2017年9月19日 更新

トヨタハイラックスがついに発表!!! ディーゼルで2グレード、TRD仕様も!

先日筆者は、ハイラックスの記事を書きました。今回トヨタでハイラックスが正式に発表されましたので、ハイラックスの詳細を記載していきたいと思います。

トヨタハイラックスがついに発表!!! ディーゼルで2グレード、TRD仕様も!

日本導入されるハイラックスは、どんな感じでしょう!

 (14975)

以前にもハイラックスに関しては上記記事を書きましたが、筆者はこのような記事を再び書こうとする場合は、いつも書くべきか悩みます。
発売前の車両は、筆者も色々調査したり考察したり、または推察して記事にするのですが、正式に発表になるとどの位的中したかが非常に不安であるからです。今回も前の記事をリンクしていますので、自分の記事が公式発表とずれているかもしれません。前もってお許しください。
さてこのハイラックスですが、日本導入はやはりダブルキャブ仕様のみとなりました。グレードは、2種類で基本的な仕様は同じようです。外装・内装の詳細に違いが有るようです(後述記載)。

Zグレード 燃費11.8 km/L 2.4Lディーゼル 4WD 5人乗り 3,742,200円
Xグレード 燃費11.8 km/L 2.4Lディーゼル 4WD 5人乗り 3,267,000円

・全長/全幅/全高=5,335/1,855/1,800(mm)
・直列4気筒2.393cc、110(150)/3,400kW(PS)/r.p.m、400(40.8)/1,600~2,000のトルク。
・6速オートマチック(6 Super ECT)
・(パートタイム 4WD)
と成っています。やはり2700ccのエンジンではなく日本では2400ccのエンジンを搭載してきました。
すみません、先にお詫びします。価格は予想をはずれ、高めの結果になってしまいました。
 (14974)

2つのグレードの違いは

まず外装上での違い。
①Zグレードは、LEDヘッドランプ、LEDフォグランプ、メッキグリル仕様→Xグレードは、ハロゲンに黒グリル。
②さらに、Zグレードは、ドアハンドル、リアバンパー、サイドミラーがメッキ調となっています。

内装上の違い。
Zグレード
※本皮巻きステアリング及びシフトノブ、オートエアコン、スマートエントリー、オプティトロンメーター、クルーズコントロール、上級ファブリックシート、各所シルバー装飾となっています。
●コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)
●パーキングブレーキノブ(メッキ加飾)
●車速感応オートロック機能付パワードアロック
●助手席サンバイザー( バ ニ ティミラ ー + チ ケ ットホ ル ダ ー 付 )
●グローブボックス(キーロック&ダンパー付)
● コ ン ソ ー ル ボ ッ ク ス( ソ フ ト リ ッ ド 付 )
●運転席6ウェイ(前後スライド・リクライニング・シート上下)&助手席4ウェイシート(前後スライド・リクライニング)
●シートバックポケット(買い物フック付)
●アクセサリーソケット(DC12V・2個)
●6スピーカー
●アクティブトラクションコントロール
●ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御
●リヤデフロック

Xグレード
※内装においては、普通のステアリングにマニュアルエアコン、キーレスエントリー、アナログメーター、普通ファブリックとなっております。
●パワードアロック
●グローブボックス(キーロック付)
●コンソールボックス
●運転席4ウェイ&助手席4ウェイシート(前後スライド・リクライニング)
●シートバックポケット
●アクセサリーソケット(DC12V・1個)
●4スピーカー

筆者的には、価格以上の差が、このグレード間では有るような気が致します。特に内装上の仕様の違いは、購入後の変更が効かないものが多いので注意が必要です。トヨタでも一般ユーザーと仕事で使うバージョンでくっきり分けている気がいたします。
 (14976)

 (14978)

エンジンに関して

今回採用されたエンジン2GD-FTVは、トヨタの海外向けディーゼルエンジンとしては安定したエンジンと筆者は考えます。
可変ノズル式ターボチャージャーや空冷式インタークーラー、コモンレール式燃料噴射システムなどの採用により、強大なトルクを実現しています(最大40㌔のトルク)。特に低速域から力強さを発揮し、高速まで伸びやかなパワーをもたらします。また、DPR(排出ガス浄化装置)や尿素SCRシステムなどの採用により、排出ガスをクリーン化。さらに、フリクションの低減などにより燃費を向上させたディーゼルエンジンです(トヨタエンジン説明を抜粋)。

元々諸外国のほうが、ディーゼルの排出ガス規制は厳しいです。この条件をクリアしていますのでエンジンに関しては、基本的に改良等はない形で導入されていると思います。

若干心配なのは、2トンを超える乾燥重量です。これを2400㏄でスムーズに走らせることが出来るディーゼルエンジンだとしたら、やはり凄い技術なんだろうと筆者は感じます。
筆者の乗っているディーゼル(時代遅れ)は、同じように2トン、3000㏄ターボ、170psで快適より少しマイナスといった感じです。
 (14979)

セーフティーサポートカーとして登場しました

セーフティーセンスC搭載とかP搭載という形でなく、セーフティサポートカーとして登場しました。
「セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)」は、高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。
http://toyota.jp/sapotoyo/sapo-car/
 (14980)

TRD仕様も発売!!!

 (14981)

今回のモデルチェンジを機に、TRD仕様のエアロも刷新されています。

北米では高い人気を誇るハイラックスですが、こうしたカスタムを楽しむのも個性が出て良いですね。
日本ではどの程度お需要になるかはわかりませんが、普通の車に飽きた人や、サーフィンなどをやる人には需要の高い車となりそうです。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me