2017年6月5日 更新

もし貴方が男性だったら、女の子が乗ってたら萌える車は?

chibica公式Twitterで、「もし貴方が男性だったら、女の子が乗ってたら萌える車は?」というアンケートを行っていました。 ラパン?S660?ムーヴキャンバス?はたまた渋いサンバー?!貴方なら女の子がどんな軽自動車に乗っていた萌えますか?

もし貴方が男性だったら、女の子が乗ってたら萌える車は?
 (9484)

もし貴方が男性だったら、女の子が乗ってたら萌える車は?

chibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

参加してくれた78名の皆様、ありがとうございました!

1位はなんとホンダS660!

 (9444)

ダントツの1位となったのが、ホンダのS660!
女の子がスポーツカーに乗っていたら、ギャップ萌えというやつでしょうか!!
女の子だからといって可愛い車に乗っているから良いと言うものでもないんですね。
萌えというのはギャップがあってこそ?!(笑)

たしかに女性がS660から颯爽と降りてきたら、ズキューンとハートを射抜かれてしまいそう…。
そのように感じている男性が47%もいたということですね。

2位はダイハツムーヴキャンバス

 (9445)

2位となったのがダイハツムーヴキャンバス!
19%と、1位のS660からは大差がついていましたが、それよりも興味深かったのは、可愛い軽自動車の代名詞でもあったスズキのラパンよりもムーヴキャンバスを選んだ方のほうが多かったということ。

ラパンよりもムーヴキャンバスに乗ってる女子のほうが好印象!?

3位はスズキラパン!

3位はわずかにムーヴキャンバスに及ばなかった、スズキのラパンが17%となりました。
可愛い軽自動車の草分け的存在のラパンですが、現行型になってさらに丸っこく可愛い感じになりましたが、ムーヴキャンバスの新しさには及ばなかったということでしょうか?
実際、販売数もムーヴキャンバスは絶好調のようで、4月の軽自動車販売2位にランクインしていたムーヴの内訳ではムーヴキャンバスが多いそうです。

スズキのラパンもうかうかしていられないどころか、完全にお株を奪われてしまった印象でもあります。
 (9446)

同着3位にスバルのサンバーが(笑)

じつはこれは担当のオフザケとして入れた回答だったのですが、思いの外投票数が伸びました(笑)
スバルのサンバーは、現在スバルでは作られておらず、ダイハツハイゼットのOEM供給となっています。
私がイメージするサンバーは、ホイールベースが短くボディが高いスバルが作っていた頃のものです。
そんな渋い車に、女子が乗っていたら…これまたギャップ萌えですね(笑)

chibicaでは定期的にアンケートを行っています。
こうしたおもしろアンケートも実施していますので、よかったらフォロー&参加してくださいね^^
 (9447)

17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部