2018年10月1日 更新

メルセデスAMG新型モデルA35 4Maticが、パリモーターショー2018で公開を発表!!発売は10月?!

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の高性能車部門である、メルセデスAMGが9月24日、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018において、メルセデスAMG「A35 4MATIC」公開することを発表。新グレードA35のエクステリア等を追っています!

メルセデスAMG新型モデルA35 4Maticが、パリモーターショー2018で公開を発表!!発売は10月?!

新型メルセデスAMG A35 4Maticのエクステリア等

フロントビュー

全体デザインは、モーターレーシングからインスパイアされた紛れもないインパクトがポイント。

強力なエクステリアデザインは、Aクラスのデザインイディオムに特徴的なAMGエレメントを追加して完成。ツインルーヴァーを採用したラジエターグリル、AMGラインフロントエプロンとエアインテーク、フロントスプリッターとシルバークロムトリムはエアダクトにあり、フロント部分に特徴を集中した印象に。
 (45454)

サイドビュー

サイドビューでは、空気力学的にチューニングされた18ツインスポークデザインのインライン軽合金ホイール、そしてAMGラインのサイドシルパネルが目を引く存在に!
 (45455)

リアビュー

リアビューでは、リアディープエプロンとディフューザーインサート、スポイラーリップ、ルーフと2つの円形テールパイプ・トリムがポイント。

ロバストな高性能ブレーキシステムを採用している点。高性能ブレーキシステムは、フェード耐性の強化と短い制動距離をさらに確保。

そのサイズは、実証済みのA45 4MATICモデルで実証しているとの事。フロントアクスルに新しい4ピストンモノブロック固定フロントキャリパーと350ミリメートルブレーキディスク。

1ピストンスライドキャリパーと330ミリメートルブレーキディスクのリアアクスルが装備。ディスクは、極端な使用であっても、熱をより良く消散させ、ブレーキ能力低下を防ぐために内部で通気される構造に。

シルバー塗装のブレーキキャリパーには、ブラックのAMGレターが付いていますね。
 (45456)

新型メルセデスAMG A35 4Maticの内装。

 (45457)

MBUXマルチメディアシステムを備えたスポーティなインテリアに仕上げ!

A35 4MATICのインテリアは、DINAMICAマイクロファイバーと黒、赤のコントラストのあるステッチと赤のベルト、またはARTICOの人工皮革を黒/デジタルグレーで使用したARTICO人工皮革のシートカバー付きメルセデス-AMGのエントリーパフォーマンスロジックのどちらかを選択。

マイクロファイバーのDINAMICAトリムエレメントの赤いパイピングと赤リングの通気ノズルがさらにアクセントを与えてますね。

3つのAMG表示スタイルを備えた完全デジタル・インストルメント・クラスター
顧客は、メータークラスターの3つのAMG表示スタイルを選択することが出来る模様。スーパースポーツモードは特に、中央の丸いレブカウンターと、スピードカウンターの左右に棒状で提示された追加情報を見ることも可能に。

AMGメニューでは、ウォームアップ、セットアップ、Gフォース、エンジンデータなどのさまざまな情報を特殊ディスプレイに映し出すことが可能のようです。

タッチスクリーンマルチメディアディスプレイと新センターコンソールタッチスクリーンのマルチメディアディスプレイは、運転プログラムの可視化、AMG TRACK PACE、遠隔測定データなど、個々のAMGディスプレイでダイナミックな表示に。

タッチパッド付きピアノラッカー仕上げのAMG特有のセンターコンソールでは、ESPR、手動トランスミッションモード、アダプティブダンピングシステムの機能を制御する追加のボタンを設置。オプションのレザーパッケージと組み合わせて、シルバークロームにアップデートも。
 (45458)

新型メルセデスAMG A35 4Maticのパワートレイン

306psの新しい4気筒ターボエンジンを搭載。

2000ccのターボエンジンは新開発で、新AクラスのM260 4気筒エンジンをベースに開発の模様。ドライブフィールは、アクセルペダルの操作、高い牽引力、非常に活発な応答性能と情意的なエンジン音が売りのようです。

高強度、軽量のダイカストアルミ製のクランクケースは、走行ダイナミクスにとって最も重要な場所で車両の重量を画一に軽減しているとの事。

ツインスクロールターボチャージャーによる洗練されたターボ。
これは、低速エンジンでの最適応答性と高速度での強力な出力向上の両方を兼ねそろえています。。ツインスクロールターボチャージャのハウジングは、2つの平行なダクトに分割されて、排気マニホールド内の2つの別個の排気ダクトと一緒になって、排気ガスをタービンホイール上に別々に圧送するシステム。

AMG SPEEDSHIFT DCT 7Gデュアルクラッチトランスミッション
新A35 4MATICの機敏でダイナミックな特性にも貢献するミッションに。ギア比は、ドライバーがすべての速度範囲で非常に機敏な加速を生み出せ、高速シフトとシフトアップ時の最適な接続を組み合わせらるように構成されている模様。

5つのAMG DYNAMIC SELECTドライビングプログラム が用意されている模様。"Slippery"、 "Comfort"、 "Sport"、 "Sport +"、 "Individual"は、幅広い車特性を快適からダイナミックまで可能にするモード。エンジンとトランスミッションの応答など、関連するパラメータをモードで変更。
 (44925)

まとめ

AMG A35 4MATICは2018年のパリモーターショーでその世界初演を飾るとの事です。そして販売は2018年10月に始まり、実際の納品スタートは、西ヨーロッパで2019年1月からとの事です。日本へも随時導入されるとの事です。比較的ミニマムサイズのベンツは、日本の道路事情によく合うのではないでしょうか!!!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me