2017年2月20日 更新

フランスのエスプリとクラスを越えたクオリティで大好評のルーテシアが大きく進化。~定評ある走りはそのままに内外装をブラッシュアップすることで、より魅力的なルーテシアが完成。~

ルノージャパン公式サイトで2/9リリースされたニュースをまとめます

フランスのエスプリとクラスを越えたクオリティで大好評のルーテシアが大きく進化。~定評ある走りはそのままに内外装をブラッシュアップすることで、より魅力的なルーテシアが完成。~
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2916)

フランスのエスプリとクラスを越えたクオリティで大好評のルーテシアが大きく進化。

定評ある走りはそのままに内外装をブラッシュアップすることで、より魅力的なルーテシアが完成。

 ルノーファンの皆さん、ボンジュール! 雪景色や透明度の高い青空などを味わいながら、冬のドライブを楽しんでいますか? 今日は「ルノー ルーテシア」についてお知らせさせてください。
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2918)

新たに設定されたルージュ ドゥ フランス Mをはじめ、カラーバリエーションは6種類。選択できるカラーはグレードにより異なる。(写真はインテンス&ゼン)
 ルーテシアが生まれ変わります。いまフランスで人気があり、沢山の方々から支持されているルーテシアですが、その魅力に磨きをかけ、さらに愛されるルーテシアを目指し、このたび新型へと進化を遂げることになりました。  そのテーマをひと言でいうならば、「さらなる上質さの追求」です。ルーテシアは本国フランスだけでなく、お隣のドイツでも内外装の質感が高く評価されています。そこで、今回はすでに定評のあるクオリティを一段と際立たせることで、ファンの皆さんにとってより魅力あるルーテシアを作り上げることにしたのです。
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2920)

ひと目で新しいルーテシアと分かるLEDピュアビジョン・ヘッドライトの新型ランプ・シグネチャー。(インテンス、ゼン)
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2921)

バックランプもシャープな形状に。計算され尽くしたディテール、そのすべてにこだわりがある。
 まずはエクステリアの変更点をご説明しましょう。そのフロントマスクで最も特徴的なのは、新たに設定されたフルLEDヘッドランプ。これで一段と彫りの深い表情を得ただけでなく、スポーティでよりハイテクなイメージを手に入れました。同じくフロントセクションでは、スポイラーにまるでF1マシンのフロントウィングのような抑揚ある造形を採り入れ、クオリティだけでなくスポーティさを強調したデザインとしました。
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2923)

フロントビューだけでなく、リアビューにもスポーティさとエレガントさを演出。日常のドライブも気持ちが高まる。
 インテリアでは自動防眩ミラー、LEDマップランプ、サンバイザーランプを新装備。主に夜間のドライビングでの使い勝手を向上させました。また、新型ルーテシアのインテンスはシートのデザインを一新。ソフトなベロア調ファブリックとレザー調コンビシートがスポーティかつ上質な雰囲気を演出しています。  装備面では、従来のルーテシアではインテンスだけに装備されていたバックソナーが標準装備されたほか、お手持ちのスマートフォンと接続してナビゲーション、電話、音楽メディア、オンボードコンピューターの操作や表示などができるR&Goがゼンで利用可能となりました。  ボディカラーも見直されています。これまでのルーテシアのイメージカラーとされたルージュ フラム M(メタリック)に代わって設定されたのがルージュ ドゥ フランス Mと呼ばれる新色。これは鮮やかなレッドにほのかなゴールドもしくはブラウンを加えたように見える、深みのあるカラーです。フランスを魅了したルーテシアにより相応しい上品さと情熱を醸し出しています。また、高級感漂うグリ チタニアム Mとブルーアイロン Mがラインアップに加わったほか、インテンスではブラン ナクレも追加となりました。
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2925)

機能的にデザインされた空間と充実した装備。移動をより快適な時間とするための創意工夫にあふれたインテリアを提案。(写真はインテンス)
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2926)

R&Goアプリケーションをスマートフォンにインストールしておくことで、カーナビ、メディアなどの機能を利用することができる。(ゼン、アクティフ)
 さらに新型ルーテシアでは新グレードのアクティフ*が設定されます。こちらはヘッドランプがインテンスやゼンのフルLEDからハロゲンに改めたほか、ステアリングはウレタン素材、16インチアロイホイールはカラーをシルバー(インテンスとゼンではスポーク側面のみブラックに塗装)に変更し、199万円*というお求めやすい価格を実現したモデルです。なお、新型ルーテシアのインテンスは装備が充実したにもかかわらず従来の価格を10万円以上も下回る229万円*に設定。ゼンも219万9,000円から217万円*へと見直されました。  そして新型ルーテシアの誕生を記念して限定モデルの「ルノー ルーテシア S MT」を発売します。こちらはパワートレインを3気筒0.9Lターボと5MTの組み合わせとする一方、装備はアクティフをベースにした内容となっています。価格は199万円*、販売台数は全国100台限定です。  「恋に落ちる」=「LOVE」を表現するルーテシア。生まれ変わり、より磨きをかけられた上質さは、もっと恋に落ちる魅力を秘めています。ぜひ新型ルノー ルーテシアの全貌を、お近くのルノー・ディーラーにてご確認してください。

*メーカー希望小売価格、消費税含む
Renault Japon | Official Web Site | RENAULT PRESSE #61 WHAT’S NEW:「さらなる上質さ」を追い求めて ルノー ルーテシアが進化 (2928)

インテンス専用の17インチブラック・ダイヤモンドカットの新オプティミックホイール。シルエットをさらにダイナミックに。
 (2929)

ゼン、アクティフは16インチアロイホイール。ゼンではスポーク側面のみブラックに塗装が施されている。(写真はゼン用)
製品公式サイトはこちら
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya