2017年3月5日 更新

アウディ、「コンシューマーレポート」自動車ブランドランキングで再び第1位に

Audi japan公式サイトで3/3にリリースされたニュースまとめ

アウディ、「コンシューマーレポート」自動車ブランドランキングで再び第1位に
アウディジャパン公式サイトでアウディがアメリカ「コンシューマーレポート」の自動車ブランドランキングで2年連続首位に、ラグジュアリー部門ではAudi Q7が「ベストラグジュアリーSUV」を受賞したと発表がありました。

アウディ、「コンシューマーレポート」自動車ブランドランキングで再び第1位に

アウディ、「コンシューマーレポート」自動車ブランドランキングで再び第1位に | Audi Japan Press Center - アウディ (3851)

>アメリカの自動車ブランドランキングでアウディが第1位獲得

>ラグジュアリー部門では、Audi Q7 が「ベスト ラグジュアリー SUV」に選出

>AUDI AGセールス&マーケティング担当取締役ディエトマー フォッゲンライター:「第1位獲得はアウディのアメリカにおけるマーケティング戦略を確固たるものにした」

アメリカの代表的な消費者情報雑誌 コンシューマーレポートが2017年度に行った評価で、アウディが自動車ブランド第1位を獲得しました。アウディが第1位となるのは昨年に続き、2年連続となります。AUDI AGセールス&マーケティング担当取締役ディエトマー フォッゲンライターは、「2016年は、アウディにとってアメリカにおける記念すべき年となりました。アウディにとってアメリカは世界で3番目に大きい市場です。我々はこの評価を大変誇りに思います。これを励みに、引き続きスポーティかつ効率的さらにネットワーク接続されたクルマで、アメリカのお客様満足度を高めていきたい」と述べました。

コンシューマーレポートオンライン版では、これにさきがけて“Which brands make the best vehicles? (どのブランドが最高のクルマを作ったか)”の結果を発表。ロードテスト、クルマの信頼性、オーナー満足度、安全性評価を含むテストでアウディが総合第1位、ポルシェ、BMWがそれぞれ2位、3位と続きました。

また、コンシューマーレポートは“10 トップ ピック オブ 2017: ベスト カー オブ ザ イヤー” も選出し、Audi Q7がラグジュアリーSUV部門の第1位を獲得しました。コンシューマーレポートはアメリカの独立機関として、日用品をテスト、評価、比較し、その結果を毎月誌面で公表しています。
コンシューマーレポート公式サイトでもトピックスになっていたので2位以下のランキングを拾ってみました。

1位 Audi
2位 Porsche
3位 BMW
4位 Lexus
5位 Subaru
6位 Kia
7位 Mazda
8位 Tesla
9位 Honda
10位 Buick

ちなみにトヨタは11位、日産は22位でした。
11位以下のランキングは気になる方はリンクからチェックしてみましょう!
スコアが見れるので面白いですよ^^
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya