2017年12月9日 更新

クライスラー 新型ジープ・コンパスが12月に発売開始!往年のジープコンセプトを継承しても止まらない進化を追ってみます

チェロキーをそのまま小さくしたかのようなコンパス!今回の新型は、キリッとした印象で登場しました。デザインから価格までご案内してみます

クライスラー 新型ジープ・コンパスが12月に発売開始!往年のジープコンセプトを継承しても止まらない進化を追ってみます

クライスラー ジープコンパスって???

ジープの王道であるグランドチェロキーをサイズダウンしながらも、そのDNAは継承して更にスポーティ&アグレッシブに仕上げた車こそがこのジープコンパスです!!!

クライスラー 新型ジープ・コンパスのエクステリアデザイン!

3/4世紀を超えた伝統的な7スロットルグリルは継承されているようです!このグリルを中心にジープとしての存在感を放ちながらコンパス独自のフロントマスクを構成していると筆者は感じます。
 (18910)

ブラックペイント化されたルーフは、スマートな流れのようなデザインを表現していると感じます。ルーフのブラック化やガラス化は、最近の傾向ともなっていると感じます。
 (18911)

グレードにより完全に違うホイールを採用することで個性を引き出していると考えます。画像のホイールは、Sportのものです。LongitudeとLimitedには全く別形状のホイールが与えられています。

参考URL
http://www.jeep-japan.com/compass/exterior/
 (18912)

クライスラー発表では!
①バイキセノンヘッドライト
エクステリアに印象的な輝きを添えるLEDシグニチャーランプを備えており、夜間など視界の悪いシーンでも十分に視認性を確保します。(グレード別)
②LEDテールランプ
独創的なデザインのテールランプに沿って輝くLEDテールランプ。被視認性を高めることで、安全性にも配慮しています。
③台形ホイールアーチ
1941年の誕生以来、すべてのJeepモデルにデザインされた台形ホイールアーチ。

①②に関しては、比較的欧州車等にも採用されている部分と筆者は考えます。③に関してはジープの伝統部分であると思いますので、非常に特徴を浮き出させる部分と考えます。

参考URL
http://www.jeep-japan.com/compass/exterior/
 (18913)

クライスラー 新型ジープ・コンパスのインテリアは???

ピアノブラック調に仕立て上げられたコックピットにクロームのラインが特徴的なインテリア。シックに作られている中にも上質間が出ていると筆者は感じます。
 (19291)

イエローステッチが施されたレザーステアリングが非常にスポーティさを感じさせます。ステアリングスイッチがドライバーの必要な情報を瞬時に表示できる位置に配置されているとのことです。
 (19290)

 (19294)

ルーフ部分は、ガラっと変わってホワイト基調の仕上がりになっているところが黒白の真逆のカラーリングとしてかえって斬新ではないかと感じます。

特に今回のジープコンパスで強調されているダイナミックルーフのパノラマサンルーフは、開放感にあふれているのではないでしょうか?
 (19292)

安全性への取り組みも特徴的!

今回ジープコンパスが目指したのは、360℃全方位で安全をサポートすること!
 (19298)

 (18914)

①Lane Sense™車線逸脱警報プラス
②前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
③ブラインドスポットモニター / リアクロスパスディテクション
④エレクトロニック・ロール・ミティゲーション
⑤ヒルスタートアシスト
⑥エレクトロニック・スタビリティ・コントロール
⑦Parkview™リアバックアップカメラ
⑧ParkSense®フロント/ リアパークアシス
⑨ParkSense®縦列 / 並列パークアシスト
これ以外にもかなりの量の安全やセキュリティのシステムが今回ジープコンパスには組み込まれております。

詳細は参考URLよりご確認ください
http://www.jeep-japan.com/compass/safety/
 
 (18915)

 (18916)

まとめ

今回のクライスラー ジープコンパス。
ラインアップは、Sport・Longitude・Limitedの3種類があります。価格は、¥3,230,000・¥3,510,000・¥4,190,000と成っております。全長×全幅×全高(mm)=4,400×1,810×1,640(mm)と3種類共通です。

エンジン排気量は直列4気筒2400cc、出力は175psです。燃料消費率JC08モードで11.9km/Lと成っています。そしてレギュラーガソリン仕様です。比較的日本の道路事情でも充分走行できるサイズになって登場しております。

筆者としては、グランドチェロキーの大きさではなくこのジープコンパスの大きさが日本にはあっていると感じます。今後のコンパスの売れ行きを見て行きたいと思います!
29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me