2017年3月1日 更新

ルノー・日産アライアンスとトランスデブ社、未来の公共交通と オンデマンド型交通に対応した無人運転車のフリートシステムの共同開発に合意

日産公式サイトで2/28にリリースされたニュースまとめ

ルノー・日産アライアンスとトランスデブ社、未来の公共交通と オンデマンド型交通に対応した無人運転車のフリートシステムの共同開発に合意
日産公式サイトに無人運転車開発についてのニュースが発表されました。

共同開発のパートナー、トランスデブ社とはどんな会社なのか、どんな構想なのかチェックしていきましょう!
istockphoto (3693)

ルノー・日産アライアンスとトランスデブ社、未来の公共交通と オンデマンド型交通に対応した無人運転車のフリートシステムの共同開発に合意

ルノー・日産アライアンスとヨーロッパ最大の公共交通機関を手がけるトランスデブ(Transdev)社は27日、無人運転車を活用した公共交通およびオンデマンド型交通*向けのモビリティサービスを共同開発することで合意しました。

*利用者の要望に応じて提供される交通システム

両社は、利用者が無人運転車の乗車予約をしたり、オペレーターによる自動運転車両の監視および運行管理を可能にする包括的な交通システムの開発を行います。

ルノー・日産アライアンスでコネクテッド・カーおよびモビリティサービスを担当するSVPのオギ レドジクは、「モビリティサービスが進化を続ける中、我々はお客さまのニーズに合った革新的なソリューションを提供する大きなチャンスを迎えています。これは、ゼロ・エミッション、ゼロ・フェイタリティ社会の実現を目指す当社のビジョンに沿った取り組みでもあります。今回の提携により、電気自動車、自動運転車およびコネクテッド技術におけるリーダーであるルノー・日産アライアンスの知見を、世界最大手のモビリティ運行会社の1社であるトランスデブ社と共有することが可能になります。我々は既存の公共交通システムをより良いものにすべく、先進的な無人モビリティシステムを共同で開発します」と述べました。

両社は、第一段階として、欧州で最も売れている電気自動車であるルノー「ZOE(ゾエ)」を使ったパリ・サクレー地区での実証実験や、トランスデブ社のオンデマンド配車や運行管理、経路選択のためのプラットフォームなどの検証を行います。
トランスデブ社のチーフ・パフォーマンス・オフィサーであるヤン ルリッシュ氏は、「未来のモビリティはパーソナルなものになるとともに、自動運転化、コネクト化、電動化していくでしょう。当社は、公共交通およびオンデマンドシェアサービスの世界的リーダーとして、クライアントに最高のソリューションを提案しています。ルノー・日産アライアンスとのパートナーシップは、当社の革新力を高めるとともに、互いの強みを融合することで、市場投入までの時間を短縮します」と述べました。

ルノー・日産アライアンスは、先進のコネクテッド・カー技術およびモビリティサービスの開発を加速すべく、様々なパートナーシップを結んでいます。お客さまの経験をより良いものとするための単一グローバルプラットフォーム開発を目的としたマイクロソフト社との提携や、モビリティサービスでの無人運転技術活用の検証を含んだ株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)との実証実験はその一例です。



トランスデブ社について

フランス預金供託金庫の70%出資子会社であり、ヴェオリア社が30%を出資している。トランスデブ社は公共交通機関のコンサルティング企業としてプロジェクトの準備段階から管理支援、公共交通ネットワークの日常運行まであらゆるサポートを行っている。19か国に83,000名の従業員を有する同グループは、43,000台の車両と路面電車22路線を運行管理している。2015年の総売上高は66億ユーロ。
トランスデブ社はヨーロッパの車メーカーなのかと思ったら公共交通機関のコンサルをしている会社なんですね。
いよいよ無人運転車が実用化に向けて動いているなと日産・ルノーアライアンスの本気度が伺えます
私は免許を持っていないので、個人的に無人運転についてはどんどん開発してくれー、何なら無免許者だけで走行可能な車を開発してくれーと思ってるのですが、やっぱり安全面が心配ですよね。

どういう条件で実用化されるかによりますが、最近よく見かける高齢ドライバーの事故対策にはなりそうかなって思ったり…。

続報が楽しみですね!
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya