2018年3月26日 更新

Audi Q2 #anniversary limitedを発売!一周年記念モデルとして400台限定。このモデルの特徴を紹介

3/5に発表されたAudi Q2 #anniversary limitedは、実際に販売店さんに並ぶのが、3/19以降となっています。特別仕様らしい装備を携えて登場しているでしょう?!その内容・デザイン等を追ってみます。

Audi Q2 #anniversary limitedを発売!一周年記念モデルとして400台限定。このモデルの特徴を紹介

Audi Q2ってどんなクルマ?

2016年のジュネーブモーターショーにて発表されたアウディの中でも非常に新しいモデル。Qシリーズの中では、1番ミニマムなSUVとして販売されています。

エンジンは、日本国内では1000㏄と1400㏄ガソリンがラインアップされ、FFの設定のみとなっています。このアウディQ2に販売開始1周年を記念して#anniversary limitedが限定400台で3月より販売開始されました。

通常仕様と限定仕様とでどのような違いがあるのかを検証していきます!

Audi Q2 #anniversary limitedの仕様

Audi Q2 1.0 TFSI sportが、ベース車両となっているようですね!

Audi Q2開発コンセプトは?
街中で走行・マッチするようなデザイン、そして走行性能の高さがコンセプトの同車。

非常にコンパクトな設計ながら容積を充分に確保し、ユーザーの普段の荷物や買い物にも不自由しないような配慮もされています。

エクステリアデザインは、アウディとひと目でわかる様にしながらも、新採用のポリゴンデザインコンセプトによって直線と曲線が織り成すデザインは、他のアウディとは一線を画すように設計されているとの事。

 (26289)

Audi Q2 #anniversary limitedはどんな特別が???

今回のアニバーサリーモデルでは、全4色をラインアップ。Cピラーのメタリック及びグレーは、エクステリアカラーによって違いがある模様です。

カラーは、タンゴレッドメタリック・ミトスブラックメタリック・ナノグレーメタリック・グレイシアホワイトメタリック。


 (26284)

使い勝手を向上させたオートマチックテールゲートを標準装備。これにより両手がふさがっている状態でも、スイッチひとつでリアハッチがオープンできます。

 (26282)

アニバーサリーモデル限定の17インチアルミホイールを特別装備。7スポークローターデザインとなっていますね!
 (26285)

今回の限定モデルを1番主張しているのが、インテリアデザイン。デコラティブパネル(ダッシュセンター部の一本のパネル)レッドや専用レッドクロスシートが光るブラック&レッドのスタイリッシュなインテリア(フロントシート)。

今回の大きな目玉でもあるインテリアの特別装備。これは、限定車だからこそ出来る装備ですね!
 (26286)

Audiが誇るバーチャルコックピットも標準装備。
革新的な12.3インチの高解像度フルデジタルインストルメントパネルが、ドライバーのニーズに合わせてフレキシブルな画像を提供してくれます。MMIナビゲーションとの併用で、高解像度の画面に3D地形図のナビゲーションマップをメーターパネル内で表示。

この機能が装備されているのは非常にお得感が満載であります。
 (26287)

バーチャルコックピットユニットと連動していることで効果を相互に発揮するMMIナビゲーションシステム。こちらも標準装備されています。
 (26288)

Audi Q2 #anniversary limitedのパワートレーンや安全装備

パワートレーンは、
1000㏄直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボに7速Sトロニック。
全長×全幅×全高(㎜)=4,200×1,795×1,530(㎜)

安全装備は、
①アダプティブクルーズコントロール
②アウディプレセンスフロント
③アウディパーキングシステム/リヤビューカメラ
④アウディサイドアシスト
⑤アウディアクティブレーンアシスト
等が標準装備。これに先進機能のバーチャルコックピットがプラスされています。

参考URL
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q2/q2.html#

まとめ

3月より販売のAudi Q2 #anniversary limited。価格設定は、2種類。
4,290,000円(ボディカラー: タンゴレッドメタリック / ミトスブラックメタリック / ナノグレーメタリックの場合)。4,320,000円(ボディカラー:グレイシアホワイトメタリックの場合)。

標準の1.0 TFSI sportが、3,640,000円です。
筆者は、オプション設定価格を調べてみました。バーチャルコックピット50,000円にMMIナビ350.000円、オートテールゲート70,000円、アシスタンスパッケージ130,000円をオプションにした場合、5,410,000円となりました。

ということは、専用シートや専用アルミホイールを考慮するとお安い価格帯であるともいえますね!やはり特別装備が付いていて、お買い求めやすくなっているという点が、ポイントではないでしょうか?

アウディQ2をご購入検討されている方には、朗報といえるでしょう!!!



22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me