2018年3月2日 更新

BMW X2の全貌が明らかに!新型X2のデザイン・パワートレーン・価格等、先取り解明していきます。

BMW Xモデルの中で小型クラスになるX2。小さくてもBMWの遺伝子が注入され、躍動的なデザインに先進的なシステム、スポーツ性能と効率性能を有した仕様となっているようです。BMW X2を解剖していきます!!!

BMW X2の全貌が明らかに!新型X2のデザイン・パワートレーン・価格等、先取り解明していきます。

筆者が以前記事にしたBMW X2

いつも筆者は、ドキドキします。自分の書いた予想記事が大きく外れていないか不安になります。もし以前の記事が、大きく的を外していたとしてもお許しください・・・

BMW X2(Mスポーツ含む)ってどんなクルマに???

BMWの新型X2のコンセプトは、新しいBMWのXモデルというだけではなく、X2らしいデザインとスポーティー性を両立させているとのことです。

「BMW X2は近代的でアウトサイド向けの車両ダイナミクスを表現しています」とDesign上級副社長のAdrian van Hooydonk氏は述べています。

BMWとしては、新しくエキサイティングなX2をコンパクトボディで表現していると筆者は感じました。このニューラインアップX2をこれから解剖していきます!

BMW新型X2のエクステリアデザイン!

BMW X2は、スタンドアロン性を強調しているとのことです。ということはXシリーズの中でも、X2としての独自性を持たせているということではないでしょうか!

BMW X1より短いボディに7センチ以上低いボディ高、そしてX1と同様のホイールベースを持つX2は、ショートオーバーハングクーペスタイルとなっているようです。

フロントビューでは、やはり特徴的なのはグリル!今回は末広がりなデザインになっております。そしてバンパー内のラジエターエア導入口も6角形の処理がされており、ワイドでエッジの効いたデザインとなっていると感じます。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22693)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/
サイドビューで特徴的なのは、フロントからリアにかけて綺麗なクーペスタイルになっているなと感じるところでないでしょうか?そしてCピラーにロゴを配置することで昔のモデル2000CSや3000CSLなどをも連想させる点でしょう!

そしてサイドの中では、今までフェンダーアーチからリアアーチまでのカラーリングは、グレーまたはブラック基調が多い中で、シルバーの選択がされているところに先進性を感じます。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22694)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/
リアビューは、やはりクーペスタイルであることが強調されています!
リアでは水平基調にデザインされワイド感を醸し出していると思います。
そしてリアコンビテールも水平基調のプレスラインに沿うように配置されていますね。

オプションでパノラマビュースタイルのルーフに変更できるようになっています。
前方の半分は、通常のサンルーフのように開閉できるとのことです。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22695)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/
スポーツ性を強調するLEDヘッドライトは、フォグランプと併せて、今後のBMW Xシリーズの特徴となるように設計されているようです。光沢のあるクロムで高級感を与え、6角形のLEDにすることでBMWをも表現しています。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22697)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/
サイドに伸び、切れ長のテールランプは、LEDとなっております。Xモデルとクーペ両方に精通しているデザインとなっているようです。

テールライトの下にあるX2の刻印がまぶしく光っております。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22698)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/
基本グレードには、17インチホイールが標準装備されています。これにオプションで、17インチ×2種、18インチ×3種、19インチ×1種が選択できるとのことです。

今回X2には、Mスポーツモデルも同時販売されるとのことです。こちらは、19インチが標準装備で20インチがオプションとなっているようです。写真は、Mスポーツ。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22699)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/

BMW新型X2のインテリアデザイン!

はっきりとドライバーに見やすいインパネは、BMWの特徴でもありますね!特にコックピットデザインは、ドライバーのための仕様となっている気がします。

センターコンソールのモニターは、6.5インチのフリースタンディングコントロールディスプレイが標準装備され、タッチスクリーンであります。オプションで8.8インチへの変更が可能となっております。

https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22700)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/
長時間の移動でもまったく疲れることのないように考えられたリアシート。イエローまたはブルーのステッチが施されたシートは、高級感ならびにスポーティーさを表現しているとのことです。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22701)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/

BMW新型X2のパワートレーン等は?

ガソリンとディーゼルのラインアップになっているようです。組み合わされるミッションは、マニュアルと7速または8速のオートマの設定があるようです。

グレード別には、
sDrive18i
sDrive20i
sDrive18d
xDrive18d
xDrive25d
となるとのことです。

安全装備
レーン逸脱警報
速度制限情報
ハイビームアシスタント
歩行者追突防止(市街地制動機能付き)
アクティブクルーズコントロール
交通渋滞アシスタント機能
等が装備されているとのことです。
https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/ (22702)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2019-x2/

まとめ

本国ドイツでは、既に販売が開始されているようです。スタート価格は、39,200€となっているようです。日本円にすると533万円ほどとなります。

日本に導入されるモデルとしては、550万円から650万円くらいとなってくると予想します!
新しいXシリーズとなるBMW 新型X2、皆様も検討されてみてはいかがでしょうか?
29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me