2017年10月12日 更新

メルセデス・ベンツ コンセプトEQ Aが東京モーターショーで出展確定したようです。

2017年フランクフルトモーターショーで披露されたメルセデス・ベンツ コンセプトEQ Aが、東京モーターショーでもお披露目されるようです。メルセデスベンツの電気自動車を探求してみたいと思います!!!

メルセデス・ベンツ コンセプトEQ Aが東京モーターショーで出展確定したようです。

メルセデスベンツEQ Aってどんな車?

EQのコンセプト動画から!

パリのモーターショーでメルセデスベンツは、次世代に向けて電気自動車の新しいラインアップを紹介しました。その名もEQブランド!このEQは、メルセデスベンツが「製品・サービス・技術・イノベーション」を包括的にまとめて未来の電気自動車として開発している車両だとベンツ側も自負しており、筆者もそう感じます。
このEQコンセプトが、東京モーターショーでもお披露目されることとなりました!

先ずはメルセデスベンツEQ Aのエクステリアデザインから!

https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/ (16061)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/
コンセプトカーとしての発表となっておりますが、意外と現実味のあるエクステリアデザインではないかと筆者は感じます。将来にこんな車があったら面白いとか、凄く現在の公道を走るのには無理があるのではないかというデザインではなく、すでに街中を走っていたとしてもおかしくないのではないかと思うほど、しっかり作り込まれたデザインではないかと筆者は思いました。

メルセデスベンツの設計責任者は「コンセプトが情熱的で且つクールなデザイン」そして現代的で独自性を打ち出すこととお話しているようですので、比較的近い未来の車として開発してきていることも伺えます。
殆ど継ぎ目の見えないデザインが直線的でまた流れるようなデザインで素敵だなぁと筆者は素直に思いました。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/ (16062)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/ (16063)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/
夜と昼とでは、全く見え方の違うEQ Aを作り出しております。夜になると車の要所要所に輝くLEDを配置して安全性に配慮し、メルセデスベンツのマークもバックライドで浮き出るようになっているようです。

逆に昼間は、シルバー塗装に黒のボンネットがクッキリ映し出されております。そこに夜とは全く違う赤の縦ラインを配置することで違う顔を覗かせているところがメルセデスベンツの技術の集合と感じます。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/ (16064)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2017-eqa_concept/

メルセデスベンツ公式ホームページ動画も出来上がっています!

メルセデスベンツEQ Aのインテリア(内装)は?

 (16065)

外装の雰囲気とは違いコンセプトカー満載というような未来的なデザインとなっていると筆者は感じます。メルセデスベンツ側では、デザインや操作性と未来的な部分の融合というようなことを言っていますが、シートに関してはかなり未来的な発想ではないかと筆者は思います。
但し、未来的とはいっても不可能ではないかという感じではなく、チョットモディファイしたらすぐに市販ベースになるような気が致します。コックピットの中でも操作性に関しては、基本的には従来のステアリング操作は行っていくが、それを取り巻く環境はタッチベースとなっていて未来性と現時点でのドライバビリティーの両方を兼ねていると筆者は感じます。全く新しいものだけの構成では、ドライバビリティが向上しないで低下するというメルセデスベンツのドライブに関する強い志向が伺えます。
 (16068)

インフラの整備もメルセデスでは万全を期していくようです!

メルセデスベンツでは、自宅用の急速充電ステーションとしてのウォールボックスの開発が完了し設置できる準備に移行しているようです。それと同時に公共充電スタンドでの便利な再充電のための無料アプリ「充電&ペイ」の設置の準備にかかっているようです。 太陽光発電システムまたは太陽光発電システムによって生成される電力用の固定エネルギー貯蔵ユニットの設定もすすんできており これらの製品およびサービスはすべてがインフラ整備として完了していかないと電気自動車の発展が遅れていく事を察知しているようです。筆者もこの電気自動車に関しては、インフラの整備が日本でも重要と感じております。メルセデスベンツが日本で電気自動車を販売するならば日本でのインフラ整備もかなり重要ではないかと感じます。
 (16067)

22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me