2019年1月21日 更新

ポルシェ718ケイマンにGT4クラブスポーツが登場、レース仕様を検証

ポルシェは、レース・サーキット用に開発したモデルを公開しました。このモデル名が、718ケイマンGT4クラブスポーツです。このモデルのエクステリア・内装には、天然素材が新採用されています。このモデルを紹介していきます。

ポルシェ718ケイマンにGT4クラブスポーツが登場、レース仕様を検証

ポルシェ718ケイマンGT4クラブスポーツのエクステリア等

718ケイマンGT4クラブスポーツは、純粋なサーキットやレースモデルとして開発されています。エクステリアで特徴的な部分は、ボディパーツ等に天然繊維複合材料を採用している点です。これは、ポルシェでも初めての試みとなっています。

運転席と助手席のドアおよびリアウイングは、主に亜麻や麻の繊維のような農業副産物から成型された有機繊維混合物で作られており、重量と剛性の点でカーボンと同様の特性があります。

フロント部分では、やはりレーストラック用と思われるほど、車高はギリギリまで落とされていますね。フロントバンパーでは、エアインテーク部分を大きく開口させて、より新鮮な空気を流せるデザインです。

https://www.netcarshow.com/ (53665)

via https://www.netcarshow.com/
リアでは、ダウンフォースを効率的に稼ぐ専用のGTウィングが鎮座していますね。リアミッドシップレイアウトの718ケイマンでは、フロント加重及びリア加重のバランスが、走行に大きく影響してきます。この問題を、フロントとリアの両方のエアロで解決しているでしょう。

全長4,456mm×全幅1,778mm×全高1,238mmのサイズに1,320kgの重量です。ホイールサイズは、フロント18インチ、リア19インチとなっています。ホイール内には、レース用に装備された380mmスチールブレーキディスクが、顔を覗かせています。
https://www.netcarshow.com/ (53666)

via https://www.netcarshow.com/
今回のエクステリアカラーは、提案用にカラーリングされています。納品ベースは、基本ホワイトコートで、ご自身で好きなカラーに仕上げられる仕様です。提案モデルでは、ブラックとイエローをモチーフに、レーストラックな雰囲気にした配色になっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (53667)

via https://www.netcarshow.com/

ポルシェ718ケイマンGT4クラブスポーツの内装

https://www.netcarshow.com/ (53668)

via https://www.netcarshow.com/
内装のハイライトは、レーストラック用のステアリングホイールが装着されています。ピットスピードリミッターとクイックリリースカップリングを備えた多機能CFRPモータースポーツステアリングホイールです。左右についているボタンは、レースに必要な情報を表示してくれる存在です。

ドライバーのバケットシートは、レカロ製のレース仕様が搭載されています。FIAAに準拠したエクステリアと内装に仕上げています。

https://www.netcarshow.com/ (53669)

via https://www.netcarshow.com/

ポルシェ718ケイマンGT4クラブスポーツのパワートレイン等

3800ccの水平対向6気筒エンジンを搭載しています。最高出力は、430psを発生し、ミッションは、6速PDKギアボックス仕様です。

1320kgのボディをこのパワーで走らせることになりますので、まさにサーキットカーであると言えますね。この軽量化には、バッテリーをリチウムイオンにしたり、ボディ素材を天然素材にすることでなし得ています。

多くのパーツが、レースの世界で活躍できるように準拠され、装備されています。ピットワークを迅速に行えるための統合エアジャッキシステムもその1つであります。

ポルシェ718ケイマンってどんなクルマ?

ポルシェ718は、古くは1957年に同社が開発したレースモデルのことです。このレーススピリットを伝承する形で、ポルシェ718ケイマンとして、2016年に登場しています。

初代ケイマンは、2005年に登場しました。ミッドシップにマウントされた水平対向エンジンの排気量は、2,687ccから3,436ccまでのラインアップで、最高出力は、245psから320psまで搭載されています。

2013年に2代目が販売開始になりました。特徴的なのは、ケイマン・278ps、ケイマンS・329psが、当初日本に導入され、後に3400cc・340ps仕様のケイマンGTS、さらには、3800cc・385ps仕様のケイマンGT4も日本発売されています。ラインアップを順次追加した世代です。

ポルシェ718ケイマンが、2016年に現行型として登場しました。大きな変更点は、大排気量自然吸気エンジンからダウンサイジングターボエンジンになった点です。今までケイマンとしていたモデル名を718ケイマンと改めています。

718ケイマンは、2000cc水平対向エンジン搭載で300psを発生し最高速度は275km/h、718ケイマンSでは、2500cc水平対向エンジンに最高出力350psという仕様です。Sモデルは、最高速度は、285km/hとなっています。

このポルシェ718ケイマンに、さらにパワーアップされた、レース用GT4クラブスポーツが登場するということですね。
 (53670)

まとめ

ポルシェ718ケイマンGT4クラブスポーツは、レーストラック用に開発・販売される設定になっています。価格は、£130,300となっています。日本円で約二千万円となります。

今後、公道市販ベースのポルシェ718ケイマンGT4という形で、レーストラックからフィードバックして、販売されるようにもなるのではないでしょうか?レースの世界から、市販の世界に早くフィードバックされないか楽しみです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me