してしまえば意外とロードノイズも低く、エンジンからの遮音性も良いです。

ちょっと強めにアクセルを開けますが、3気筒エンジンとは思えないジェントルなサウンドでグイグイと加速していきます!
これはちょっと感動的ですらあります。
エンジン音も煩すぎることもなく、遠くの方で「グラララ…」と鳴っている感じで、心地よいです。

国産車でここまでのダイレクト感のあるドライブフィールは珍しいのではないかと思いました。
フィーリングとしてはBMWのエンジンとミッションの関係に近いです。
運転が面白いと感じるドライブフィールです。

ステアフィールもダイレクトで骨太!

 (8313)

ステアフィールも骨太です。
以前、先代スイフトの1.2L NAのモデルに乗ったことはありましたが、ここまでの骨太感のあるステアフィールではなかったと思います。
ボディ剛性が向上したことや、ダイレクト感のあるミッション、トルクのあるエンジンがそれぞれ上手く噛み合っているおかげで、ステアフィールもダイレクト感があるように感じます。

乗り心地は適度な硬さで心地よい

 (8324)

畦道のようなところを走り抜けると、ホイールベースが短いので路面の凹凸にややピッチングする感はありますが、乗り心地自体は悪くありません。
タイヤは16インチですが、硬さを感じることもなく、細かなギャップでガタピシするようなことはありません。
適度に丸みを感じる硬さで、マンホールなどもコツコツと乗り越えて行きます。

中間加速でもグイグイ行ける!

40km/hくらいで巡航中に、中間加速を試みます。

2000rpm以下にトルクの山があるのか、高いギアで中間加速をしても、シフトダウンせずにもグイグイ加速していきます。
このトルク感はとても1.0Lとは思えません!

50km/hで5速に入るほど、シフトがクロスしていますが、各ギアの守備範囲が広いのかどこから踏んでもトルクがモリモリ感じるのは素晴らしいです。
そして、エンジン音が抑えられているのが良いですね。
遠くで「グラグラ」という音が聞こえるのは、音だけ聞けば高級車のようにも思えます。
コンパクトカーでここまでの乗り味を実現しているとは思いませんでした。

新型スイフトRSt、恐るべし!

まとめ 国産車でもココまで来たか、という想い

 (8323)

今回の試乗を終えて感じたのは、ここまでのダイレクト感のあるドライブフィールは、かつて国産車では記憶に無いほどということ。

マツダのディーゼルモデルもトルク感はなかなか良かったですが、低速からのトルクの盛り上がりはスイフトのほうが感じられます。
スバルの直噴エンジンとCVTの組み合わせは、発進加速は力強いのですが、中間加速はややラバーバンド感がありました。

しかしこの新型スイフトRStでは、出足の発進加速も、中間加速でもトルクフルに加速。
本当にBMWを彷彿とさせるダイレクト感のあるドライブフィールでした。

素直に感動的でした。

国産コンパクトカーを検討されている方で、スイフトに乗ったことがない方は、ぜひ一度新型スイフトRStに試乗してみることをオススメします。
車好き、そしてドライブ好きなら、きっとこのダイレクト感のあるドライブフィールの虜になるのではないでしょうか。

新型スイフトが気になる方は、ぜひお近くのスズキのお店へ足を運んでみてはいかがでしょうか?
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部