2017年12月11日 更新

2018年にAlfa Romeo Stelvioが発売開始されそうです!初めてのSUV発売に期待が高まります!

アルファロメオ1世紀以上の歴史ではじめてのSUVの登場です。かなりアルファロメオとしても力を入れて開発したことが伺えます。Alfa Romeo Stelvioを追いかけてみます!

2018年にAlfa Romeo Stelvioが発売開始されそうです!初めてのSUV発売に期待が高まります!

まずは、動画から!

アルファロメオが誕生して1世紀以上経つ中で始めてのSUVの登場です。アルファロメオのStelvioに対する意気込みが感じられる動画になっております。

エクステリアデザインは???

アルファロメオでは、滑らかで魅力的なラインを強調していくことを目的としてデザインされているようです。

フロント部分は、ひと目でアルファロメオとわかる様にデザインされております。その中でもバンパーの張り出し感が強調されていて美しいデザインを作り出していると感じます。
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19189)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/
サイド部分に関しては、まるで彫刻をしたかのように陰影を作り出せるようデザインされているようです。張り出すところは張り出して、絞るところは影が敢えて出来るように絞り込んでいると感じます。
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19190)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/
テール部分は、マフラーエンドが大きくなっており、スポーティーさをより強調できるように作られていると感じます。テール部分で重厚感を生み出していると筆者は思いました。

サイズ
全長×全幅×全高(㎜)=4,680×2,160×1,670㎜となっています。日本の道路環境からすると幅は結構大きいなと感じるかもしれません。

エクステリアカラーは、13色から選べるようになっているとのことです。
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19191)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/

インテリアに関しては???

ドライバーを中心に丁寧にテーラーメイドで作成されているようです。それも熟練の職人たちが一つ一つ丁寧に仕上げている感じが致します。特にメーターパネル周りやシフト周りは、丹念に作りこまれている感じが致します。
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19192)

シートは、スポーツカーの要素をふんだんに盛り込んだ形状となっているようです。グレードによって(テクノ・レザー・ファブリック)の3つにそれぞれブラック/ブラウンやブラック/レッドなどのカラーリングも用意されているようです。
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19193)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19194)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/
運転席に座るとひと目でスポーツカーとわかるようなデザインと感じました。メーター周りが一体式であっても別々の形状に見えるところがスポーティーさの印象を強く打ち出しているといえるでしょう!!!

スポーティーさを打ち出していてもステアリング周辺にスイッチ機能を充分に持たせているところが最新さを伺える部分でもあります。
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19195)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/
シフト周りの作りは、非常に丹精こめて作られているようです。そして手に馴染むような作りになっているとのことです。
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/ (19196)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/

パワートレーン等は???

もともと走りに関しては非常に研究しているアルファロメオ!!!
足回り関連
①フロントは、ダブルウィッシュボーン。リアは、4輪ハーフ・マルチリンクシステム。
②アルファロメオQ4オールホイールドライブ、リア駆動からの最適な4輪への配分を可能。
③新しい統合ブレーキの採用。電子制御の安定性制御に伝統のサーボブレーキの組み合わせ。

エンジン関連
①4気筒280ps・2000ccガソリンターボエンジン
②4気筒210ps・2200ccディーゼルエンジン
③8速オートマ
https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/#2 (19506)

via https://www.netcarshow.com/alfa_romeo/2018-stelvio/#2

Alfa Romeo Stelvioの標準装備の多さ!

基本バージョンには!
①6.5インチのConnectシステム
②Alfa Rotaryセレクター
③8スピーカー搭載のプレミアムオーディオシステム
④新しいAdvanced EfficiencyモードのAlfa DNAセレクター
⑤3.5インチカラーTFT搭載の計器クラスターなど表示。
⑥17インチの合金ホイール
⑦ハロゲンヘッドライト
⑧LEDリアライト
⑨ボード(IBS)、車線逸脱警告(LDW)、自動衝突警告(FCW)、自律緊急ブレーキ(AEB)
⑩クルーズコントロール、前後のパーキングセンサー、電動式のテールゲート、夕暮れ降雨センサーも付属。

まとめ

現在、アメリカのアルファロメオでは、39ヶ月のリースで399ドル/月となっています。日本円に換算すると45,000円×39ヶ月=1,755,000円

日本にも導入される方向で進んでいるようです。日本では全幅が広い設定では有りますが、アルファロメオ初のSUVを感じてみたい方は沢山いらっしゃると思います!!!
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me