2017年7月18日 更新

高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?料金がかからない対処法をJAFが公開

高速道路を走っていて、目的のICをうっかり通り過ぎてしまうことってありますよね? そんなときどうすればいいか、行き過ぎても料金がかからない対処法などをJAFが公開しています!

高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?料金がかからない対処法をJAFが公開

バックや逆走は絶対にダメ!

gettyimages (7220)

目的のICを通り過ぎてしまったとしても、バックで戻ったり逆走することだけは絶対にしてはいけません!

高速道路の逆走事故は、死傷事故となる割合が、高速道路の事故全体に比べ約5倍にもなるそうです。
しかも、故意に逆走を開始したケースの5割以上が、道や行き先の間違いに気付いて戻ろうとしたことによるものだそうです。
たしかにたまにバックで戻っている車を見かけたりしますが…

料金をケチって命を落としたら元も子もないですからね。
しかも、目的のICを通り過ぎてしまったとしても、追加料金がかからない方法があるそうです!

目的のIC(インターチェンジ)を行き過ぎたときの対処法「特別転回」

もし、目的のICを行き過ぎた等の場合でも、以下の手順をとれば当初流入したICから目的のICまでの通行料金にすることも可能だそうです!
この方法を「特別転回」と言うそうです。

絶対にバックや逆走だけはしないで、慌てず次のICで対応するようにしましょう。

1 高速道路上でバックやUターンをせず、そのまま走行し、次のICで流出する

2 料金所では、ETCレーンではなく、一般レーンに進み、料金所係員に申し出る

ETC/一般共用レーンでは、ETCが反応しないよう、カードをあらかじめ抜いておきましょう。
(ETC通信してしまうと、料金決済が完了し上記対応が受けられなくなってしまいます)

※料金所係員がいないレーン(無人の料金精算機)の場合は、係員呼出ボタンで呼び出しましょう。

3 目的のICまで戻れるよう案内してもらえるので、料金所係員の指示に従う

4 目的のICに戻った際には、上記の2と同じように料金所係員に申し出る

この手順で戻ってきた場合の通行料金は、当初流入ICから目的のICまでの通行料金となります。

※ICの構造等によっては、上記の対応が受けられない場合があります。
高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?|JAFクルマ何でも質問箱 (7216)

目的のIC過ぎても料金かからないなら安心!

GWや夏休みなど、ドライブ行楽シーズンとなりますが、この情報を知っておけば目的のIC過ぎても料金がかからないので安心ですね!

逆走やバックをしないでも、安心して目的のICまで戻ることが出来ます。

目的のIC過ぎても焦らずに、次のICでETCカードを抜いて、有人の一般ゲートに入って係員さんに相談しましょう。
この方法さえ知っていれば安心ですね!

詳しくはJAFのHPにてご確認ください↓
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部