2017年6月3日 更新

ホンダN-WGN(Nワゴン)に特別仕様車登場!装備充実でお買い得感がある!

ホンダの軽自動車「N-WGN(エヌ ワゴン)」に特別仕様車が登場です。 発売は2017年6月2日から!

ホンダN-WGN(Nワゴン)に特別仕様車登場!装備充実でお買い得感がある!

装備充実でお買い得感がある!

ライフの実質的な後継モデルであるN-WGN(Nワゴン)は、軽自動車の新しいスタンダードとして、広い室内空間や使い勝手の良さなどで販売も好調に推移しています。

2013年11月20日にデビューしたホンダの「N-WGN(エヌ ワゴン)」は、2011年12月に発売されたN BOXから始まるホンダの軽自動車「N」シリーズのひとつです。
2013年11月20日にデビューしていますので、2017年8月末にフルモデルチェンジが予定されているN-BOXより後にモデルチェンジが予想されますが、そんな「N-WGN」のG 特別仕様車「SS(Suzuka Special)パッケージ」に、装備を充実させた特別仕様車「SS コンフォートパッケージ」が新たに追加されました。
 (9424)

N-WGN G 特別仕様車「SS コンフォートパッケージ」の主な特別装備

「SS コンフォートパッケージ」には以下のような装備が含まれます。

・あんしんパッケージ
・インパネガーニッシュ(レイヤードクリアパネル:ホワイト)
・運転席&助手席シートヒーター
・ドアオーナメントパネル(レイヤードクリアパネル:ホワイト)
・クロームメッキ・エアコンアウトレットリング
・LEDフロントルームランプ/LEDリアルームランプ
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス
・14インチアルミホイール(ブレードシルバー塗装)

となっており、主に内外装の質感向上がメインとなっています。
あんしんパッケージには、シティブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)が含まれており、ホンダセンシングとまではいきませんが、ホンダの軽自動車のベーシックな安全装備が標準装備となります。

デュアルカメラブレーキサポートを搭載する新型ワゴンRや、スマートアシストⅢなどを搭載するダイハツタントなどと比べると、ホンダの軽自動車は安全面で遅れを取ってしまっています。
それでも販売は好調なのですから、すごいですね。

しかしホンダも手をこまねいているだけではなく、8月末発売の新型N-BOXでは、ホンダセンシングを軽自動車で初搭載する予定です。

G特別仕様車「SSコンフォートパッケージ」価格は131.1万円から

特別仕様車の価格は以下の通りとなっています。
詳しくはホンダのHPや店頭にてご確認ください。
 (9427)

11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部