2018年12月25日 更新

N-BOXに勝つにはこれしかない! スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売

スズキは、軽ハイト-ルワゴンの「スペーシア」に、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴンをコンセプト」とした、新型「スペーシアギア」を設定し、20日より発売しました。価格は1,614,600円からとなっています。

N-BOXに勝つにはこれしかない! スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売

SUVな軽ハイトワゴン 新型「スペーシアギア」とは?

 (52818)

「スペーシア」、「スペーシア カスタム」に加え、SUVデザインの新しいスタイルの車として、軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと考えるユーザーに向けた新型「スペーシアギア」を設定することで、軽ハイト-ルワゴンマーケットを独走するホンダの「N-BOX」に一矢を報いることなりそうです。
 (52819)

エクステリアには、丸型のヘッドランプ、フロントグリル、フロント・リヤバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをガンメタリック色に統一した専用装備や、積載に便利なルーフレールの標準装備により、SUVらしいタフでアクティブなデザインとしています。
スペーシア ギア インテリア | スズキ (52808)

 (52820)

また、ブラックを基調としたインテリアには、メーターやシートステッチなどにオレンジのアクセントカラーを施し、ツールボックスをモチーフにしたインパネアッパーボックスを採用。タフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出となります。

アウトドアライフに最適な装備を満載

 (52821)

バックドアネット」を装着車

バックドアネット」を装着車

また、日常だけでなくアウトドアでも水濡れや汚れを気にせず使える、撥水加工を施した専用ファブリックシート、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面を採用。

そして、後席右側のパーソナルテーブルや、メッシュタイプの助手席シートバックポケットなどを採用し、アクティブライフに役立つ使い勝手の良さを高めています。

マイルドハイブリッドとデュアルセンサーブレーキサポートを全車に搭載

スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売|スズキ (52823)

さらに、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載したほか、スリムサーキュレーター、後席両側ワンアクションパワースライドドアなど快適装備を充実させています。

そして、前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備したほか、フロントガラス投影式の「ヘッドアップディスプレイ」をメーカーオプション設定し、安全装備を充実させました。

新型「スペーシア ギア」の主な概要

スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売|スズキ (52824)

販売目標台数(月間) 「スペーシア ギア」 2,000台
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

HYBRID XZ 2WD 1,614,600円 4WD 1,732,320円
HYBRID XZターボ 2WD 1,695,600円 4WD 1,813,320円
スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売|スズキ (52825)

・専用フロント/リヤバンパー
・LEDヘッドランプ/ポジションランプ/フロントフォグランプ
・サイドアンダー/ヘッドランプ/サイドドアガーニッシュ/バックドアガーニッシュ[ガンメタリック]
・専用フロントグリル[ガンメタリック&メッキ]
・カラードドアハンドル/ミラー[ガンメタリック]
・14インチアルミホイール[ハーフホイールキャップ付]
・ルーフレール
・ガンメタリック2トーンルーフ(メーカーオプション)

・ファブリックシート表皮[撥水加工、オレンジステッチ]
・メーターリング、エアコンルーバーリングにオレンジ加飾
・インパネカラーパネル[ガンメタリック]
・インサイドドアグリップ加飾[シルバー]

・パーソナルテーブル
・ショッピングフック3個
・折りたたみ格納式](後席右側)
・助手席シートバックポケット[2段、メッシュタイプ]
・防汚タイプラゲッジフロア
・運転席/助手席シートヒーター

まとめ

SUVデザインの軽トールワゴンといえば、スズキにはハスラーがありますが、今回の「スペーシア ギア」はより背が高くスライドドアを装備するスペーシアがベースとなっています。ボディサイドの面積がより大きいこともあり、ハスラーよりインパクトがあり、もともと「道具」感が強いスペーシアには、このSUVデザインがピッタリ。これは他のライバル車にはない強みがあり、一気にスペーシアがジャンプアップするかもしれません。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン