2018年10月6日 更新

お手軽だけど本格派SUV!3代目スズキエスクード

現在、世界的なSUVブームです。国内外の自動車メーカーからは硬軟取り混ぜて様々なSUVが販売されていますが、問題点はどれもこれも値段が高いことと、悪路走破性に疑問点が残ること。しかし、3代目スズキエスクードなら、そのどちらの問題点も解決できます。3代目スズキエスクードはどんなクルマだったのか、見ていきましょう。

お手軽だけど本格派SUV!3代目スズキエスクード

どんなクルマ?

後期型

後期型

3代目スズキエスクードは、2005年5月にデビューしました。

1988年にコンパクトSUVの先駆けとしてデビューして以来、お手軽ながらも本格的な4WDシステムを搭載しています。

FRベースレイアウトやローレンジはもちろん、ビルトインラダーフレーム構造やLSD付きセンターデフ方式4WD、4輪独立サスペンションを装備していました。

搭載されるエンジンはモデルチェンジにより様々に変わり、1.6L、2.0L、2.4L、2.7L、3.2Lと5種類ものエンジンがありましたが、2010年4月のマイナーチェンジ以降は2.4L4気筒エンジンのみのラインアップとなっています。

かつてのエスクードと同様、ヘリーハンセンやオニール、サロモンなど、アウトドアブランドとのコラボレーショングレードが多かったのも特徴です。

現行の4代目エスクードに代替わりするまで、実に12年近くも販売されていました。

3代目スズキエスクードのここがイイ!!

エスクード(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (46200)

乗用車感覚の乗り心地

スペックだけ見ると本格派SUVというか、昔の言葉を使ってライトクロカンと言いたくなる所ですが、乗り心地はいたって乗用車ライクです。

ソリッドアクスルなどのガチンコオフロード仕様の足回りではなく、4輪独立サスペンションのおかげかと思います。

ラフな加減速をして大きなピッチングが発生したとき、ああそう言えばSUVに乗っているんだった、と思い出すくらい自然な乗り味です。

タイヤとボディが離れているのでもともとロードノイズは少ないですが、マイナーチェンジでさらなる防音対策が施され、後期型はロングツーリングも楽々こなせます。

抜群の悪路走破性

最近のSUVはもはや4WDですらない車種もありますが、3代目エスクードは真逆です。

ローレンジ付きのロック機構付きフルタイム4WDシステムのおかげで、タイヤが浮いてしまうくらいの凹凸のある悪路でもタイヤを空転させず脱出できますし、ヒルディセントコントロールのおかげで滑りやすい下り坂も安全に下ることができます。

渓流釣りなどで山に入る人や、ウインタースポーツが好きな人にはうってつけのクルマです。

シンプルなデザイン

3代目エスクードは、前期型は特にクリーン&クリスプなエクステリアデザインでした。

あまりボディの凹凸があると、林道を走る時にボディの感覚が掴みにくいだけでなく、木などの障害物にひっかけてしまう可能性があります。

シンプルなエクステリアデザインは、おそらくこの辺りも考慮していたのでしょう。

インテリアもシンプルかつ機能的で、全てのボタンやダイヤルは最低限の数で、かつ大きめに作られています。

冬場に手袋をしたまま運転する際、この設計の有難みを感じることができます。

3代目スズキエスクードのここはそうでもない…

エスクード(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (46201)

内装のチープ感

シンプルなのはいいのですが、少し安っぽすぎるのが気になります。

ダッシュボードやインパネは、当時のスイフトそのまんまな印象を受けます。

しかし、新車価格が200万円台前半だったのを考えると仕方のない所かもしれません。

リアシートの居住性

クルージング性能は悪くないのですが、リアシートの居住性が悪いのが残念です。

シート自体もあまりコストがかけられていませんが、何より全席との間隔が狭く、圧迫感を覚えます。

荷室をもう少し犠牲にしてでも、リアシートの居住性を上げればよかったのに…と思いました。

リセールバリューの低さ

安いクルマだったので仕方のない事かもしれませんが、リセールバリューはとにかく低いです。外車かと思う位値落ちが激しいクルマです。

そのため、一度買ったら途中で手放そうとせず、徹底的に乗りつぶす方が良いかも知れません。

ただ、リセールバリューが低いおかげで安い中古車を探せるのですが…

まとめ

エスクード(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (46202)

3代目スズキエスクードは、初代の面影を残した2代目から大きくイメージを変え、野暮ったさを完全に捨て去った本格派SUVでした。

都会でも溶け込めるデザインですが、そのスタイリッシュなボディの下には本格的な4WDシステムが備わっており、どんなシチュエーションでも安心して走行できるクルマです。

12年も売られていたためか中古市場のタマ数は豊富で、かつお手頃価格の個体がたくさん見つかります。

100万円の予算があれば、MC前の前期型の走行3万キロ以下の個体が狙えます。2.0Lモデルでもそこまでのパワー不足は感じないので、特別なこだわりが無ければ2.0Lで十分でしょう。

2.7Lや3.2LのV6エンジン搭載車は一クラス上の動力性能を持ちますが、市街地では持て余し気味になる上燃費もよくありません。実燃費は6~7km/lで、レギュラーガソリン仕様とはいえお財布に響きます。

3代目スズキエスクードは、最近の軟弱なSUVに辟易しているベテランの方はもちろん、本格的なSUVでアウトドアを楽しみたいと思っている方にもオススメできます。

このクルマに乗って、たまには舗装されていない道を走ってみるのも面白いですよ!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲