2017年5月24日 更新

今さら聞けない?!「ETCって何の略?」

普段車に乗られている方なら、高速道路を使うときに必ず目にするETCの文字。 「ETC」って何の略?って聞かれたら、答えられますか??(笑)

今さら聞けない?!「ETCって何の略?」

ETCとは?

gettyimages (8643)

かつて、有料道路の主な渋滞箇所は料金所でした。
その料金所部の渋滞は、もちろん支払いのための一時停車が原因です。
通行料金の授受をなくして、ノンストップで通過できるようになれば渋滞も解消されるだろうとの試みで、平成5年の研究着手から約10年を経て、ほぼ全国の有料道路で使用できるまでに成長をとげたのがご存知「ETC」です。
全国の高速道路の本線料金所では、ETC利用の増加に伴い、渋滞発生回数、渋滞箇所ともに大幅に減少しています。

このETCは、Electronic Toll Collection Systemの略で、有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるノンストップ自動料金収受システムのことです。

世界で初めてのETC導入国は?

gettyimages (8642)

ここからは豆知識ですが、世界で初めてETCのような交通システムが導入されたのは、なんとイタリア。

1989年に、イタリアのアウトストラーダでテレパス(TELEPASS)という無線式料金収受システムが導入され、後のETCの先駆けとなりました。

ちなみに日本では、1997年(平成9年)に小田原厚木道路小田原料金所で業務用車輛を対象に試験が開始され、2001年(平成13年)11月30日には、日本の高速道路において一般利用が開始されました。

ETCセットアップ件数は7900万件を突破!

gettyimages (8641)

2016年4月には1日のETC利用台数が約699万台を超え、高速道路全体の90.5%を超えています。

その後もETC利用台数は増え続けています。

また、日本でのETC車載器セットアップ累計件数は、平成29年5月16日(火)に7,900万件を突破しました。
こちらは、再セットアップも含めての件数となります。

普段あまり意識せずに使っているETCですが、その歴史や略称の意味を改めて知ると、またゲートを潜るときの気分も変わるかもしれませんね^^


以前にもご紹介しましたが、高速道路のICを通り過ぎてしまっても、料金がかからずに戻る方法もありますので、併せて覚えておくと便利ですよ↓
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部