2019年10月5日 更新

日産が、軽規格のEVとなる「ニッサン IMk」を世界初公開!

日産は、10/1に軽自動車規格のEVコンセプトモデルを初公開しました。同モデルは、先に開催される東京モーターショー2019でも展示されることも公表されました。同モデルのエクステリアや内装等の特徴等をご紹介します。

日産が、軽規格のEVとなる「ニッサン IMk」を世界初公開!

日産 初公開IMkの概要等

日産自動車株式会社(本社 神奈川県横浜市西区、代表執行役 山内 康裕)は、2020年代の「ニッサン インテリジェント モビリティ」が目指している将来の姿を具現化する電気自動車(EV)として、コンセプトカー「ニッサン IMk」を世界初公開しました。同社は、「ニッサン IMk」を第46回東京モーターショー2019に出展させることも発表しています。

「ニッサン IMk」は、新開発のEVプラットフォームを起用し、軽自動車規格というコンパクトなボディサイズでありながら、EVならではの力強くスムーズな走りと驚きの静粛性を実現する革新的なシティコミューターとして企画されています。

最新の運転支援技術やシームレスなコネクテッド機能を搭載し、ドライバーが自信を持って運転できるようサポートし、クルマでの移動をもっとワクワクした体験へ変貌させるモデルに仕上がっているとのことです。エクステリアには、洗練された都市景観から日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質でシックなデザインを採用し、新時代の小型EVの姿も提案していますね。

【東京モーターショー】コンセプトカー「IMk」車両概要ビデオ

日産 初公開IMkのエクステリア等

エクステリアデザインは、シンプルかつミニマルな仕様です。フロントからボディサイド、そしてリヤへと滑らかにパネルや線が流れていますね。ボディカラーには、日本古来より使われている金属で日本の文化に由縁ある「アカガネ」を起用し、細部に至るまで日本のDNAを盛り込んでいます。

バンパーやホイール、タイヤ、テールランプ、ルーフには「水引」模様の流れの美しさをヒントにスリットパターンを採用し、フロントグリルやリヤコンビランプには、木組みを配したような格子パターンを表現していますね。こうした日本の伝統的な表現は、近未来EVとの調和も良く、緻密でダイナミックなデザインに昇華しています。
 (67010)

日産 初公開IMkのEVとしての魅力等

クルマの電動化で市場をリードしたい日産としては、これまで世界初の量産型EV「日産リーフ」や、従来の駆動方式から一線を画した新しい電動パワートレインとなる「e-POWER」を通して、多くのユーザーにモーター走行がもたらす高い魅力を提案していますね。

「ニッサン IMk」は、日本の暮らしの中でちょうどいい「軽規格」サイズのクルマに乗りたいというユーザー向けに、電気自動車という新しい選択肢を提供できる準備をしているということでしょう。「ニッサン IMk」が採用した新開発パワートレインや低重心のパッケージングは、EVならではの力強く上質な走りと高い静粛性、また体験したことのない快適なドライビングを可能にするとの事です。

モーター駆動ならではのレスポンスの良いパワフルでスムーズな加速は、ストップアンドゴーや車線変更が多い街中だけでなく、傾斜のある道を走るときなど、あらゆる走行シーンで、軽自動車の常識を変える走りとなるよう仕上げています。
 (67011)

「ニッサン IMk」は、運転支援技術「プロパイロット 2.0」をさらに進化させた次世代の運転支援技術が搭載されています。高速道路での運転支援から、主要幹線道路にまで利用範囲を拡大させ、幅広いシーンでドライバーの運転をサポートできるように仕上げています。

スマートフォンを使ってクルマを自動的に駐車することができる「プロパイロット リモートパーキング」や、クルマから降りると無人の状態の「ニッサン IMk」が自ら空きスペースに駐車し、必要なときにドライバーがスマートフォンで呼ぶとドライバーの元まで迎えに来るドライバーレスバレーパーキング機能も採用しています。

運転経験の浅い方でも数々の運転支援機能により、安全で快適なドライビングを楽しめるように、日産の先進技術で多くのドライバーがあらゆるシチュエーションで安心して乗れるモデルに仕上がっていますね。

技術の日産として、無人の状態でのユーザーが楽に車にアクセスできたり、駐車できるようになるというユーザーが「あったら良いな」を惜しみなく搭載したEVに仕上げているのではないでしょうか。
 (67012)

日産 初公開IMkの内装等

「ニッサン IMk」のインテリアは、未来の自動運転時代に向けて、運転するのための空間から、快適な時間を過ごす「部屋」としての空間へ変貌することを意識して開発されています。直線やシンプルな曲面を使って構成された空間は、クリーンでモダンな部屋をモチーフにして、「アカガネ」のアクセントが上質さと艶やかさを加えていますね。

インストルメントパネルでは、スイッチを一切廃しし、ユーザーに必要な情報はアイコニックなプリズムディスプレイの中で、情報が空中に浮かび上がるかのように映し出される仕組みです。インタラクティブにパーソナライズされたGUIが、ホログラムのように映し出されてくる仕様となっています。

日本家屋の縁側や障子のような仕上がりは、プリズムディスプレイの手前と向こう側を視覚的に連続させるデザインとなり、奥行きや広さを感じさせ、リラックスできる楽しい空間となっています。コンパクトなEVパワートレインによって、ゆとりあるフットスペースには暗めの色を配色し、インテリア全体を包む淡い色とベンチシートによってラウンジのような空間に仕上げていますね。
 (67013)

まとめ

日産は、軽自動車のEVコンセプトモデルを開発し初公開しました。同モデルは、東京モーターショー2019にも出展されることが公表されています。今までの軽自動車の居住空間や走行性能とは全く違った作りに仕上がっているとの事です。同モデルが東京モーターショー2019に出展され、さらに市販化されることが楽しみですね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me