2019年3月10日 更新

オフロード走行で力を発揮!スズキのジムニーの魅力を紹介します!

ジムニーはスズキの軽自動車であり、他のモデルと比較しても特に個性的なモデルになっています。今回はそんなジムニーの魅力を紹介していきます。

オフロード走行で力を発揮!スズキのジムニーの魅力を紹介します!

ジムニーってどんな車?

ジムニー | スズキ (56621)

ジムニーは、スズキが1970年から生産・販売している軽自動車のオフロード四輪駆動車です。現行モデルは4代目のモデルとなり、2018年から販売されています。発売当初は軽自動車初の本格四輪駆動オフロード車として発表され、格段に大型の四駆車しかラインナップされていなかったのもあって注目を浴びました。
外観からもわかるように山道や雪道などのオフロード走行に特化しており、アウトドアが好きな人にはうってつけのモデルになっています。

ジムニーの外観

ジムニー | スズキ (56624)

外観は、四駆車らしい直線的で硬派なデザインが魅力的です。フロント部分も軽自動車とは思えない力強さを感じ、アウトドア好きの男性ユーザーが気に入りそうなデザインになっています。外観からわかるように最低地上高が205mmとなっているので、本格的な悪路もしっかり走破してくれます。

ジムニーの内装

運転席周り

ジムニー インテリア | スズキ (56628)

運転席周りは、水平基調のデザインで視認性と操作性に優れています。速度メーターとタコメーターも数値と指針が赤色になっており、スポーティーな印象を感じさせます。男性受けしそうな運転席周りなので、座った瞬間に運転する楽しみを与えてくれます。

室内空間

ジムニー インテリア | スズキ (56656)

室内空間は、3ドアであるので後席のスペースは余裕があまりありませんが、4人が乗車できるスペースはしっかりと確保されています。前席は通常の軽自動車と変わらないくらいのスペースがあるので、快適に乗車できると思われます。

ラゲッジスペース

ジムニー 収納スペース | スズキ (56780)

ラゲッジスペースは、後席を収納すれば9.5インチのゴルフバッグ(長さ1,300mm)が横に2個、もしくは2人分の登山道具などが積載できます。助手席も収納すれば仕事で使う脚立などの長尺物も積載可能なので、シーンによってアレンジも可能です。

ジムニーの走行性能

ジムニー 走行・環境性能 | スズキ (56783)

まずジムニーの燃費性能は、WLTCモードで最大16.2km/Lとなっており、軽自動車としては特別良い数値ではありませんが、オフロード四輪駆動車としては良い数値になっています。
走行性能は、オフロード走行に強い点が何よりの魅力であり、パートタイム4WDという機能で様々な路面状況に対応してくれます。パートタイム4WDは、路面状況などに応じて2WDと4WDを任意に切り替えて走行できます。その際、2H(2WD)・4H(4WD高速)・4L(4WD低速)のモード切り替え操作を行なうのが副変速機です。4Lは急な登坂路や悪路の走破性を高めるために、通常の約2倍の駆動力を発揮します。ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトな操作感があるトランスファーレバーで行うことが出来ます。
取り回しの良さもジムニーの魅力であり、最小回転半径は4.8mとなっています。軽自動車であるのでこの小回りの良さは運転する時には、狭い道などで助かりますね。
機械式副変速機

機械式副変速機

トランスファーレバー

トランスファーレバー

クルーズコントロール

ジムニー 走行・環境性能 | スズキ (56804)

ジムニーには軽自動車では珍しいクルーズコントロール機能が搭載されています。
この機能は、設定した速度(約45km/h〜100km/h)を自動的に維持し、アクセルペダルを踏み続ける必要がなく、高速走行時や長距離ドライブを快適にサポートしてくれます。

ジムニーの価格

ジムニーの価格は、1,458,000円(XG)~1,841,400円(XC)になっています。
オフロード四輪駆動車は価格が高いものが多いですが、このジムニーはオフロード四輪駆動車でありながらも軽自動車なのでこの価格で購入出来、かなりお買い得だと思います。

まとめ

今回はスズキのオフロード四輪駆動車であるジムニーの魅力を紹介してきました。
軽自動車でありながら本格的なオフロード四輪駆動車であるため、走行性能は高く、あらゆる路面に対応してくれます。外観も他の軽自動車とは違って個性的なので、コアなファンも多いです。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi