2017年9月13日 更新

ホンダ新型インサイトが開発中?! 過去のインサイトの紹介と新型インサイトを徹底予想!

現在ホンダでは、Honda Clarity fuel cellという形でリース専用の燃料電池車を販売しています。価格は766万円のワンプライス設定でしかもリースのみとなっています。デザインは、新型インサイトの見本となると感じます。一般のユーザー向けにインサイトを再び復活させるというお話が浮上してきました。インサイトのお話をして参ります

ホンダ新型インサイトが開発中?! 過去のインサイトの紹介と新型インサイトを徹底予想!

歴代のインサイトをちょっと紹介!!!

初代 ZE1型(1999から2006年)
1997年今から20年前に初代インサイトは登場しました。当時のNSXの技術を応用して軽量アルミフレームを採用したり、1000㏄エンジンにモーター補助という当時の最高水準のハイブリッドを搭載して販売されました。徹底的に空力抵抗にこだわった外装デザインに、燃費向上も含めた2名乗車によって当時の最高水準10・15モードにて35km/Lを達成した車両でありました。2度のマイナーチェンジにて空力抵抗の更なる低減、モーターの改善にて36km/Lまで燃費を伸ばしたモデルです。


2代目 ZE2/3型(2009年から2014年)
トヨタプリウスがライバルとなった2代目インサイト。既に販売開始されていたプリウスに対抗すべく初代から少しブランクをあけて登場しました。その為、5人乗車でプリウスと同じような雰囲気の外装デザインともなりました。元々は、インサイトが先に提案したデザイン形状でもありましたが、プリウスの販売数量の関係で後追いしている感じになってしまいました。
エンジンは、当初1300㏄(後に1500㏄)、アルミフレームはコストの関係から採用せずに、フィットのコンポーネントをベースに軽量化を行いました。信号停止時のアイドルストップ等も装備されたモデルです。この2代目は、22.2km/Lという燃費で当初発売されマイナーチェンジにて27km/Lまで改善されました。2014年に販売数量の低迷やシステム自体の旧型化により販売が終了しました。このインサイトが再び開発され販売されるという情報が入りましたので次項で解明して行きたいと考えます。

2代目インサイト

 (14781)

新型インサイトをいろいろな角度から解明してみます!!!

新型インサイトのスパイショットですが、外装はフェイク(カモフラージュ)されているようです

 (14783)

新型インサイトを解明してみる!
①外装デザインは、今までのインサイト同様空力をきちんと考えた形状となるのではないかと考えます。そしてその空力を考えたデザインが、すでにホンダでは販売されております。それが、冒頭にも書いたHonda Clarity fuel cellという車種です。この形状に近くなると筆者は考えます。
但しサイズは、Honda Clarity fuel cell全長×全幅×全高=4.915×1.875×1.480(㎜)に対して、インサイトは 全長×全幅×全高=4.450×1.730×1.430(㎜)程になると考えます。

②フレームは、今回はシビックのフレームを用いると考えます。今回は3ナンバーサイズとなると予想します。

③パワートレーンは、1500㏄のエンジンに1モーターのSPORT HYBRID i-DCDでなく、2モーターのSPORT HYBRID i-MMDを採用してくると考えます。
参考URL
http://www.honda.co.jp/tech-story/engineer/engineer-talk/i-mmd/

④燃費性能は、トヨタプリウスを超えるために開発するのですから43km/Lほどの水準になってくると感じます。

⑤安全装備は、やはりHONDAセンシングを搭載してくることが確実でしょう!

⑥価格は、230万~290万円くらいを目標に開発していただきたいと思います。完全に新開発のものというよりは、いろいろな部分を既に開発してきたものの融合と筆者は捕らえるからです。また後追いのインサイトは、プリウスより若干でも良いので価格帯を下げて販売するだろうと考えるからです。

CLARITY fuel cellを縮尺した感じが新型インサイトではないかと感じます!!!

 (14786)

 (14788)

今後のインサイトの将来

発売当初は、ハイブリッドのシステムということになると思いますが、将来的にはホンダ独自開発のプラグインハイブリッドとなっていくのではないでしょうか?なぜならライバルのプリウスもプラグインハイブリッドの量販を行えるようになっており、その燃費は実に60km/Lを軽くオーバーしております。これからの時代の流れやライバルの状況から判断するにプラグインハイブリッドや燃料電池車という構図が未来に見えてきていると筆者は感じます。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me