2017年1月24日 更新

「Ridgeline(リッジライン)」が「North American Truck of the Year」を受賞

HONDA公式サイトで1/10にリリースされたニュースをまとめます

「Ridgeline(リッジライン)」が「North American Truck of the Year」を受賞

「Ridgeline(リッジライン)」が「North American Truck of the Year」を受賞

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2017年1月9日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaのピックアップトラック「Ridgeline(リッジライン)」が1月9日、米国ミシガン州デトロイトで開催されている北米国際自動車ショーにおいて、「North American Truck of the Year」を受賞しました。今回の受賞は、2006年トラック部門の初代「Ridgeline(リッジライン)」に続き2世代連続での受賞となり、また、2016年乗用車部門の「Civic(シビック)セダン」に続き2年連続での受賞となります。

 この賞は、2016年に発売された新型車とフルモデルチェンジ車を対象に、50名を超える米国とカナダのジャーナリストにより、先進性、デザイン、安全性能、走行性能、顧客満足度などの総合的な評価に基づいて選考されたものです。

 2016年6月に発売したリッジラインは、初代モデル同様に、乗用車技術を活かしたモノコックボディーの採用と独自のパッケージングにより、クラス最大級※1の室内と荷台の広さを実現しました。縦と横の二方向に開閉可能なテールゲートに加え、荷台に本格的な音響システムを搭載するなど、Honda独自の装備を充実させることで、さまざまな用途に対応する、優れた使い勝手を実現しています。

 また、電子制御四輪駆動システム「i-VTM4」※2を採用し、さまざまな環境下で高い走行性能と牽引能力を発揮します。さらに、次世代ACE※3ボディーと先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用するなど、ピックアップトラックのカテゴリーに新たな価値を提供しています。生産は、米国アラバマ工場で行われています。

※1ミドルサイズピックアップトラックとして。Honda調べ(2017年1月現在)
※2Intelligent Variable Torque Management 4WD(インテリジェント・バリアブル・トルク・マネジメント4WD)
※3Advanced Compatibility Engineering(アドバンスド・コンパティビリティー・エンジニアリング)
リッジライン

リッジライン

4 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya