2018年5月6日 更新

ホンダ新型CR-V(CRV)の発売日は2018年8月か!3列シート&ハイブリッドで復活なるか!価格や燃費も予想!

現在、日本モデルは撤退してしまったホンダのSUV、CR-V(CRV)が次回のフルモデルチェンジを機に日本でも再デビューする予定です。その発売日や内装などのレポートをお伝えします!

ホンダ新型CR-V(CRV)の発売日は2018年8月か!3列シート&ハイブリッドで復活なるか!価格や燃費も予想!

ホンダ新型CR-Vのエクステリア画像

2018年夏に発売が予定されている新型CR-Vですが、東京モーターショー2017では2台の新型CR-Vが先行展示されていました。

すでに海外では1年以上前から販売されているモデルなので、現在のホンダの最新のデザインから比べると少し違う印象を受けましたが、完成度は高いですね。
 (28300)

新型CR-Vは、今までのどのホンダ車とも似ていない個性的なエクステリアです。
 (17265)

グリルのメッキパーツのデザインも、最近のホンダのシグネチャーウイングとは異なりますね。
 (17267)

リアデザインは、リアコンビネーションランプもL字型に縦に伸びるデザインは、他のホンダ車ではフィットにも通じるデザインですね。

ミドルサイズSUVは、昨今人気なので、ホンダとしてはCR-Vを復活させてシェアを獲得したいということでしょう。
ライバルはエクストレイルやハリアー、フォレスターなどになると思いますが、新型CR-Vはそれらに負けない個性があると思います。
 (18871)

すでに海外で販売されているターボモデルは内部まで閲覧可能でしたが、ハイブリッドモデルは外側のみが公開されていました。

実際に目の当たりに新型CR-Vを見た感想としては、やはりすでに海外では販売されているので現実感のある内外装だと思います。
最新のホンダのエクステリアデザインからは少し異なる顔つきとなり、1年以上前から北米で販売されていたのでその点では目新しさは感じられませんでしたが、内装に関しては昨今のホンダの内装クオリティを担保しており、ライバルに対しても引けを取らないレベルにあると思います。
 (26717)

新型CR-Vには電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドも搭載。
 (24284)

3列シートなので、2列目シートもゆったりしています。

パノラマルーフの設定もあるようです。
 (26719)

3列目シートはさすがにミニマムですが、使用しない時には折りたたんで収納できるので、ワゴンのように使うのも良いですね。
 (26718)

CR-Vは、日本ではセールスも不調で販売終了となってしまっていましたが、今回の新型CR-Vは日本で発売しても売れる要素は十分にあると思われます。
特に、3列シートSUVはまだまだ少ないので、ニーズはありそうです。
 (26716)

世界で新型CR-Vが発売、さらに欧州でも

97 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部