2018年9月4日 更新

トヨタ ヴェルファイアの魅力を御紹介します!

トヨタのヴェルファイアは、大きくて力強さを感じさせるデザインが特徴で、若い年齢層の方に人気がある車です。LLクラスのミニバンで、車名の由来が「物静かな」の意味の「Velvet」と「炎」を意味する「Fire」を組み合わせて「Velvet Fire」と呼ばれるようになったそうです。そして、先進技術の加わったヴェルファイアを御紹介していきますので、購入前の参考にしていただけると嬉しいです。

トヨタ ヴェルファイアの魅力を御紹介します!

ヴェルファイアの歴史

トヨタ・ヴェルファイア - Wikipedia (41487)

「アルファード」のフルモデルチェンジの兄弟分として登場したのが、ヴェルファイアです。

ヴェルファイアは、上品さよりも力強さや先進性を謳っていて、フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用するなど、アルファードより尖鋭なデザインに作られています。

また、ネッツが店が取り扱っている車種の「ヴォクシー」のクリアタイプコンビネーションレンズの搭載で、アルファードと差別化を図るなどしています。
トヨタ・ヴェルファイア - Wikipedia (41490)

しかし、室内はアルファードと同様に作られているので、上質感のある室内空間を演出していることになります。

また、ヴェルファイアは2008年販売され、香港・マカオ仕様はプライバシーガラスが禁止であるため、すべての窓において色のつかないガラスが採用されているそうです。

ヴェルファイアは、「2.4Z」と「3.5Z」の2グレード展開であります。「2.4Z/3.5Z」をベースに、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア、アルカンターラの専用シート表皮、イルミネーテッドエントリーシステムなどを装備した特別仕様車「2.4Z/3.5Z"PLATINUMセレクション"」を発売しています。

2015年に、2代目を発売。

トヨタ・ヴェルファイア - Wikipedia (41493)

ダイナミックで迫力のあるデザインに変わったと言えます。

エアログレード(「Z」系)はサイドスポイラーを備えた低重心スタイルであり、ロアグリルは大型メッキベゼルを配した台形形状とし、アンダースポイラーを突き出してアッパーグリルを支える構造とすることで、重厚感を強調した迫力を表現しています。
トヨタ・ヴェルファイア - Wikipedia (41495)

走行性能においては、リアの足周りにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、高張力の拡大や、構造用接着剤の導入などによるボディ剛性強化と相まって乗り心地と操舵安定性を向上しています。

また、風切音に有効な形状とすることで、乗り込んだ時から高速走行に至るまで静粛性を実現しています。新型にモデルチェンジをする車では、このように細かい設計も施されることが増えてくると考えています。

更に、LEDルーフカラーイルミネーションを全車標準装備をしています。

また、スマートキーで事前予約設定を行い、車両に近づけることでスライドドアが自動解錠して開くウェルカムパワースライドドアの搭載と、スマートドアが閉じはじめる時に受け付け、完全に閉じたタイミングで自動施錠する予約ロック機能を備えた世界初のスマートエントリー&プッシュスタートシステム(ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能付)を一部グレードに設定しています。

ヴェルファイアの魅力を御紹介します!

トヨタ ヴェルファイア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (41498)

主な2つのスタイル

トヨタ ヴェルファイア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (41500)

フロントビューを中心に進化を遂げたエクステリアです。ヘッドランプの大型化に加え、エアロボディはダンベル形状をテーマとしたデザインでよりダイナミックな迫力を演出しています。スタンダードボディはひとつの金属の塊のように見えるグリルで、クールかつモダンテイストを加えています。
トヨタ ヴェルファイア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (41502)

エアロボディが特徴のこのモデル(下記の画像です。)は、ワイド&ローなスタンスを表現しています。バンパーコーナーからボディ後方まで、大型サイドポンツーンでボディの下まわりにダイナミックさを与えていたす。
トヨタ ヴェルファイア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (41504)

二種の目で安全性の実現

トヨタ ヴェルファイア | 安全性能 | Toyota Safety Sense | トヨタ自動車WEBサイト (41506)

Toyota Safety Sense”により、車だけではなく、歩行者(昼夜)や自動車運転車(昼)の認識も可能となり、事故の回避や衝突の被害を軽減できるようになっています。このシステムのミリ波レーダーにより、検知できる距離が長く、速度域の高い状況にも対応するように作られているのです。

助手席スーパーロングスライドシート 

トヨタ ヴェルファイア | 室内 | スペース | トヨタ自動車WEBサイト (41509)

ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になっています。また、乗車する方の体格に合わせてシートポジションを最適な位置へスイッチ操作で簡単に調整可能で、運転席と助席の機能は異なっていることが特徴です。

燃費やコックピットの特徴

ガソリン車は10.8km/L
ハイブリッド車は18.4km/L

コックピット

ガソリン車用、ガソリン車用(エアロ専用)、ハイブリッド車用、そしてExecutive Lounge専用の4タイプの意匠を採用していて、それぞれがくっきりと見やすい視認性を備えています。

まとめ

ヴェルファイアは、若い方に人気のある車種ですが、年齢層の高い方でも十分に満足できる室内空間や走行性能であると感じています。

若い女性の方が乗っていても全然違和感を感じなく、むしろ格好良いと思われる見方の方が断然大きいと感じさせる華やかなデザインでもあると思います。

グレードによっては高価ですが、上質感を感じさせる外観と室内はそれほどの価値があると思います。
30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan